ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


淀川長治


ヨミ: ヨドガワナガハル
掲示板をミル!
60カキコ!

淀川長治とは、日本を代表する偉大な映画解説者・評論家である。


概要


映画明期から数々の映画を見続けてきた、日本における映画評論家の先駆者の一人。
メガネに太い眉毛シンボルマークで、それを上下に動かしながら熱心にる「日曜洋画劇場」(テレビ朝日)の解説者としても知られた。

芸者置屋だった生父親映画館だった関係で幼少時代から映画を見続けており、映画雑誌の編集者映画配給会社に就職し宣伝マンとして活躍した後独立
その後、海外ドラマララミー牧場」をNETテレビ(現在テレビ朝日)で放送する際に、どうしても放送時間の尺が余ってしまう関係で時間調整のための解説コーナーが設けられ、その解説者としてテレビに出演し始める。
それが好評だったため、常設映画番組の先駆けである「日曜洋画劇場」の解説者にも抜され、最後の決め台詞であるサヨナラサヨナラサヨナラ!」が彼の代名詞として定着することとなった。

また、酔っ払ったまま解説を行ったことがあったり、本編の解説より女優おっぱいについて熱くったりと、解説自体も様々なエピソードに満ちていた。また、必ずと言っていいほど俳優過去作品や監督ルーツなどについて詳しくってくれたため、解説を聴くだけでワクワクする、映画に詳しくなるといったファンは多い。

その一方で映画評論の論壇では筆舌が高く厳しい評論をする事が多かったという。『こうすれば売れるだろう』と論んだ表現にはとりわけ厳しく、特にそれを見抜くを持っていたとされる。

同業者の水野晴郎とともに、同性愛者であったことは有名(水野はあくまでも噂の域である)。アーノルド・シュワルツェネッガーなど筋肉々のマッチョマンがタイプであったようである。
この性的向や芸者置屋という生で受けたトラウマから生涯独身を貫き通し、晩年は高級ホテルスイートルームを定宿として生活していた。

1998年に逝去。この年は親友である黒澤明がこの世を去っており、彼の告別式でに眠る親友に「もすぐにいくからね」と、自身の死期を悟っていたかのような別れの言葉をかけていた。そしてその約二ヶ後に親友を追うかのようにこの世を去った。
亡くなる前日まで「日曜洋画劇場」の解説の収録を行い、翌日に亡くなると思えないほどの熱っぽい解説を行ったまさに「伝説映画解説者」であった。ちなみに、最期の解説作品は『ラストマン・スタンディン』という親友黒澤明の代表作「用心棒」のリメイク映画である(名は体を表すと言うが、この映画・・・)。ちなみに黒柳徹子はこの最後の解説を見学という形で収録を見ていたという。また、も収録に妥協を許さずスタッフの体調を気遣って1テイクでOKにしようとしたが、それが気に入らず2テイクで渾身の最後の解説を全うしたエピソードがある。

同番組45周年のオープニングでは一だが登場し「見事ですね」とのお言葉を発していた。

未だ映画解説者の代名詞的な扱いを受けており、クレヨンしんちゃんやらいよんチャンなどが彼のコスプレで登場することがあった。しかし前者は子供元ネタがわからない、後者は他局・・・


と、没後は当然ブラウン管から姿を消してしまったさんだが、2014年末よりHuluCMで最新のデジタル技術を用いて天国より召喚された。「お久しぶりです」の一言は、彼の解説と共に育った多くの映画ファンディスプレイを感動の涙で滲ませた。


関連動画



■sm6466262[ニコ動]

■sm2242345[ニコ動]
■sm1962275[ニコ動]


関連商品


■azB000JSIB40
■az4087802949


関連項目



最終更新日: 14/12/30 20:02
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ