ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


濱田達郎


ヨミ: ハマダタツロウ
掲示板をミル!
5カキコ!

濱田達郎(はまだ たつろう、1994年8月4日-)とは、愛知県名古屋市出身のプロ野球選手投手)である。現在中日ドラゴンズに所属。

概要

中日ドラゴンズ #69
濱田達郎
基本情報
日本日本
出身地 愛知県名古屋市
生年 1994年8月4日
身長
体重
183cm
90kg
選手情報
投球・打撃 左投左打
守備位置 投手
プロ入り 2012年ドラフト2位
経歴
プロ野球選手テンプレート

地元の愛工大名電高校で1年からエースとなり、6試合連続投でチームを県大会優勝に導く。2年は県大会決勝で敗れ甲子園を逃したが、チーム東海大優勝明治神宮大会準優勝に導き、巻東の大谷翔平大阪桐蔭藤浪晋太郎とBIG3として並び称されるまでに評価を高めた。
3年時は連続で甲子園出場。ベスト8に進むも、は左肩を痛めてフォームを崩し、甲子園でも1回戦敗退となりスカウトからの評価も落ちてしまった。

2012年ドラフト会議で、地元の中日ドラゴンズ2位名され入団。背番号43

中日時代

2013年二軍先発を務めたが、左肩の不安やフォームの試行錯誤もあり、2勝8敗、防御率6点台と結果を残せなかった。フェニックスリーグ小笠原孝コーチの助言もあってようやくフォームが戻り、好成績を残す。


2014年4月下旬に一軍初昇格。中継ぎで2試合投げたのち、5月7日阪神タイガース戦、先発予定だった川上憲伸痛で登板回避し、試合開始1時間半前に先発を告げられ、この試合で見事6安打11奪三振の初完封勝利を挙げた。これが、2014年中日投手勝利一番乗りとなった。また、かつて並び称され、濱田よりく一軍で結果を残していた大谷浪より先に初完封を達成することになった。その後先発ローテ入りし5勝を挙げたが、8月に左肘の靱帯損傷で戦線離脱しシーズンを終えることに。


2015年はわずか4試合の登板に終わった。


2016年は1試合に終わり、戦力外通告を受ける。その後育成選手契約を結んだ。背番号203


2017年も左肘尺神経剥離術を受けたため二軍でも登板なしに終わる。


2018年7月にようやく二軍で実戦復帰。しかし2試合登板したのみで、オフに今度は左腕の血行障三度の手術を受ける。


2019年二軍で15試合に登板防御率8点台と結果は残せなかったものの、事に実戦復帰を果たしたということでオフ契約時に支配下登録に復帰した。背番号69

成績

年度別投手成績

年度 球団 登板 先発 完封 勝利 敗戦 セーブ ホール 勝率 投球回 四球 奪三振 失点 自責点 防御率
2014年 中日 16 13 1 1 5 3 0 0 .625 79.2 33 72 40 36 4.07
2015年 4 4 0 0 0 3 0 0 .000 15.2 16 9 13 13 7.47
2016年 1 1 0 0 0 1 0 0 .000 4.0 5 0 7 7 15.75
NPB:3年 21 18 0 0 5 7 0 0 .455 99.1 54 81 60 56 5.07

関連動画


■sm17427225?ref=search_tag_video[ニコ動]

■sm23502583?ref=search_tag_video[ニコ動]

関連コミュニティ

■co6771

関連項目


最終更新日: 19/12/18 00:35
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ