ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


深雪(艦これ)


ヨミ: ミユキサマ
掲示板をミル!
248カキコ!
■im4038498(静画)

深雪様一番乗りぃ~!敵はどいつだぁ?」

深雪みゆき)とは、ブラウザゲーム艦隊これくしょん~艦これ~」に登場する、大日本帝国海軍特I型(吹雪型)駆逐艦4番艦「深雪」をモデルにした艦娘である。

担当声優上坂すみれキャラクターデザインしばふ。図鑑番号はNo.014。


史実だよ。よろしくな!


深雪様に関しては、艦これでの扱いをる前に史実かららざるを得ない。何しろ深雪様は2014年3月現在艦これ日本艦で第二次世界大戦に参加していない海外艦を含むと、2014年3月14日アップデートで追加されたドイツ艦の「Z1」「Z3」「ビスマルク」はいずれも真珠湾攻撃以前に戦没しているため、深雪様と同じく太平洋戦争には参加していない。やったね深雪様!仲間が増えたよ!艦娘なのである。なぜ戦争に参加できなかったのか。それは……。

深雪様は大正12年度計画鑑の1隻「第三十八号駆逐艦」として、1927年4月30日浦賀船渠で起工。「深雪」と命名され、1929年6月29日工。の「吹雪」「白雪」「初雪」とともに第11駆逐隊を編成、第2艦隊第2戦隊に編入された。1931年10月10日、缶用1号噴燃器の換装などの工事に入り、翌年7月に工事了。12月に第2戦隊に復帰する。

そして、1934年6月29日(奇しくも工日である)。深雪様は済州南方演習中、視界不良の中で僚艦」に衝突されてしまう(「悪の中で展開した煙幕を避けようとした深雪に向かって突如煙幕の中からが突っ込んできた」と『第二次大戦駆逐艦綜覧』に記述有)。この衝突で深雪様は船体が断裂し、ボイラールームへの浸が止まらなかったために船体後部は数時間後に沈没(応急処置の不手際が浸を止められなかった原因という説もある)。
残った船体前部は「那珂」により航され佐世保をしたが、途中で航を断念、放棄されてしまった。

この衝突事故で死者・行方不明者5人を出した深雪様は、太平洋戦争どころか日中戦争すら始まる前に駆逐艦としての生涯を終えてしまった。同年8月15日、除籍。

広島県呉市墓地には、深雪様の沈没事故による死者の慰霊碑がある。


概要スペシャル!いっけぇ~!


というわけで、太平洋戦争に参加していないにも関わらず吹雪型の4女として艦これに登場を果たした深雪様。手に入りやすいコモン駆逐艦のため、ゲーム開始直後からお世話になる人も多いだろう。なお性的には特に「運」のステータスが低いということもなく、普通駆逐艦の性である。

必殺技深雪スペシャル

夜戦に限らず常時使用可。威勢のいい掛けとともに武装を発射する。相手は死ぬ(もしくはカスダメ)。

そんな深雪様だが、何しろ史実が史実なので、本人のキャラクター性よりも、にぶつかって沈没」という史実ネタばかりが注されることになってしまう。初期選択の秘書艦にした提督が最初のドロップや建造で深雪様を引き「あっ」と不安に思う程度ならまだしも公式4コマ第2話のオチからしてこのネタであるからして、二次創作においてはもはや言わずもがなと共に描かれることも多く、特Ⅰと特で遠く離れているが仲の良い姉妹であったり衝突していたりと色々である。深雪個人としては、図鑑で「ぶつかって沈んだ」という史実の自分を少なくとも自覚はしており(図鑑説明において「」の名前は出さず、「他の駆逐艦」と言っている)、しかしのことは苦手意識もく避けているという台詞原作ゲームにはい。にすると港放置時「ああ、そうね…おの辺りがなんかキリキリするけど…。ああ、、別に心配いらないから!へーきへーき!!元気元気!!」と言う。深雪様は気遣い出来るし過去を引きずらない良い子なのだ。

■im4101800(静画)
■im5525167(静画)

そんなわけで、美味しいのか不憫なのかよくわからない扱いの深雪様であるが、ゲーム内では戦争に参加できなかった艦ということもあってか、補給すると「いっけるいけるぅ~!く戦いたいぜ!」、出撃すると深雪様一番乗りぃ~!敵はどいつだぁ?」港に戻れば「次も頑っていこうぜ!」と常にやる気満々である(ただしなぜか戦績確認時だけはダルそう。事務仕事は嫌い?)。せっかくなので艦これ世界でぐらいは本来の駆逐艦として暴れさせてあげたいものである。

特に公式が行う期間限定イベント作戦等では近年「その作戦の元になった史実の作戦の参加艦がルート固定等のキーとなる」ことが多いが、深雪様はその経歴上、海外艦等を除けば「絶対にルート固定に選ばれないであろう艦」という肩書も提督間であるとかないとか。よって「作戦序盤に出撃させたら差し押さえ札で使えなくなってしまい、後半のルート固定艦としてその子を使用出来ない」といった事が起こりえないだろうと序盤から安心して実戦投入出来る艦として重宝されている(これらはあくまで攻略する上での憶測でしかないが)。

その経歴上、非常に特異なキャラとしても一部では良く創作で挙げられる存在でもある。戦争を経験せず沈んだ存在の為、昨今アレ過ぎて話題になったアニメ版等における「史実に引きずられる形で同じ状況になり沈む」という悲劇の運命・可性を最も打破出来る存在ではないかとも言われたりする。武勲どころか戦歴が何もない彼女であるが、何物にも染まっていないが故に過去に囚われず、未来の可性に溢れているのかもしれない。


四コマ『吹雪、がんばります!』での活躍


No.014 吹雪型四番艦 駆逐艦 深雪

元気ハツラツ!いつもやる気マンマンだが回りも。
演習中は周りに注意!

吹雪、がんばります!』第1巻 艦娘紹介!より引用 

余談ではあるが公式四コマ吹雪、がんばります!』では前述のとおり第2話で大破したものの、第3話で復帰している。
しかし、彼女いわく「と衝突する前の記憶がいのと、いつの間にか装が上昇している・・・」と。つぶやいていた。
衝突ネタに関しては第9話においても描写されている
初めての水上訓練の際(先輩に当たる妙高古鷹のお陰で衝突は免れたが)伊勢に「あの辺の組み合わせはヒヤヒヤするねぇ・・・」と言われている。

新年回に当たる第24話は外で乾布摩擦をしている様子が見られた。


そっか、関連動画だね!それは大切!見てみよう!どれどれ~



■sm22505330[ニコ動]

■sm26488087[ニコ動]
■sm25662355[ニコ動]
■sm23979416[ニコ動]
■sm26829819[ニコ動]


やったぜぇ!なぁ、深雪様の関連静画見てくれた?


■im4146213(静画)
■im5008910(静画)
■im4512540(静画)
■im3925518(静画)
■im4487855(静画)
■im4894173(静画)
■im4845995(静画)
■im6604338(静画)


っん…二次創作上の問題は、やらせねーよ


深雪の衝突からの沈没(この場合正しくは沈とは言わない)ネタは史実に基づいた二次創作ネタではあるが、昨今深雪意味に沈めようとするぷらずまネタや、「大戦前に沈んだから改二なんかあるわけないだろ」、電もいない深雪のみの絵で「この後ぷらずまに沈められた」等という最キャラいじりネタを越えた心い者による深雪への暴言やいじめが一部で横行している。これらは深雪の持ちネタではあるが、それをダシに彼女いじめていいわけでは論ない。あまりやり過ぎると彼女ファンも良い気分ではないし、いじめぷらずま元ネタの心優しい電のファンにも迷惑である。良識のある艦これファンは節度を守ってほしい。


関連商品!ありがたいぜぇ!ごっそうさん!


■azB00LAS5X9O


あぁ~めんどくさい、なんか関連項目だよ~


吹雪型姉妹 / 吹雪型駆逐艦
1.吹雪 - 2.白雪 - 3.初雪 - 4.深雪 - 5.叢雲 - 6.東雲 - 7. - 8. - 9.磯波 - 10.浦波

最終更新日: 18/10/07 16:26
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ