ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


渡真利克則


ヨミ: トマリカツノリ

渡真利克則とは阪神タイガース福岡ダイエーホークスに所属していた元プロ野球選手、元プロ野球審判員である。現在阪神園芸株式会社 整備課主任 鳴尾浜担当である。


概要


OB
渡真利克則
基本情報
出身地 沖縄県
生年 1962年8月23日
身長
体重
183 cm
87 kg
選手情報
投球・打撃 右投右打
守備位置 一塁、三塁、外野手
プロ入り 1980年
引退 1992年
経歴
選手歴
プロ野球選手テンプレート

1980年ドラフト2位阪神タイガースへ入団。同期入団は後に同じくプロ野球審判員となる橘高淳がいた。タイガース時代は一塁手三塁手外野手として出場した。

1985年阪神優勝時のV戦士である。阪神優勝を決めた試合において、ランディ・バースの代わりに一塁の守備固めに入った。投手ゴロを処理した中西清起から最後のアウトとなる送球を受けて優勝決定となった。この為、優勝のウィニングボールを掴んだ選手として、阪神ファンの間では有名である。

その後は選手としは立たず、1990年オフ池田親興大野久、岩切らと共にダイエーにトレードされる。しかしそこでも選手として大成せず、1992年引退する。

1993年からはセ・リーグ審判員となる。同じ阪神同期であった橘高とは違って立って話題となるような誤審はほぼく、ジャッジもであったので評判の良い審判であった。

2006年4月21日巨人阪神戦において、試合中に突如倒れた。阪神先発井川慶巨人小坂誠に5球を投げようとしたとき、捕手矢野輝弘に向かって覆いかぶさるように倒れた。
井川は投球を止め、矢野理に立ち上がろうとする渡利を支えてあげて、大慌てで担架を要請した。試合は控え審判員の有隅昭二が三塁へ、三塁塁審の井野修が球審にそれぞれり続行された。
退場した渡利はそのまま入院したが翌日に退院した。精密検の結果は原因不明であったが、不整脈ではないかと言われている。この日は日本テレビにより全中継されていたので、このが広く視聴者へ伝わることとなった。またこの日は元チームメイトである掛布雅之が解説を務めていた。

実は渡利は以前にも体調不良で長期離脱をしていたことがあった。そのこともあってか、セントラ野球連盟は渡利の体調等を考慮し、2007年1月1日付で、渡利を連盟の関西事務所職員とする人事異動を発した。

その後2009年、セントラ野球連盟を退職した。

2010年からは甲子園球場のグラウンド整備等を行う阪神園芸株式会社転職した。役職は整備課主任阪神2軍グラウンドの鳴尾浜球場の整備を担当している。
少しでも野球の現場に関わりたい為に阪神園芸転職したことを、マスコミインタビューにて答えている。


関連動画



■sm3444716[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 14/12/25 08:27
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ