ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


浦部(アカギ)


ヨミ: ウラベ
掲示板をミル!
6カキコ!

ぬるいで……! 兄さん…!
手がきてる時はガメらんかい…!

浦部(うらべ)とは、福本伸行漫画アカギ ~闇に降り立った天才~』の登場人物。アニメ版のCV風間夫、Vシネマ版での演者は古田新太


概要


原作4巻~6巻、アニメ10~13話に登場。極端な出っ関西弁が特徴の、藤沢組の代打ち。

アカギニセアカギ対決を見たいと望んだ川田組の組長アカギを組に招いた際、ニセアカギとレート50万、半荘4回戦の勝負をしていた。ニセアカギからはアカギ戦の前座扱いされていたが、その打ち回しを見たアカギ浦部の方がニセアカギより数段格上と即座に見抜く

実際、浦部3回戦まではわざと負けていた。4回戦からは曖昧な言い回しで川田組の組長を言いくるめてレートを倍々で釣り上げる作戦を仕掛け、土俵際でのノーテンリーチでの揺さぶりなど、その腕麻雀で徐々にニセアカギを追いつめていく。ついにレートが50万から3200万昭和39年3200万円は、現在貨幣価値にして3億2000万円以上)になるに至ってニセアカギはその重圧に耐えきれなくなり、川田組の組長ニセアカギのひ弱な麻雀に見切りをつけ、アカギに救援を依頼することになる。

アカギはいきなり素人の治に浦部の相手をさせ、浦部の打ち回しの芯を見極めると、その後は常識外れの打ち回しで浦部を翻弄。全く理解不能麻雀をするアカギ混乱しながらも、浦部はこれまでに培った経験と理で逃げ切ろうとするが、最後はその理を全にアカギに見抜かれ、アカギ魔法を掛けた単騎待ちに吸い込まれるように振り込んでしまい敗北した。

自らが釣り上げたレートの3200万をそっくり藤沢組の負けにしてしまった浦部は、雇い藤沢組から苛な制裁を受け、両手を潰された上に自らの負け分を全て組への借として背負わされてしまった。アカギが説明した戦略を聞いた浦部アカギへ「傷が癒え負債を返し終わったら、いつか必ずお前を倒す」と叫ぶが、アカギから両手そのものを賭けての即再戦を提案されると、それを受ける度胸はなく、ただ「ううっ…」と呻くばかりであった。

戦いの後、アカギからは「あの男には死ぬまで純な怒りなんて持てない… ゆえに本当の勝負も生涯できない は死ぬまで保留する…」とその本質を評され、出番は終了した。

作中ではニセアカギこそ圧倒したものの、アカギとの対決では全にアカギの手のひらで踊らされるばかりであったため、ニセアカギヘタレぶりの引き立て役(もしくは鷲巣麻雀の前座)という印が強く、鷲巣戦以前のアカギの対戦相手の中では(アニメ版では存在自体カットされてしまった仲井ほどではないが)ネタが豊富な矢木さんアカギを正攻法で追いつめた市川べると、やや影が薄い

とはいえニセアカギの勝負師としてのひ弱さを見抜いて押し潰したそのは確かなもの。アカギ戦も(そもそも大きな点差があり、残り局数が少ない状況だったとはいえ)アカギがわざわざ治を使ってまで底的に浦部の芯を解析して異常な打ち回しで追いつめなければ逆転できなかった相手とも言える。雇いである藤沢組の組長がこの異常なレート釣り上げ戦術を認め、全面的な信頼を寄せていたところからしても、浦部もこの世界では相当な実者であったことは間違いない。ニセアカギを潰せば良かったのに本物のアカギが出てきてしまったのが浦部の運の尽きであったと言えよう。

Vシネマ版では第2作『アカギ』に登場。ニセアカギ原作とは異なる末路を辿ったのに対し、浦部アカギとの対戦内容から最後のやりとりまでおおよそ原作通りである。


関連動画



■sm5760799[ニコ動]

■sm8491432[ニコ動]


関連商品


■az4884757238
■az4884757998
■az4812450055
■azB000CST6XW


関連項目



最終更新日: 20/08/15 08:02
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ