ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


源頼朝


ヨミ: ミナモトノヨリトモ
掲示板をミル!
51カキコ!

源頼朝とは、征夷大将軍として鎌倉幕府を設立し、鎌倉時代の始祖となった人物である。


概要



平治の乱


が世に出るのは13歳の時であった。

平安時代末期、時の権者である信西(しんぜい)に反発した藤原信頼が源氏の棟梁であると結託しクーデターを起こした。後に平治の乱と呼ばれるこの戦いに、13歳である頼の義について参戦していた。

当初は敵方の平清盛不在の隙をついたことと、玉である上皇と天皇を手中に収めていた事もあって信頼、義側有利であった。しかし信西の首を取るところまでは成功したが、清盛の策略によって上皇、天皇を奪い返されてしまったことによって、結局、信頼、義側は敗北を喫する。

信頼は六条河原斬首、義は尾まで逃げるもそこで討たれた。13歳の頼は最初極刑を受ける予定であったが、清盛の義の池尼の助命によって命だけは助けられ、伊豆に流されることとなった。

尼の折した息子に頼が似ていたというのがその理由とされる。結果的にはこれが平氏の命運を決める事にはなったが、頼がここで斬首されていた場合は、後の反軍は他の源氏を担ぎ上げて結局挙兵は起きていたので、ここでの清盛の助命は致命的な判断ミスとは必ずしも言えない。


挙兵


伊豆での頼北条時政の監視を受けながら静々と育っていた。その地で頼北条時政、政子と縁を結ぼうとするも、時政は流人である頼にはにやれないと政子を伊豆である山木兼がせようとする。しかし結局、頼と政子は婚姻を結び、頼は北条という大きな後ろを得る。

そんなこんなをしているうちに京都で政変が発生。後白河上皇の第二皇子である以仁王(もちひとおう)が発した討伐の旨(りょうじ、皇太子の命書)を、頼叔父にあたる源行家が持ってきたことによって、頼は挙兵するか否かの選択を迫られた。以仁王の挙兵自体はすぐに鎮圧されたものの、頼は高まる気運に推され挙兵を決意する。緒戦の相手は、かつて政子がぐ予定であった伊豆代(知事の代理人)山木兼である。1180年、頼はわずか300騎で挙兵し、山木兼を打ち破った。その後、頼土肥相模)に進軍し、土である三浦一族と合流する予定であったが、酒匂の増によりその願いはわなかった。

その後頼は、東から来た頼討伐軍の大庭親(おおばかげちか)と西からきた伊東親に挟み撃ちにされてしまう。味方300に対して敵方3000という数の差もあり頼は大敗北にまみれる。これを石橋山の戦という。

この時、敗走中の頼は敵方の梶原景時に見つかるも見逃されるという逸話がり継がれている。この梶原景時は後に頼の側近として鎌倉幕府の成立の柱を担った。頼の器量を見抜いた梶原景時の先見性を示すエピソードであると共に、それだけ当時のから武士の心が離れていたと見る事もできる。頼は六箱根山脈を逃げ回った挙げ句に船で安房(現在千葉県南部)へと渡った。


再起


石橋山で大敗した頼であったが、それでもに不満を持つ武士達の旗印としての影は依然強く、下総千葉茨城らへん)の族、千葉常胤(つねたね)、上総(千葉中部)の上総広常などの反武士たちが続々と頼の下に集まった。この時、頼は広常が遅参したことを理由に追い返そうとした。2万の軍勢を持つ広常を追い返すことなど考えられないと部下は諌めたが、当の広常は頼の大器に感し、謝罪の上で参を許されたとされる。これをきっかけに態度を保留していた多くの周辺武士が頼に付く事を決め、安房、上総、下総全に支配下に入れた。

は拠点を三方山に囲まれ防衛に優れ、南に相模湾があり物資輸送に優れた鎌倉に置いた。伊豆の挙兵からわずか2ヶ後の事であった。以後鎌倉は頼によって整備が進められた。この時、頼の下には多くの武士がついていたが、これは後の信長秀吉軍団のようにトップの独裁体制ではなく、関東武士集合体であり頼はあくまでもその旗に過ぎなかった。

いよいよ頼の存在の視できなくなった中央政府清盛は、孫の維盛(これもり)を頼追討軍の総大将にして東へと派遣した。しかし長い生活で公家化し武士の習いを忘れた軍の武威は低く、更に歴史的大飢饉が西で発生し京都で餓死者が続出したこと。加えて疫病も広まったことによって軍の士気は地に落ちていた。頼方はといえば、とは対照的に豊作に恵まれ、京都からの独立に対する飢餓感から士気が高かった。その差は両者が突する富士の戦いで顕著に露呈する。維盛軍は、これに奇襲をかけようと近づいていた武田信義武田信玄の先祖)に驚いた水鳥の羽音を源氏の襲撃と勘違いし、戦わずして敗走を始めた。

富士の戦いに乗じて京都に進行……はせず、鎌倉での地固めに専念した。鎌倉で頼は味方した武士の論功に応じて土地の分配を行った。これによって武士たちは所領支配を認められ貴族の管理下から解放される。中央からの独立武士の長年の夢であり、頼が彼を持ち上げた武士から最もめられていたことであった。所領を認める代わりに、頼に味方する。この関係を御恩と奉と呼ぶ。

この頃には幼い頃に別れ寺に預けられた、の九郎義経とも再会している。義経は当時、にも匹敵する大勢である奥州藤原氏護を受けており、そのを恐れた頼の警心を高めたとされる。また1181年にはの大柱である清盛も逝去し、京都に動揺を起こした。


木曾義仲


一方で頼と同時期に挙兵した木曾義仲(頼のいとこ)が利伽くりからとうげ)の戦いで古代中国の戦術を模倣した火の策での大軍を破った。これを恐れた頼は義仲に兵を向けるも討てず、義仲の嫡男の義高か、当時頼軍を出奔し義仲の下へ身を寄せていた行のどちらかを引き渡すように要した。義仲は酷く頭を悩ませた後に、義高を頼に引き渡して頼と和した。

源氏同士での諍いは年前から続く源氏のお芸である。義仲の父親である義賢も、頼である義と争い殺されているし、ご存知のよう頼はこれ以降義仲も義経も殺している。これは身内びいきが過ぎて反感を買ったとは対照的であろう。

木曾義仲の勢いは止まらず北陸道を駆け抜け、怒濤の勢いで京都に進行した。これに対し、清盛死後に跡を継いだ内大臣の平宗盛はあえて対抗せず、幼い安徳天皇と共に西へと脱出した。これがの都落ちである。一見都落ちというと情けない敗走劇のように見えるが、西の勢基盤であり飢餓に喘ぐに留まるよりも兵を整えるのに向いていた。更に西ならば戦が中心になり、騎戦を得意とする源氏の侵攻を阻むことも出来る。は元々海賊退治で名を挙げたであり戦はお手の物であった。そして何よりの手には天皇天皇の正当性を示す三種の神器があり、これに逆らうことは朝敵の汚名を被せられしまう。これらの理由によりの西転進は優れた選択であったと言われる。

都に入った木曾義仲はすぐに兵糧の問題に直面した。途中質を問わず兵の数を増やす事を重視していた義仲軍は食を失った事によって統制を失いの都を荒らし回った。義仲自身も、13歳まで都に住んでいた頼と違って木曽というド田舎で育ったので、でのマナーをまるで知らず公家からは木曽の山バカにされる始末であった。当然人心は義仲から去っていった。義仲に対して後白河上皇征夷大将軍の位を授け、将軍と名乗らせた。武士ではじめて征夷大将軍を名乗ったのは実は頼ではなく義仲であったのだ。しかし、これは後に頼から天狗と呼ばれる程の政治を示した後白河上皇の卑劣なであった。

征夷大将軍になったというと、家康を思い出して時代の勝者になったと思いがちであるが、これは大きな間違いである。征夷大将軍と言っても所詮は朝廷の位であり、実もなく官位を貰ってしまえば朝廷に頭が上がらなくなってしまう。官位授与は軍事を持たない朝廷の切り札の一つである。武士に対して高い官位を送って自らの支配下に置こうとすることを位打ちという。これを恐れて頼は、ご人に自分の許可なく官位を貰う事を禁じたのであるが、義経はこの命視したため頼に睨まれることとなったのである。

話を京都に戻す。義仲にほとほと呆れ果てた後白河法皇は頼を上させ義を討たせようとした。一方の義仲も勢いを取り戻そうと平氏打倒のために西に軍を進めるが、減った兵、慣れない戦、そして何より兵糧不足によって大敗する(水島の戦い)。陸では無敵だった義仲もの上ではであったのだ。に敗走した義仲は後白河法皇が頼と手を結んだことを知り激怒する。法皇を閉し、朝廷全に武制圧してしまった。しかし、既にには義経と、その監視役の和田義盛梶原景時が迫っており、宇治の戦いにて義仲はあえない最期を遂げた。


源義経


その後、義経の大活躍により、一のの戦いでの鵯越え、屋の戦い、そして壇ノでとうとうを滅亡に至らせた。しかし、義経は先述の通り頼の言い付けを破って勝手に官位を受けたこと、壇ノで最優先事項であった三種の神器の奪回に失敗していたことによって頼の信頼を著しく損なっていた。上にも書いたが源氏の身内争いはお芸である。もし後白河法皇義経をたてて頼に対抗したら、今までの苦労がの泡である。義経と戦っている間、所(御人を統制する行政官)、公文所(政務担当の役所)、問注所(訴訟を扱った役所)などの行政システムを設置するなど着々と武士の政権設立の為に働いていた頼にとって義経は悩みの種であった。

当の義経は捕虜の平宗盛を引き連れて意気揚々と鎌倉へ凱旋しようとしていた。しかし頼義経鎌倉入りを認めなかった。ここに至って後白河法皇義経に、頼追討の院宣を下すも頼京都北条時政を送った事によってすぐにこれを取り消した。頼義経追討を名として全に守護(ごとに設置された軍事警察る役)と地頭(全の荘園を管理し徴税を担う役)を設置。ここで武政権としての鎌倉幕府の基礎が完成した。

その後、義経奥州藤原氏にいることが分かる。奥州藤原氏金山を元にに勝るとも劣らない栄を誇った大勢である。これには頼闊に手は出せない。しかし3代藤原秀衝(ひでひら)が逝去した後に跡をついだ泰衡(やすひら)は頼の脅威に怯え、義経に向かって兵をだした。ここで義経は最期を迎えるが、頼はそれにも構わず州を責め立て奥州藤原氏を滅ぼした。頼に対抗しうる最後の勢を排除したことで後顧の憂いがなくなり、とうとう頼自身が上をする。


鎌倉幕府


1190年、上した頼征夷大将軍希望するも後白河法皇からは権大納言・右近衛大将を受ける。2年後に両官位を辞して鎌倉への帰路についた。

1192年、後白河法皇が崩御したことをきっかけに頼はついに征夷大将軍となり、名実共に鎌倉幕府を完成させた。この年が学校で習う「いい1192)作ろう鎌倉幕府」である。しかし、ここまで読んだ人なら分かるであろが、この征夷大将軍の官位は鎌倉幕府の実態とは余り関係がなく、最近では1192年を鎌倉幕府の成立の年と必ずしも見なさないようになっている。

1199年、頼相模川で行われた供養の帰りに落。この事故がもとで亡くなった。享年53歳。

が築いた武士の支配は700年の後の1867年、つまり大政奉還まで(建武の新政を除いて)続く事になる。


関連動画



■sm8404248[ニコ動]

■sm11675663[ニコ動]


関連商品


■az4862489508
■azB003P7XDMM


関連項目



最終更新日: 18/10/02 22:51
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ