ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


河内厚典


ヨミ: カワチアツノリ

河内厚典とは、株式会社バンダイナムコゲームス(旧バンプレスト)のCS開発課第二プロデュースチームチーフプロデューサーバンプレスト時代)である。

金色のガッシュベル」「クレヨンしんちゃん」やガストとの合作であるPS2及びPS3RPGアルトネリコシリーズ」のプロデューサーとして知られている。

通称:河内P (アルトネリコファン感謝祭PHASE3では「かわちゃん」と紹介された。)


概要


上記の記述からも伺える様に、に版権物のゲームプロデューサーを勤める人物で、「Ar tonelico~ 世界の終わりで詩い続ける少女」の公式HP等で初めて出てきた頃は、同社広報のたけはら嬢(通称:広報T)と共に「ああ、このままミシャといる時間が止まってもいいかもなぁ…」みたいなフレンドリーなことも言いつつも、終始ゲーム紹介インタヴュー中も行うな人物とだけ見られていたが、後にアルトネリコ2のネットラジオ(現在配信終了)において、「とかく暴走しやすい土屋暁ディレクターの制止役」であったことが本人によって暴露され、その頃からアルトネリコファンに注されていた。

そしてそんな河内Pの魅が弾けたのが、「アルトネリコファン感謝祭PHASE1~3」である。
PHASE1は、録画禁止等の禁則事項もあってそこで何がられたかは不明だが、後にニコニコ動画上でPHASE2の公式録画が開され、その中で、とかくって暴走しやすい連中であることが発覚したアルトネリコ製作スタッフを、メイン自重させて回った孤軍奮闘ぶりが明らかとなり、ファンの同情を集めた。
さらにニコニコ生放送内で2010/04/3に放映されたPHASE3に置いては、つっちーこと土屋Dが似非ミュージシャン衣装で生BGM演奏を、たけちゃんこと広報Tが作務衣でお習字を披露する中、古典漫画家衣装で登場し、社内でも有名とされる描きのイラストを即で数多描き上げファンサービスに努め、支持を集めた。
ただ、数多書き上げたイラストの中に「パージZ」などと言う物もある辺り、「流石に開発スタッフ達にされてきたか?」と見る向きもある。

なんだかんだ言いつつも、「サモンナイトシリーズとの差別化の為のコスモスフィアによる生身のヒロイン描写」等のアルトネリコシリーズの魅の中核を生み出す針を定め、行き過ぎを警しつつも各クリエイターの魅を削がないように見極めを行ってきた人物であり、今後の活躍にも期待が寄せられている。

 


関連動画



■sm10339954[ニコ動]

■sm10237585[ニコ動]


関連商品


河内厚典に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。


関連コミュニティ


河内厚典に関するニコニコミュニティ紹介してください。


関連項目



最終更新日: 10/04/11 12:42
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ