ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


無敵超人ザンボット3


ヨミ: ムテキチョウジンザンボットスリー
掲示板をミル!
138カキコ!

無敵超人ザンボット3とは、富野喜幸(現:由季)監督原作ロボットアニメである。

サンライズ(当時は日本サンライズ)初の自社制作作品にして、所謂「富野」の代表作。


概要


宇宙人ガイゾックが突如地球への侵略を開始した。
かつてガイゾックに滅ぼされたビアル人の子孫であるファミリーは、ビアルの遺産であるザンボット3とキングアルを発掘し、ガイゾックに戦いを挑む。

しかし巨大すぎるのぶつかり合いは周囲に災害を引き起こしていく。流れ弾で建物は破壊され、上に落下して巻き起こった津波は押しつぶされる。家族を失い難民となった人々は、その責任ファミリーに「ガイゾックを連れてきた本人」として押し付け、彼らを迫する。

守るべき人々に理解されないまま、ファミリーの苦闘は続く。

……もしも巨大ロボット同士が戦ったら起きるであろう状況をリアルに描くという、当時の一種のタブーに踏み込んだのが本作の大きな特徴である。敵を倒せば人々の生活は元に戻り問題は解決するといういわゆる子供向け番組でのお約束は、本作には一切存在しない。
その戦闘シーンも、従来のロボットアニメの延長上ではあるものの、富野監督独特の生々しいやり取りが交わされる緊感に満ちた内容となっており、いわゆるリアルロボット系作品の先駆けと言えるかもしれない。

宇宙での最終決戦では、ファミリー戦闘要員以外の乗員を睡眠薬で眠らせ半ば強引に地球へ送り返す。死闘の中斃れていくファミリー。ザンボットも傷つき、宇宙太と恵子は勝を残し大破したザンブル、ザンベースで特攻していく。大きな犠牲を払いついに勝が対面したガイゾックの正体は、かつてガイゾックにつくられたただのコンピューターコンピュータードール8号に過ぎなかった。

コンピュータードール8号との対話、地球侵略の衝撃の理由は、是非本編を視聴して確認していただきたい。

そして地球に落下するガイゾックバンドックに取り残された勝を救うため、一残ったビアルI世も犠牲となる。

ただ一人生き残った勝。だが、地球には彼を温かく迎えてくれる人たちがいた……。

このようにキャラクターへの親しみを拒絶するようにその生々しさを積極的に描写し、容赦なく死なせ、最終的に全滅(に近い形)に行き着く富野の作を、当時のアニメファンは「伝説巨神イデオン」や「聖戦士ダンバイン」等と併せ、「皆殺しの富野」と形容した。

較的最近になり「ブレンパワード」や「∀ガンダム」等の穏やかな作の富野作品が見られるようになると、「富野」と評されるこれらの作品と対するように、ザンボット3を初めとする作品群は「富野」と呼ばれるようになった。


主要キャラクター


(じん かっぺい)
本作の主人公ザンバード、ザンボエースパイロット。そして、ザンボット3のメインパイロットである。睡眠学習によりザンボット3の操縦などを覚えているが、同時に戦闘中の恐怖を払拭されている。誤解や迫を受けてもくじけない、まっすぐで強い意志と正義感を持つ。声優は旧・ドラえもんで有名な大山のぶ代

宇宙太(かみえ うちゅうた)
ザンブルのパイロット東京に住んでいたが、ビアルII世が発見されたことによりファミリーと合流。3人のパイロットの中では参謀的な立ち位置になることが多い。彼のは臆病なところがあり、母親は戦いを拒否し故郷へ逃げ帰ってしまったことが。それを苦々しく思っていたようである。

神北恵子(かみきた けいこ)
ザンベースパイロット長野に住んでおり、ビアルIII世が発見されたことによりファミリーと合流。いわゆるおてんばで快活な少女だが、誤解から友達に拒絶され悩むなど、年相応の弱さも見せる。その容貌からか、ロボットアニメヒロインの中でも人気が高い(私見)。

香月(こうづ しんご)
元々は勝の喧友達だったが、戦いの中でを失い一家離散の身となったことで、ファミリーへの憎しみを募らせ一方的に敵視、実行動にも出る。後に和解しファミリーとともに戦うが、最終決戦を前にして地球へ帰還させられた。全てが終わった後、勝を最初に発見した一人。

キラー・ザ・ブッチャー
ガイゾックを率いる異人。極悪非で残虐な性格をガイゾックに買われて官の座に着いたらしい。巨大な肥満体に緑色の肌で、全身をサイボーグ化されている。殿様言葉を使い、「オーッホッホッホ」という笑い方が印的。ギッザー、バレター、ズブターという3人の部下を持つ。


メカニック


ザンバード / ザンボエース
ザンボット3の頭部・胴部となる機体。単体で変形可で、戦闘機形態をザンバード、ロボット形態をザンボエースと呼称する。
ザンボエース時は使用できる火器が貧弱だが、ホルスタージェットに装着することでザンボマグナムが使用可となる。これは役級ロボットが初めて本格的に銃器を使用したものとされ、ホルスターにはマグナムとともに実さながらのオプション類が豊富に用意される凝った設定となっている。ロングバレル、狙撃用スコープ、ストックを追加した形態をザンボラフルと呼び、他にグレネードランチャードラムマガジンも装着できる。

ザンブル
ザンボット3の胴体・両腕となる火力自慢で重戦車の機体。手首パーツをアームパンチロケットパンチ)として打ち出せる、変わったギミックを持つ。尚、スーパーロボット大戦で本作を知った人は飛べない機体だと思っているかもしれないが、飛行可である。

ザンベース
ザンボット3の脚部となる大機。戦闘は他2機にゆずるが偵察・分析に優れ、「レゴン」と呼ばれる偵察メカを持っている。またザンボットマグナムやホルスタージェットを運搬できる等、支援にも長ける。

ザンボット3
ザンバード、ザンブル、ザンベース合体ザンボット・コンビネーション)して完成する全高60メートルの巨大ロボット。ザンボエースとは対照的に、ザンボットグラップサイ)から変形するザンボットブロー(矛)やザンボットカッター大剣)といったエキゾチック類を武装とする。必殺技は頭部から放つザンボット・ムーンアタック
鎧武者を彷彿とさせるデザイン現在でも人気が高く、後のダイターン3ガンダムに受け継がれていくモチーフとなる。
本編では無敵人という肩タイトルとは裏に苦戦の連続で、その場の機転で辛うじて勝利を収めることも多く、ストーリー後半にもなると必殺のムーン・アタックもあっさりと弾き返されることがしくなかった。ゲーム登場時における微妙な性は、こうしたシビアな描写が影しているのかもしれない。

キングアル
アルI世、II世、III世が合体して完成する宇宙船。合体マニュアル操作に依るところが大きく、大人から子供までファミリー総出ででの大仕事であった。左右非対称な外観が非常に特徴的。かつてファミリーの祖先はこの船に乗りビアルを脱出、地球にたどり着いた。イオンなどの強な武器を多数有する。


キャスト


スーパーロボット大戦」やザンボット3が登場するゲームではキャラ2人のキャストが代役となっている。

役の大山のぶ代が再登板しない理由については、諸説や噂が入り乱れはっきりとした理由は定かではない。
しかし「大山がザンボット3という作品を嫌っているため出演を断っている」という説については、大山自身がラジオ出演の際に本作に対する思い入れをっているためはっきりと否定できる。→参考動画sm541432[動]


スタッフ



主題歌


オープニングテーマ:「行け!ザンボット3」
歌:一路、ザ・ブレッスン・フォー、ザ・チャープス・作詞日本サンライズ企画室・作曲渡辺岳夫編曲松山祐士

「ザザンザーザザン」という最初のフレーズは有名。
本編逆の内容の歌詞も有名。 

エンディングテーマ:「宇宙永遠に
歌:一路、ザ・ブレッスン・フォー、ザ・チャープス・作詞日本サンライズ企画室・作曲渡辺岳夫編曲松山祐士


関連動画



■sm4045487[ニコ動]

■sm3649955[ニコ動]
■sm3649983[ニコ動]
■sm1837783[ニコ動]


関連商品


■azB0017XYF8M
■azB00008448T
■azB00009KM13
■azB0002YM75U


関連項目



「さあて・・・どう戦い抜くかな・・・?」


最終更新日: 16/10/09 17:38
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ