ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します



ヨミ: ヒン

とは、(危機や死に)差し迫るという意味の漢字である。


漢字として


Unicode
U+7015
JIS X 0213
1-41-46
部首
氵部
画数
19画/20
𩕨
Unicode
U+29568
部首
頁部
画数
19画
意味
以下の意味がある。現在は、差し迫る、の意味で使うことが多い。
説文解字〕の本字は𩕨で、〔説文・巻十一〕に「厓なり。人の賔附する所なり。顰戚して前(すす)まずして止まる」(段注本)と、を渡ろうとして近づくとき、進めずに顔をしかめて止まるとある。や顰を踏まえた解説である。
字形
の会意。
文の瀕は、+歩++歩++歩という形である。また瀕は甲文・文で、)の意味や際の儀礼の意味で使われている。そのため、を渡る、もしくはにそって歩く儀礼を表す字という説がある。に従う理由については、礼を着て際を歩くという説などがある。+歩+という字については、と隷釈する説もある。
説文〕は、の会意としている。ほかに頻の形説がある。
音訓
読みはヒン(音)、訓読みは、せまる、はま、そう。
規格・区分
人名用漢字である。2004年に人名用漢字に採用された。JIS X 0213第一準。
部首
瀕は〔説文解字〕では部首である。瀕のほかに顰を収める。
・瀕近・瀕死・瀕

異体字



最終更新日: 16/01/16 23:25
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社