ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


浜中俊


ヨミ: ハマナカスグル
掲示板をミル!
3カキコ!

浜中俊とは、JRA(日本中央競馬会)に所属する騎手である。


概要


1988年福岡県北九州市の出身。競馬とは関わりのない庭の出身だったが自宅が小倉競馬場の近くにあり、幼い頃から競馬オタクだった。小学生競馬四季報とか普通は読まない。

2004年競馬学校入学同期には藤岡康太や丸田恭介がいる。2007年東の坂口正大厩舎から騎手デビュー。ほとんど子を取らなかった坂口師にとって、ほぼただ一人の子となった。

デビュー年から同期では2位となる20勝を挙げ頭を現すと、翌年にはデグラーティアで小倉2歳Sを制し重賞初制覇。さらに翌2009年にはスリーロールスで菊花賞勝利しGⅠ初制覇とトントン拍子に出世する。

2012年には一気に131勝を挙げ、史上3位となる24歳の若さで全リーディンジョッキーの座を獲得。年間GⅠ勝利なしでのリーディング獲得も史上3人となった。あんまり褒められた話ではないけど。

社台RHや「ミッキー」の冠名でお染みの野田みづき氏の所有馬に騎乗することが多い。

2014年まで3年連続で年間100勝を達成、2015年98勝に終わるもGⅠ3勝と若きトップジョッキーの座をほしいままにしていたが、2016年は相次いだ落事故や自身のラフプレーによる騎乗停止も重なって63勝どまり。ちょっと勢いに影が見え始めている。大丈夫か?

2017年函館2歳ステークス以降重賞で勝てない期間に入り、2019年4月13日のアーリントンカップ久々にイベリスで重賞制覇、その後京都新聞杯で2着になったロジャーバローズで挑んだ令和最初の日本ダービーは12番人気と低評価であったがそれを跳ねのけて制した。
ゴール間は「(勝ったかどうか)わからなかった、頭が真っ白な状態」などとインタビューで答えている。
フジ系の関西TVの番組「競馬BEAT 」で、師匠坂口正大元調教師はご意見番として出ているが、子の制覇には大きく喜んだ間の映像ツイッター公式アカウント開され、のちに言葉にならないと涙ぐんでいた。
 カンテレ公式ツイッター ゴールの瞬間の歓喜[外部]


人物


騎手の中でもトップクラスイケメンTVに取り上げられることも多い。

時折ゴールのかなり前からガッツポーズしてしまうことがある。2011年小倉2歳Sを勝ったときはひと際くからガッツポーズしてしまい、あとで師匠坂口正大にメールで怒られたらしい。その後ミッキークイーンオークスを勝ったときはガッツポーズをしなかったので坂口師に褒められたが、先輩池添謙一が怒鳴ったので自分が邪魔したのかと思いそちらを気にしていたらガッツポーズしそびれただけのようである(ちなみに池添を邪魔したのは戸崎圭太だったとのこと)。

大の好きでラーメン好き。は生のまま飲めるほど好きだといい、を飼いたいとこぼしたことも。ラーメンの方は調子がいいと袋めんを一気に2つけることもある。それでいいのかジョッキー。麺の固さにもこだわりがあるようである。


主な騎乗馬(GⅠ馬のみ)



関連動画


レース動画は各検索してね。

13:27~ 池添を破壊する

■sm15796529[ニコ動]


関連商品


浜中俊に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。


関連コミュニティ


■co374


関連項目



最終更新日: 19/05/26 22:16
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ