ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


津田恒実


ヨミ: ツダツネミ
掲示板をミル!
30カキコ!

津田恒実とは、広島東洋カープに所属していた元プロ野球選手である。現役最終年の背番号は14。


概要


入団時の名前は津田であった。

1981年ドラフト1位で入団。

ルーキーイヤーから2桁勝利マークし新人王にくものの、翌年以降はルーズショルダーに悩まされ不調。
プロ入り4年に名前を恒美から恒実に名し(ついでに背番号も15から14になる)、翌年には抑え投手として復活、カムバック賞を獲得する。

1986年9月24日の対巨人戦で津田と対戦した原辰徳ストレートファウルした際に左手の有鉤折し、残りシーズン全て欠場した。原は「あの時の津田との勝負に悔いはない」と、当時から現在に至るまで繰り返しっている。 

7年1988年リリーフ失敗を繰り返し、2007年永川ポジションに置かれてしまう。
しかし、1989年には最優秀救援投手き、見事に復活を遂げ炎のストッパーと呼ばれた。このとき野球板があれば土下座スレが乱立していたことであろう。

1990年シーズン終了後から頭痛をはじめとする体の変調が現れ始め、翌年もそれが続く。
4月15日に悪性の脳腫瘍があることが判明。この年限りで引退する事となる。
この前日の読売ジャイアンツ戦での登板生涯最後の登板になるなどとが予測し得ただろうか(ちなみに、最後の打者は原辰徳)。

なお、球団側は引退の理由について、本当の病名を伏せて発表していた。

津田の病を知ったチームメイトは奮起し、見事カープリーグ優勝に導いた。
この年の投手部門をカープの選手が総なめにしていることからも津田に対する想いを伺う事が出来る。

そして1993年7月20日に永眠。このとき32歳であった。
そして、この日はオールスターゲーム第一戦が開催されていて、津田が亡くなった時は試合中だった。
津田の死は試合途中に速報で伝えられた。 

広島市民球場には彼の功績をたたえるためのプレート(通称・津田プレート)が設置されている。
プレートは新広島市民球場にも移設され、石原慶幸倉義和永川勝浩の3人が取り付けを行った。

座右の銘は「弱気は最大の敵」。

2012年1月13日、元広島北別府学らと共に野球殿堂入り


関連動画



■sm6170409[ニコ動]

■sm4693132[ニコ動]
■sm6313627[ニコ動]
■sm1732342[ニコ動]


関連商品


■az4877287434
■az4877286071


関連項目



最終更新日: 14/04/12 04:00
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ