ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


河上彦斎


ヨミ: カワカミゲンサイ
掲示板をミル!
19カキコ!

河上彦斎とは幕末武士であり、幕末大人りの一人といわれる。通称「人斎」

名前の読みは「ひこさい」ではなく「げんさい」


概要


[画像を見る][画像を見る]
[画像を見る][画像を見る]
[画像を見る][画像を見る]

保五年(1834年)、肥後にて生まれる。11歳の頃、河上の養子となり、 校時習館にて学問に打ち込む。

16歳の頃、花畑の掃除坊主として勤めを始める傍ら剣術を磨く。この時期に轟武兵衛宮部鼎蔵ら後に肥後勤王党の中核となる人々と出会う。


人物


身長150センチ程度で色白、一見女性のような容姿であったとされる。

武を前述のに、文を宮部に、学を学者の林桜園にそれぞれ師事している。そのため、四大人りと言われる他の人物と異なり、剣術のみでなく学識も深かったという。

性質はで、ある種の冷酷さを合わせ持っていた。勝海舟が河上と会った際の印を次のようにっている。

「河上と言うのは、それは酷いさ。怖くて怖くてならなかったよ。例えば、こう話ていてさ、本(対話者)というものは野心があるなどという話がでると、ハハアそうですかなどとうそぶいてとぼけて居るが、その日、すぐと切ってしまう。そしてあくる日は、例のごとくちゃんとすまして来て、少しも変わらない。喜怒色に現れずだよ。あまり多く殺すから、ある日、ワシはそう言った。『あなたのように、多く殺しては、実に可哀想ではありませんか』と言うと、『ハハア、あなたは御存知ですか』と言うから、『それは分かって居ます』と言うと、落ち着き払ってね。『それはあなたいけません。あなたのに作った茄子胡瓜はどうなさいます。善い加減の時にちぎって、沢庵にでもおつけなさるでしょう。アイツラはそれと同じことです。どうせあれこれと言うて聞かせては、駄目ですくちぎってしまうのが一番です。アイツラは幾ら殺したからといって、何でもありません』と言うのよ」
(勝海舟語録』)

[1]剣術を習得した河上は、自らの流を「玄斎流」と称したという。

片足を前方に出して膝を曲げ、もう片方の足は膝が地面に着くくらい後方に伸ばし、片手でを抜いて一りつける、片手抜の逆りを得意としていたとされる。

現代の剣術によると、他の流に見られない構えで実戦向きの剣術であるとされる。実際場試合においては非常に弱く、負けてばかりだったと言われるが、この剣術を用いて後に名うての暗殺者として恐れられる事になる。


攘夷派志士としての活動


嘉永6年(1853年)、米国艦隊が来航。危機感を募らせた河上は、学者の林桜園の門を叩きの尊王攘夷論に刺され、攘夷志士としてのを歩み始める。

文久元年(1861年)、肥後に清河八郎が攘夷論遊説に訪れると意気投合するが、仲間内から清河が信用されなかったため説得を試みるも不調に終わる。しかし、その後薩摩島津久光が兵を率いて上すると熊本内でも尊攘工作活動が活発化し、文久2年(1862年)、ようやくとして京都での政治活動に踏み切る事になる。この時期河上も上坊主の職を解かれて蓄を許される。

この時期に暗殺に携わったとされているが、今日伝わっているのは後述する佐久間山の暗殺一件のみで、後はを何人殺したのかなど不明な点が多い。

文久3年(1863年)、8月18日の政変によって尊攘京都から締め出されると、脱して長州に身を寄せる。

元治元年(1864年)6月長州池田屋事件の知らせを受けた河上は急遽上し、報復とばかりに合体の周旋をしていた開論者佐久間山を仲間らと共に堂々暗殺する。この時河上は「髪の毛が逆立つような恐怖感に襲われた」と言い、これ以後暗殺を止めたと言われる。

7月京都で禁門の変が勃発。河上は長州軍に参加するも敗退。長州に撤退すると第1次長州征伐が起こり、長州政が佐幕に取って代わられる。

12月高杉晋作が功山寺にて挙兵するとこれに参戦。次いで慶応2年(1866年)の第2次長州征伐にも参戦する。

第2次長州征伐が長州勝利に終わると、木戸準一郎(桂小五郎)らの反対を押し切って熊本に帰郷。佐幕論が優勢なの説得を行うが逆に脱罪によって投されてしまう。

慶応3年(1867年)から慶応4年(1868年)にかけて、大政奉還・王政復古戊辰戦争勃発と大政変が起こると熊本は投していた河上ら尊攘を相次いで出させ、に協するよう要請する。馬鹿馬鹿しく思った河上ははじめ拒否するが、再度の要請に答え、他との外交役となる。


明治以後


政府の開方針を知った河上は激怒し、木戸政府要人と会って非難するがのつぶてであった。

その後、から兵隊長に任命され後進の育成に努めるが、政府要人暗殺や奇兵隊反乱の首謀者と見られた大楽太郎を匿った事が露見し、再び投される。

明治4年(1871年)、東京へ移送されると、攘夷の意志を絶対に曲げようとしない河上の影を恐れた明治政府により、二卿事件関与や広沢臣暗殺の嫌疑という濡れ衣を着せられ死罪となる。享年38歳。


脚注



関連動画



■sm5147937[ニコ動]


関連項目



関連リンク



最終更新日: 11/10/27 16:16
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ