ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


河城にとり


ヨミ: カワシロニトリ
掲示板をミル!
1241カキコ!

東方Project東方Projectの登場キャラクター>河城にとり

河城にとり

河城にとりとは、東方Projectに登場するキャラクターである。


概要


種族:河童
を操る程度の能力
二つ名妖怪弾頭(風神録)・棲の技師(DS)・思考の河童茨歌仙)・河の便利屋さん(心綺楼)・太古!三畳紀の河童深秘録
テーマ曲:芥川龍之介の河童 ~ Candid Friend

出演:
 東方風神録 Stage3ボス
 東方地霊殿 魔理沙サポートキャラ
 ダブルスポイラー Lv4被写体
 東方心綺楼 プレイアブルキャラ
 弾幕アマノジャク 6日ボス
 東方深秘録 プレイアブルキャラ

東方Project第10弾『東方風神録』にて初登場した妖怪の山に住む河童Stage3のボス

河童玄武の沢に多く生息しており、一つの社会を形成している。河童は手先が器用で具の作成に長けているが、人間には理解不能レベルの物が多いためにその技術は一部の妖怪にしか解放されていない。
物理的な具の作成は得意なのだが、呪術的な品やマジックアイテム製作若干苦手。

コテコテエンジニアで人工物を見るとすぐにばらして元通りにしていた。

彼女リュックのポケットにはありとあらゆる種類の工具、材料、燃料、の物質が詰まっている。
 
人見知りだが、人間に対しては友好的。これ以上危険なところへ行かせまいと霊夢魔理沙の前に立ちふさがる。…あれ、天狗河童ストーカーしかし彼女達が勝ち、のある者だとわかると「元気な人間よ。河童人間は古来からの盟友だから教えてやる」と前置きした上で、山の上に八坂神奈子達が居ついたので河童天狗の収まりが悪いと話し出す。魔理沙から調べて自分達に解決してほしいのか?と突っ込まれると、「話しすぎたね。後はお好きにどうぞ」と煙に巻いて退散した。霊夢の時には、人間は頼りないから天狗様に相談した方がよかったかな、という煽りも入れている。神奈子達と会わせてみようと思ったとの事。

和解した後は、妖怪の山に入るには理由が必要で、主人公らが的を持たず入ろうとしたので自分がその理由を与えたのだと話している。神奈子達ををなす存在ではなく、むしろ利益をもたらす存在だと判断したとの事。

河童であるためきゅうりが大好物。また同じく河童である以上頭の上には皿があると思われるが、常に帽子をかぶっているため詳細は不明。ちなみに着ている光学迷彩スーツである。

なお、立ち絵左手に持っているのはの穂。右手に持っているのは河童「のびーるアーム」に関連して野蒜(のびる)だと思われる。胸元の鍵が何であるのかは不明だが、その鍵をクロス状に付けていることから「π/」ならぬ「πX」と呼ばれ、しばしばskmdy話題になったりする。胸元の鍵は背中リュックの紐をまとめている物であることが『東方心綺楼』において確認された。すごく…食い込んでいそうです。

続く『東方地霊殿』では霧雨魔理沙サポートキャラとして再登場を果たした。
ぎったんぎたんにしてやる!
ひゅい!?

幻想郷での河童という妖怪は技術に対する関心が非常に高く、にとりも例外ではない。八坂神奈子が「山の産業革命」を計画した際には喜んで参加した。しかし、やはり河童世界でも研究のために先立つものはお金なのか、予算集め的に定期的にバザーや縁日などで出店を開いて(テキ屋が悪質な仕様らしく、催者の聖白蓮にかなりのクレームが来ている。お面屋も妖精三月精の三人)をこき使って開いている(このお面屋に秦こころがよく面を買いに来ていたらしい。しかもお面屋の売り上げのどが何も知らない彼女に売りつけていたもの)。
東方茨歌仙』でも魔理沙や他の河童達と組んでりをしようとしていた。お金に対する執着は『東方心綺楼』以前からも確認でき、文々。新聞第九十五季 卯月の三の記事ではを集めるために山中網をり巡らしており、野鳥を飛ぶ者がよく引っかかるので見つけ次第撤去するのだが河童達はまたり直すというイタチごっこをしていた。被害を出している河童達の言い分は「々にはを取る権利がある。被害が出るならだけを取れるよう良する」と強気の物だった。その後を飛ぶものに影のある網は禁止され、それに対応した網も開発できたが、は売れなかったようだ。他にも東方三月精~Oriental Sacred Place 第12話「紅白信仰合戦」[外部]博麗神社[外部]大晦日祭りであのテキ屋を出店していたのが確認できる(ちなみにその隣は因幡てゐカラー店)。この屋台仲間内かどこからか借りてきたレンタル機材らしい。

現在確認されている具は写真機、電話機(原理は不明。たまに霊魂のを拾う)、計算機、掃除機子器(小玉を綺麗に取り出せる具)、他にアドバルーンなどがある。彼女達の器具は防仕様が標準である。

公式漫画である『東方茨歌仙』でも、信仰を増やそうと考える神奈子諏訪子らの依頼で河童仲間と共に山にダムを造っていた。もっとも、河童という妖怪は「技術は高いが集団行動に向かない」種族であるらしく、前述のダム造成では神奈子の意図に反して勝手な行動を多く取り、諏訪子からは「あんなに協調性がない連中とは思わなかった」と愚痴られていた。また、この件について早苗からは「好きな事なら天才的なを発揮できる、一種の“ギーク”かもしれない」と評されている。
ダムを作ると言って山を崩すなど謀で快な自分流アレンジを行う・しばらくすると設計図とは違うものばかり作り出す・喧したり遊びだすなど長期かつ大規模な工事は不向きで、河童を厳格な管理や設計図や規格、安全基準が必要な計画の際に技術のビジネスパートナーとするのは非常に危険である。なお労働組合もあるらしい。

ちなみにこの『茨歌仙』ではにとりモブとしてよく登場しており、また第12話「地獄のお迎え」では台詞つきで登場している。他にも彼女河童仲間(通称:モブ河童)が複数登場しており、彼女たちの格好もにとりのそれによく似ている事から、にとり装は一種の制服のようなものではないかと思われる。

河童特有の特徴かはわからないが、にとりはかなり変わった性格をしており、口調・態度がよく変わる。『地霊殿』において「渡さん!渡さんぞー!」「馬鹿だなぁ。魔法使いなのに勉強不足だよ」「心をにして戦えばいいんじゃん?」「おい魔理沙。何をしている?さっさと追い返しな」「お前たちは利用されたに過ぎん」等の発言など、普段飄々としている魔理沙ですらちょっと引くような一面を見せたりもする。光学迷彩スーツなどのオーバーテクノロジーを生む技術者ほど変わり者が多いのかもしれない。

東方求聞口授』においては稗田阿求より「人間友好度:中 危険度:」を頂戴している。
阿求の辛口毒舌記述は毎度の事ではあるが、「心の底では人間や他の妖怪を下に見ている」「暴で残な部分がある」「アジトに近づくと溺れさせられる」「近づくとに引きずり込まれて尻子玉を抜かれる尻子玉を抜かれた人間死ぬので、つまりは殺される)」等々、人間が盟友ってどこ行ったと言わんばかりの記述塗れ。
しかし、やっぱりきゅうりを渡せば開放して貰える事もあると書かれており、そこはやはり河童と思われる。また、「臆病な性質で一人で逃げられない時は高慢な態度になるが、理をしているのが見え見えである」とも。
実はこの盟友という言葉自体、河童の勝手で一方的な思い込みによるもの。神奈子達が来るまではあまり人前に姿を見せなかったようだ。どうも遠くから人間を観察していた為に、人間と仲が良いつもりでいたらしい。
但し、これはあくまでも阿求の独断と偏見の可性もあるということは留意してもらいたい。

ダブルスポイラー』では射命丸文スペルカード河童尻子玉』」において「あの鼻が曲がりそうな小玉燥させればそんなに臭くないですね。それでもこれだけの小玉、どれだけの人が抜かれ犠牲になったのでしょう。興味が尽きない」とコメントしている。尻子玉は「子器」という綺麗に取り出す具の存在や、バザーでもる程に研磨された尻子玉が出品されていることなどと言った形で確認されている。加えて『心綺楼』では、抜け殻になった群衆を見て「尻子玉取り放題ね」などと(半ば冗談かもしれないが)コメントしていたりする。

ただ水竜には怯えていたものの、本当に自分でも勝てる相手には強気に出るのか秦こころに凄んだり、お面屋をやらせていた光の三妖精達にはノルマを達成できないとお前たちの取り分はないぞとどやしつけた。霊夢にも勝つと「弱いじゃん。なんで偉そうにしてんのさ」と言う。

いつもを汚す土蜘蛛黒谷ヤマメの事が大嫌いで、魔理沙とのミッション中にも拘らず「やい土蜘蛛!これからお前をぎったんぎったんにしてやる!」と自分は安全圏の通信越しから挑発した。彼女の相手をするのは通信先の魔理沙である。逆にかつての上星熊勇儀が現れると萎縮し、魔理沙に相手をさせ「どうかそのままもう地上に帰ってこないでくださいって言ってよ」などと言う始末である。
そもそもにとりが地底に着いていこうと考えたのは核融合炉の話を聞いたからなのだが、単独で向かわなかったのはが怖かったのが理由。話を持ちかけた魔理沙には、問い詰められるまで核融合炉的であることを話さなかった。

特徴や名前、設定などに芥川龍之介小説河童』が由来とされるものが散見される。名前、光学迷彩、技術職など。皿や甲羅があると言われていたが、1400年前の河童天狗を知る豊聡耳神子[外部]の話によると、当時と幻想郷河童天狗は生態や姿が随分と違うものらしい。

山童(やまわろ)という河から離れて山で暮らす河童もおり、こちらは迷彩迷彩帽・アーミーブーツ衣装を変えている。動物とは仲が良いらしい。

実は河城みとりという生き別れの異がいる。


だが、奴は心綺楼で弾けた…


上述の通り、『東方心綺楼』でプレイアブルキャラに選ばれた。題材が宗教戦争ということで早苗など守矢神社の面々が出場すると思われたが、結局のところ『風神録』からは一の参戦キャラとなった。ストーリー解説によれば「河童の一部には宗教を嫌うものたちがいる」という記述があり、魔理沙と同様の無宗教として選ばれたと思われる。以前、元々妖怪の山たちのものだったががいなくなった事で信仰が失われ世の中がつまらなくなった、と話していたのだが、神奈子達が来てからは毎日宴会を開いてまた楽しくなったと話している。何でも彼女にとって信仰と宴会での親交は同じものらしい。

…しかし、問題はストーリーモードにおけるその言動である。可らしい外見に相反する、『地霊殿』に輪をかけたような口と態度の悪さにプレイヤー達は次々と衝撃を受けることになるのだった。
く、

その他、ZUN節溢れるネーミングの各種技、バールのようなもの勝利時のドヤ顔ダブルピース、一部の技やキャラカラー明らかにみとりだったりと(色々な意味で)ネタ提供したのだった…。


■sm20968931[ニコ動]


スペルカード


にとりスペルカードに自身の「を操る程度の能力」と、テーマ曲の元ネタでもある芥川龍之介の「河童」をモチーフにしたモノである。

東方風神録


次へ»
最終更新日: 15/08/22 18:27
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ