ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


清水谷竜華


ヨミ: シミズダニリュウカ
掲示板をミル!
166カキコ!

清水谷竜華とは、「咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A」の登場人物である。CV石原夏織


概要


大阪麻雀名門校、千里山女子高校の3年生で麻雀部の部長。団体戦では大将を務める。
容姿は黒髪ロングヘアでとした美少女で、咲-Saki-世界の中でも抜群のスタイルの良さ(背は程よく高く、胸は大きいが巨乳過ぎはしない)である。さらに太ももは、某ふとももソムリエいわく最高のむちむち具合とのこと。

麻雀の実は非常に高く、正確な手順と精度の高い読みで「関西随一の均獲得素点」を誇る。
(※獲得素点とは、純に和了により得た点数のことで、終局時のウマ・順位点を含まない点数のこと)
そんな彼女ですら団体戦エースではないあたり、名門千里山の層の厚さが伺える。

部長としてしっかりしているようで天然なところもあり、全大会で東京に向かう途中、休憩地点の浜名湖サービスエリアで偶然出会って一緒にうなぎドッグを食べた知賀チームを気に入り、のちに1回戦の出場メンバーだと知った時は応援すると言い出し、勝てば2回戦で対戦するの相手にもかかわらず勝利が決まると邪気に喜ぶ(ダンス付)という天然ぶりを見せた。(もちろんチームメイトからツッコミをもらった)

チームメイトで同学年の園城寺怜江口セーラとは中学時代以前からの友人。特にとは親友以上と言ってもいい関係であり、身体の弱い彼女のことを常に気をかけ、できる限りそばにいられるように注意しており、が望んだり具合が悪かったりければ周囲にが居ても関係なく膝枕して休ませている。前述の浜名湖SAの場面でも、体調を崩した突然倒れた際に偶然近くにいた穏たちが駆けつけようとしたところ、画面外から猛スピードで現れて助け起こすほどである。

ただ、が「ウチ、病弱やねん」とうそぶくときは毎回「その病弱アピールやめい」とつっこむのがお約束になっている。このあたり、には前向きに強く生きてもらいたいとの想いが感じ取れる。


インターハイ全国大会-Aブロック2回戦


千里山女子高校シード校として2回戦から出場。
先鋒でエース園城寺怜が大量リードを積み上げたため、千里山はトップ抜け確実になり、大将戦では様子見打ちに終始。他校の二位争いに大きく干渉することなく手堅く+8700点で終了した。


インターハイ全国大会-Aブロック準決勝


白糸台高校(西東京代表)、新道寺女子高校(福岡代表)、阿知賀女子学院(奈良代表)と対戦。
校の突は注を浴びるが、先鋒戦の結果は"最強高校生"宮永照が他校を圧倒、して幕を閉じる。園城寺怜は他校と共に一矢報いたものの、終了直後に倒し病院に緊急搬送されてしまう。は取り乱しながらに付き添った。

大将戦。
開始ギリギリに病院から戻ったは、糸台の大星淡、新寺の鶴田姫子知賀の高鴨穏乃と卓を囲む。
点差は縮まり、四校すべてが決勝に進める可性がある。
しかし大星淡は他配牌を5シャンテン以下にする魔性を、鶴田姫子は副将戦の結果をほぼ倍にする異を持つ。
確率も統計もを投げる今大会屈の打撃戦を前に、不安を拭えぬは膝元に残るの温もりを思い出す。

「――――ここにを感じる。こっちかて一人やない!」

その時、奇跡を起こす。

未来を、見せたるわ――――』


能力


関西でも強選手に数えられるだが、もともと無能のため、いわゆる「場の支配」のには不利。魔物センサーを発揮した描写は今のところなし。

が以前から持つ、日頃からを気遣う中で獲得したと思われる
極度の集中により五感を研ぎ澄ませ、他プレイヤーの「体温」「呼吸」「鼓動」を感じ取る
その様子はまるで周囲をサーモグラフィーで視ているかのように表現され、本人のの色も変化する(演出)。
元来の読み手作りの正確さに、をつけない身体状態の情報を加えることでより高い精度を実現する。
欠点は、集中による疲労が大きく何局も連続で使用できないことと、情報を得るだけで「場の支配」が皆無なこと。
ゆえに特定の位置を透視したり条件クリアで和了確定するような相手を止める切り札にはならない。
この自体は、風越女子高校福路美穂子開眼モードに近い種類と思われる。

劇中では、何らかの影大星淡の支配が薄れて配牌5シャンテンが消えた終盤で極点モードに入り、テンパイした穏アガリを潰す形で待ちを切り替えた上で他に振り込ませるという読みの深さを見せた。
発動状態はチームでも認知されており、フナQは「最高状態の部長」、愛宕雅枝監督は「ゾーン入ったな」と言っている。
余談だが、極点の描写は「最高状態の~」のフラグだけでマンガ連載時にはく、その後すぐに作られたアニメ版で追加された。名称は雑誌インタビュー監督が明かしたもので劇中にはない。
ただのアニメオリジナルというわけではない模様。

準決勝大将戦で強な異を持つ対戦相手に不安を感じ弱気になり、自分の太もも膝枕しためたとき、想い出の中でとのを再確認したことで発現した支配
一巡先が視える日常的に膝枕していた(の太ももに蓄積されたちゃんパワー)に宿った、二人の未来である。
の呼びに応えたの幻影(自称・枕神怜ちゃん病院にいるリンクしている)が現れ、がこの局で可な最高得点で和了するまでの筋を捨ての形で見せてくれる
本人の未来と違い、局の最後まで見えるものの、自分が捨てる以外の情報く、さらに和了までまとめて一度だけ見えるのみ。かが振り込む場合は、その相手とアタリも見える。
基本的には高打点になるが、あくまで和了できる可性の中での最高得点のため、安いときは3鳴きして食いタンのみの場合もある。

欠点は、枕神怜ちゃんく「いくら太ももむちむちでも、そこに溜めておけるちゃんパワーには限りがあるんや」とのこと。要するに使用回数に制限がある。初めて発現した準決勝大将戦では、前半・後半あわせて6回しか使用できなかった。
は「だったら少し太ったら……」と言いかけるが、ちゃんに「それはアカン!」と即座に拒否された。膝枕からすると今の太さと柔らかさが最高であるらしい。
なお、全く和了できる可性がい局では、ちゃんを呼んでもフルフルと首を横に振って帰ってしまう。和了できないことがわかるだけで何も見えないが、使用回数は1回分消費される現実は理不尽である。

が強い支配を発揮すると和了できないことから場の支配では劣るが、筋が見えれば和了が確定するかなり強である。全に依存の地スポイルされるという面は否めないが、ふたりのiPSパワー深いが結実しただからこそ、理知的な打ち手のも何の疑いもなく信じたのだと思われる。
本来のの打ち筋はデジタル寄りで鋭い読みと効率的な手順が武器であるため、モードの不可解な手順からの和了はあからさまに怪しく、手が見える観戦サイドには何かがあると一発で見抜かれてしまった。


関連動画



■sm17843048[ニコ動]

■sm17703536[ニコ動]


関連静画


■im2305724(静画)
■im2179017(静画)


関連商品 


■az475753535X
■azB007BHFSFW


コミュニティ


■co1482178


関連項目



最終更新日: 18/04/15 06:23
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ