ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します



ヨミ: チュウ

とは、以下のことを表す。ニコニコ大百科仕様上、㊟がこの単語記事に対応する。


漢字として


Unicode
U+6CE8
JIS X 0213
1-35-77
部首
氵部説文解字や康煕字典では
画数
8画偏は3画としてカウント
読み(常用)
チュウ
訓読み(常用)
そそぐ
Unicode
U+329F
意味
注ぐ、(澍と通じて)流れこむ、集中する、連接する爾雅・釈〕に「旄を首に注(つ)くるを旌とふ」とある。、抛り投げる、差し、記す、注釈する註と通じる。なお註の字は明代以降に用いられるようになった字。、という意味がある。
咮と通じてくちばしという意味がある。
説文解字・巻十一〕に「ぐなり」とある。〔広韻〕に「注なり、又た注記なり」とある。
字形
符は符がでチュウと読む漢字、駐などがある台の炎の台の炎であることから、ぐのではなく、油をぐという意であろう
音訓
読みはチュ、チュウ、シュ、シュウ音)、チュ、チュウ、シュ(音)、訓読みは、そそぐ、つぐ、つける。
規格・区分
常用漢字で、小学校3年で習う教育漢字である。JIS X 0213第一準。1946年に当用漢字に採用され、1981年常用漢字になった。
注意・注射・注進・注・注

互換文字



他漢字からの書き換え



最終更新日: 18/08/30 23:58
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社