ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


潜水艦


ヨミ: センスイカン
掲示板をミル!
311カキコ!

潜水艦とは、水中に潜行可軍艦の総称である。

概要

潜水艦は(特に原子力潜水艦の場合)出航、入港時以外は常に中で航行しているため、他の水上艦艇とは違い衛星などでも探知しづらい。また、機やソナーで相手の位置を知ることも困難である一方、多種多様な任務をこなせることから現在軍のといってもいいかもしれない。

ただし爆や対潜ミサイル、対潜機などの対潜水艦装備(対潜装備)も多く、また発見されて撃沈されると乗組員はまず船体の回収すらままならないため、特長である隠密性の裏には決死というリスクも存在する。そのような事情から、潜水艦勤務は軍の中でも較的"快適"な生活を送れることが多い。

日本では潜水艦といえば「沈黙の艦隊」や各種ゲームのおかげでイメージがしやすくなっただろう。もっとも、あの作品に描かれているような潜水艦同士の戦いは現在(表されているかぎり)発生していない。一応念のために書いておくけど、発生してないのは潜水艦同士の戦いであって、「沈黙の艦隊」や「Battlestation」で起きているようなトンデモ仮想戦ではないのであしからず!


潜水艦の推進機関


原子力潜水艦(原潜)「潜水艦完全ファイル」中村秀樹 笠倉出版社 2015 pp.68-69

艦内に原子炉を搭載し、そこで発生させた電を推進機や艦内の電に使用する。初期の原潜は原子炉で発生させた蒸気で直接タービンを回し、減速歯車を介してスクリューに伝えていたので、歯車が発生させる騒音で探知される危険性があったが、現在は発電機で発生させた電モーターを回すので騒音減している。ただ、原子炉を冷却するポンプなどは止められないので、それら補機類の雑音低減の努もなされているが、原理的には通常のほうが静かになる。

原子炉による事実限の航続と、ふんだんに使える電が原潜の大きな利点になっている。また、水上艦と違って造波抵抗がい分、原潜が最も高速を出せる軍艦になっている。当然ながら建造費は通常より高い。

通常動力型潜水艦

い話が「原子炉以外の動で動く潜水艦」。ディーゼルエンジンで発電して蓄電池に蓄えた電モーターを回し航行する。しかし出や航続時間は原子力潜水艦とべれば僅少である。また内燃機関を使う関係上、充電時の浮上航行または浅深度でのシュノーケル航行によって継続的に空気を取り入れねばならないため、水上中から発見されるリスクが高い。一方、騒音である機関を任意に停止させバッテリ駆動で航行することができるため、原子力潜水艦にべると静粛性では有利である場合が多く、隠密性に長ける。近年はバッテリ技術の進歩により、潜行できる時間も以前にべ格段に長くなっているとされる(しかし前述の通り空気補給時の被発見リスクを加味すると必ずしも原潜より静粛性で優れているとは言い難い)。

AIP「潜水艦のAIP」中西雄次 防衛技術ジャーナル2000年9月号

AIP(Air Independent Propulsion)は「大気非依存推進装置」を意味し、用からは原子力推進を連想させるが、一般的には通常動潜水艦の推進装置の一種である。

具体的には、潜水艦に酸素タンクを備え、空気の代わりにこの酸素を使用して発電機を回し発電する。酸素が残っている限りはマストを面上に出す必要がないので、従来にべ長時間潜航したまま航走できる。しかし現在AIPは大出を出せないので、従来のディーゼルバッテリーを組み合わせたシステムを補する(低速時はAIP、高速時はバッテリーを使用)形で使用されると考えられている。

代表的なAIPとして、スターリングエンジンCCDE(Closed Cycle Diesel Engine)、MESMA(Module d'Energie Sous-Marine Autonome)、燃料電池が研究されている。


任務


潜水艦の任務は大別すると二つに分けられる。

タイプ 説明
攻撃潜水艦

水上艦、輸送艦、輸送船などに対する攻撃を主任務とする。最近では特殊部隊の輸送、ミサイルによる対地/対艦攻撃、敵拠点の監視、機戦など様々な用途に用いられる。一般に潜水艦の多くはこちらに属する。
戦略潜水艦

戦略核ミサイル(潜水艦発射弾道ミサイル)を搭載し、敵の都市を標的とした相互確破壊(MAD)を担う。戦略爆撃機、地上発射ICBMと並び核戦略では重要な要素で、中深く潜行し位置を秘匿しつつ移動できるため抗堪性は最も高いとされる。英露中が運用し、北極などに常に展開している。

長期間潜行して核抑止を担う関係上ほとんどが原子力駆動の潜水艦である。また、弾道弾を撤去して多数の巡航ミサイルを搭載したものを巡航ミサイル潜水艦(SSGN)として区別する場合がある(巡航ミサイル運用専門に開発されたものもある)。

略号


米海軍の表記法が一般的に使われている。SSは潜水艦一般をすと同時に通常動の攻撃潜水艦の代名詞としても使われる。末尾のNはnuclear propulsionの頭文字で、これが付けば原潜である。Bはballistic missile弾道ミサイルを搭載している潜水艦に付く。Gはguided missile、誘導ミサイル巡航ミサイル)を搭載している潜水艦に付けられる。「原潜回廊小川和久 講談社文庫 1987

米海軍の戦略原潜であればSSBNになる。米海軍の攻撃潜水艦ならSSNになるが、巡航ミサイルも搭載していればSSGNになる。


可潜艦「最強 世界の潜水艦図鑑」 坂本明 学研 2011 pp.18-19


潜水艦は、第二次世界大戦以前までの「可潜艦(サブマージブル)」と、それ以降の本格的な「潜水艦(サブマリン)」に分けることができる。

可潜艦は作戦行動の大半を水上航行し、敵に発見された時や魚雷攻撃を行なう時など、限定された状況にのみ潜航するため、船体下面が水上航行に適した形になっているが、第二次世界大戦以降の本格的な潜水艦は、水中航行を前提に設計・開発されており、水中航行時の抵抗ができるだけ少なくなる船体形が採用されている。

各国の潜水艦

現在世界で潜水艦を独自に開発、建造しているは少ない。これは潜水艦の動、あるいは圧に耐えられる鋼材や耐圧構造などにかなりの技術蓄積が必要なためでもある。以下はな潜水艦建造


次へ»
最終更新日: 20/07/18 22:24
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ