ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


源頼家


ヨミ: ミナモトノヨリイエ

源頼家(11821204)とは、鎌倉幕府第2代将軍である。


概要


源頼朝北条政子との間に生まれた。夫には平賀義信が就任し、7歳で御着甲始、9歳で下河辺の師に付けられ、順調に頼の後継者として英才教育されていく一方、側近はの縁者で固められ、北条氏とは距離を置かれていった。

1195年の源頼朝の上に付き従い参内。1197年には従五位下右近衛少将に叙される。1199年には左近衛中将に転任する。

こうして迎えた1199年1月13日源頼朝の死没に、朝廷からは遺跡継承の宣旨を賜る。しかし4月12日にはくも将軍の直断が停止され、宿老十三人の合議制に移行する。頼の独裁体制を継承し、世代交代も進めようとした頼くも衝突したのである。さらに安達盛のを側室としようとしたことから、企党であった安達氏の北条党への替え、北条政子との衝突が生じる。

10月27日北条時政阿野全成の妻であった波局の密告により、梶原景時が失脚。1200年になると頼が従四位上に昇進する一方、時が駿河で撃たれる。時は、平賀氏が平治の乱以来の長老格であった平賀義信から、その息子北条時政婿であった平賀朝雅に世代交代する中、頼のもっとも有な支持者であり、京都九条兼実慈円らには源実朝擁立の陰謀をつかんだ時をかばいきれなかったことは最大の失策であったと後々られている。この後、頼は従三位に叙された一方、鎌倉幕府の「公式」記録である『吾妻』には狩猟と蹴の記事が多くなる

さらに1201年、世代交代によって不安定な政権になったと判断した越後氏が京都と越後で挙兵する、建仁の乱が起きるが、わずか4かで鎮圧される。このころから『吾妻』には政務を投げ、蹴に没頭する姿が描かれる。

1202年になると正三位、次いで従二位に叙される。そして1203年、源実朝夫であった頼阿野全成を謀反の咎でとらえ誅殺する、阿野全成事件で比企能員の変の前戦が始まる。この結果北条時政が実夫となる。そして7月、頼大江広元邸で倒れて重体に陥り、将軍の後継問題が浮上する。9月2日比企能員北条時政が謀殺し、北条政子企氏謀反を宣言して討伐する。9月5日ようやく意識を取り戻した頼に、もはや打てる策はなかった。

こうして9月7日は出に追い込まれ、修寺に閉。1204年に殺された。

先例を視し、遊にふけった暗愚な二代として名高い人物であるが、その姿は後世北条政権が確立してから書かれた『吾妻』に描かれたものであり、京都公家による同時代の記録をふまえると、政務の刷新を図るも、若さゆえに陰謀を乗り切れず、翻弄された人物という方が近いかもしれない。頼の支持勢平賀義信加賀美遠光、河越重頼、比企能員梶原景時といった人々であり、北条時政が頼の傍から外されたことで、北条氏との対立が生じたとされる。

また支持勢が次第に壊滅していった頼は、狩猟や蹴を通じて独自に近習を組織し、企宗員、企時員、小笠原長経、北条時連(北条時房)、和田盛、中野成、細野兵衛尉、壱岐判官知康、紀行性、義印といった、一門、企、北条といった親族集団に一の人々を加えたバランスの良い編成となっている。

とはいえ、頼が東武士の不満を抑えきれず、わずか4年で政権を崩壊させたのも事実であり、施政者としてはほとんど特色も残せないまま敗れ去り、近年様々な史料によって再評価されつつある源実朝以上に扱いの難しい、そんな人物であった。

また頼には一、栄実、の4人の息子と、御所がいた。しかし一比企能員の変で誅殺、源実朝の暗殺後始末され、栄実は和田合戦の余波で、は実死後の混乱の中で同じく誅殺される。さらに御所も4代将九条頼経の正室となるが、男児を死産すると同時に死去。こうして頼の子孫はすべて絶えることとなった。


関連商品


■az4792409950


関連項目



最終更新日: 18/06/03 07:05
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ