ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


海洋堂最大の誤算


ヨミ: カイヨウドウサイダイノゴサン
掲示板をミル!
66カキコ!

海洋堂最大の誤算とは、「特撮リボルテック SERIES No.010 WOODY (ウッディ)」(以下ウッディ)を世に出したことである。
具体的には、その応用範囲の広すぎる表情がとなった。


概要


まず始めに、特撮リボルテックシリーズとして製造されたウッディは、海洋堂の技術をいかんなく発揮した素晴らしい製品である。
原作設定が人形であることから、劇中に倣って玉もボールジョイントで視線が動かすことができ、顔パーツ笑顔、悪巧み)を付け替えることで表情豊かな映画ウッディ再現できるはずだった

ところが、このウッディが思わぬ方向・方面にものすごいスピードで浸透してしまう。
それは、フィギュアと絡めたエロ、それも入れる側である。

昨今のオタク市場向けフィギュアは急速に拡し、技術面から非常にそっち方面再現度が上がっている。
それに拍をかけたのが、何を隠そう“可動フィギュア”である。
武装神姫figmaリボルテックなどの可動フィギュアはその可動範囲が大きく(例えば武装神姫の謳い文句は「体育座り」)、それは人間の生命の営み再現できてしまうほどだった。
また、女性キャラフィギュアには叫び顔やテレ顔が付属していることも少なくなく、また、ウッディと同じく海洋堂が出しているクイーンズブレイドシリーズに至ってはやられちゃってる顔やMモードが付属しているなど、裸から合体状態までを再現するのに困らない状態だったと言える。

こういった環境に、ウッディに付属していた悪巧み顔が思わぬ形で作用してしまった。
エッチな事をフィギュア再現したい大きなお友達は、悪巧み顔と視線の組み合わせが卑な表情に使える事を思いついたのである。実際、視線によっていやらしい顔からイッちゃった顔まで表現できるウッディは、ありとあらゆるエロシーンに対応できてしまった。

女性キャラの可動フィギュアにとりあえずエロい体勢取らせてみたけど、やっぱり行為を再現したい」という人達にとって、このエロシーンすべてに使えるウッディは、正にうってつけのフィギュアだったと言える。
余談ではあるが、相方として森の妖精レイトン教授が出てくることもある。

以上のように、状況を鑑みればある意味で仕方ないと言える結果ではあるのだが、とりあえずどうしてこうなった


関連動画



■nm12055361[ニコ動]

■sm14943434[ニコ動]
■sm15722079[ニコ動]
■nm12794981[ニコ動]


関連静画


■im1653084(静画)


関連立体



関連商品


■azB003O85582
■azB013DRS5F8
■azB003479MIW


関連項目



最終更新日: 16/08/25 00:38
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ