ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


清原深養父


ヨミ: キヨハラノフカヤブ

清原深養父(きよはらの ふかやぶ、生没年不詳)とは、平安時代前期の歌人である。


概要


百人一首36番の作者で、中古三十六歌仙の一人。清原元輔の祖で、清少納言の曾祖

清原氏は天皇の皇子で「日本書紀」を編纂した舎人親王の末裔で、深養は身分こそあまり高くなかったが、宇多天皇醍醐天皇の時代に歌人として活躍し、歌合にも多数出席した。藤原紀貫之とも親しかった。前九年の役後三年の役に関わった出羽の清原氏は、深養の子孫を称しているが、こちらは疑わしい。

百人一首に収録された、彼の詠んだ「は まだ宵ながら 明けぬるを のいづこに やどるらむ」は、を歌ったしい歌である(を題材にした歌は、百人一首ではわずか四首しかなく、を詠んだ歌の大半はである)。深養に宴を楽しんでいたら、あっという間にになってしまった時に詠んだ作品であり、下の句の表現もなかなかユニークである。曾孫の清少納言も、「子」の中で「」が良いと評している。清原は、情を感じる系だったのかもしれない。


関連項目



最終更新日: 12/08/20 20:00
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ