ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


浅尾拓也


ヨミ: アサオタクヤ
掲示板をミル!
113カキコ!

浅尾拓也と(あさお たくや1984年10月22日-)は、愛知県出身の元プロ野球選手投手)であり、イケメンである。2019年からは中日ドラゴンズコーチを務める。

概要

中日ドラゴンズ #81
二軍投手コーチ
浅尾拓也
基本情報
日本
出身地 愛知県知多
生年 1984年10月22日
身長
体重
182cm
75kg
選手情報
投球・打撃 右投右打
守備位置 投手
プロ入り 2006年大学生・社会人ドラフト3巡
引退 2018年
経歴
選手歴 コーチ
プロ野球選手テンプレート

中学校から捕手として軟式野球を始める。

常滑高等学校投手に転校した。

日本福祉大学ではチームの1部昇格に貢献した。

2006年大学社会人ドラフト3位で中日ドラゴンズへ入団する。

中日時代

2007年4月10日阪神タイガース戦で初出場、4月24日広島東洋カープ戦で初勝利をあげる。しかし、後半は肩を痛め、出場はほとんどなかった。


2008年北京オリンピックの最中は、岩瀬仁紀に変わりに抑えを任され、8月7日東京ヤクルトスワローズ戦で初セーブをあげる。その後セットアッパーとして起用される。


2009年、初の開幕一軍となり、開幕投手を務め、見事勝利を挙げる。その後先発としては安定感を欠き、セットアッパーとして起用されるようになる。そして、7月セリーグ記録である11HPを達成しMVPを受賞。


2010年、起用方法は変わらず、セットアッパーとして活躍する。


2011年、まさかの開幕試合サヨナラ敗戦投手になるが、その日の試合後、佐伯貴弘に対戦時の感想を言われたこと、からの電話が転機となり、好成績を残す。また起用方法はセットアッパーメインだが、抑えでの起用も多くなった。球団新記録の79試合に登板し、前年に引き続きリーグ優勝に大きく貢献した。


2012年、前半戦不振に陥り、前年の憑り的な活躍にべて数字を大きく落とし、わずか29試合の登板となる。


2013年は右肩の不調で前半戦をほぼ棒に振るが7月12日巨人戦から復帰し、3者退に抑える。
その後も安定した投球を続け、9月25日広島戦までに2勝3敗1セーブ22ホールド、防御率1.47という成績で復活をアピール


2014年は開幕メンバーには入れず6月からの登板となり、6月中は失点投球が続いていたが、7月2日DeNA戦で4失点を喫すると、ここから6試合連続で失点を重ねて防御率が大幅に上昇。8月3日ヤクルト戦を最後に登板機会を失い、22試合で1勝1敗8ホールド、防御率6.16とプロ入り後ワーストの成績となった。


2015年は開幕一軍メンバーに残り、較的安定した投球でホールドを積み重ねていたが、6月1日に右肩りのために出場選手登録を抹消される。その後8月15日に再登録され、9月26日DeNA戦まで一軍で投げ抜いた。
シーズン成績は36試合で1勝1敗3セーブ16ホールド、防御率3.19と前年にべ数字が善されたが、かつて最速158km/hを計測した球速がこの年は150km/hにも届かない等全盛期べれば陰りが見える。


2016年は終始右肩痛に悩まされ、プロ入り以来初めて一軍で投げることが出来ず、二軍でも28試合の登板防御率4.26と調子が上がらなかった。


2017年10月1日に史上3人の通算200ホールドを達成した。


2018年8月に一軍に昇格し9試合に登板9月16日巨人戦で3失点を喫し、登録を抹消された。この時「自分はこれぐらいなのか」と感じていたことを後述する会見で述べた。9月26日ナゴヤドームで会見を開き、現役引退を表明した。9月29日阪神戦が引退試合となった。

引退後

2018年10月29日中日二軍投手コーチを務めることが発表された。

プレースタイル・人物

岩瀬仁紀へつなぐセットアッパーとして起用されたが、たまにセーブを上げたりする。

最速158km/hの速球とスライダー、高速フォーク、パームボールを持ち味としている。
これらの投げるボール凄みに加えて、アマチュア時代に鍛えた捕手の経験からかバント阻止やゴロ捕球等のフィールディングも定評があり、高速のクイックモーションでも150キロに迫る速球や変化球コントロールする技術の高さも評論家ファンを唸らせる。

爽やか中学生のようにも見える童顔イケメンな事から、「きゅん / キュン」「浅尾きゅん / 浅尾キュン」と呼ばれる事が多い。ただし、本人は「きゅん」とよばれることは好きではないらしい。チームメイトからはに「タク」と呼ばれる。
※きゅん=ネット上で見られる、「○○くん」と呼ぶときの腐女子的な敬?称。

成績

年度別投手成績

年度 球団 登板 先発 完封 勝利 敗戦 セーブ ホール 勝率 投球回 四球 奪三振 失点 自責点 防御率
2007年 中日 19 5 0 0 4 1 0 1 .800 51.0 20 40 21 20 3.53
2008年 44 0 0 0 3 1 1 12 .750 50.1 9 35 11 10 1.79
2009年 67 7 0 0 7 9 6 33 .438 113.1 24 96 47 44 3.49
2010年 72 0 0 0 12 3 1 47 .800 80.1 10 75 16 15 1.68
2011年 79 0 0 0 7 2 10 45 .778 87.1 15 100 5 4 0.41
2012年 29 0 0 0 1 0 1 15 1.000 30.0 9 29 6 5 1.50
2013年 34 0 0 0 2 3 1 22 .400 30.2 14 19 6 5 1.47
2014年 22 0 0 0 1 1 0 8 .500 19 12 20 13 13 6.16
2015年 36 0 0 0 1 1 3 16 .500 31 17 34 11 11 3.19
2017年 4 0 0 0 0 0 0 1 .--- 3.0 2 5 4 4 12.00
2018年 10 0 0 0 0 0 0 0 .--- 9.1 8 7 5 5 2.42
NPB:10年 358 12 0 0 38 21 23 200 .644 505.1 140 460 145 136 2.42

タイトル・表彰

タイトル
最優秀中継ぎ投手 2回 2010年2011年
MVP 1回 2009年7月
MVP 1回 2011年
ゴールデンラブ 1回 2011年投手部門)

関連動画


■sm8657668[ニコ動]

■sm882303[ニコ動]
■sm15931890[ニコ動]

関連項目


最終更新日: 19/07/08 23:19
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ