ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


無銘


ヨミ: ムメイ
掲示板をミル!
6カキコ!

無銘とは、や書画などで製作者の名が刻まれていないこと。話し言葉では「名」と区別が付かないため、混同しないように文脈から読み取る必要がある。(無銘だからといって名だとは限らない)

曖昧さ回避

無銘(生放送主) - 生放送主歌い手該当記事参照。


概要


通常などではその制作した刀工により銘が彫られる。これにより製造者の明との性を保するのである。

しかし、時と場合により、その銘が削られてしまうことがある。あるいは最初から銘が彫られていない場合もある。また、単に経年劣化により銘が消えてしまう場合もある。そのようなは無銘と呼ばれることになる。したがって、名なのに無銘、無銘だが名というものも存在している。

元々に銘を刻む慣習は大宝にまで遡るとされる。一方、わざと銘を刻まない場合というのも古来から慣習として存在する。商売的で製作したものではなく、上の者や々に献上するために製作した場合は、あえてに銘を刻まないこともあった(作者としては銘を刻む必要がかったといった方が正しいか)。このため、無銘だからといって銘があるものより「出来が悪い」ということはなく、特徴や由来が明らかとなっているものの中には、有銘のものよりも価値のあるものもある。また、正宗や郷義など下に名だたる腕前がある場合は、銘を刻またなくてもの出来で作者がわかるため刻む必要もい、という考えに至るものもいたのかもしれない。

銘を削る事例として、大磨上が挙げられる。長すぎるを削って適度な長さにする「磨上(すりあげ)」の際、銘が掘られている部分が丸ごと削られることを大磨上(おおすりあげ)という。大磨上をしたのちに新しく銘を入れ直さない場合、無銘のの出来上がりである。この事例に当てはまるとして大倶利伽羅が挙げられる。

銘が消える事例としては、小烏丸など、古以前のに見受けられる。中心部分は通常研がないため、錆により銘が消えてしまうことがある。一度消えてしまった銘を判断することは極めて困難だが、科学的手法による調や、過去に作成された押形や折紙などの記録をたどる文献調によって判明することもある。

刀鍛冶が最初から銘を入れなかった事例として、正宗が挙げられる。鎌倉時代末期から南北朝時代に活動したといわれている刀鍛冶正宗は自分の作ったに銘を彫ることが少なく、その多くが無銘となっている。現在伝わっている正宗とされるも無銘のものが多い。


創作作品において


無銘のというのはその製作者の名前が不明ということである。これは通常ならば品質保がないということであり、当然ながら品質が低いものとなっている可性が高い。序盤に手に入る一番弱いとして扱われることも多い。

しかし、上記したように無銘だが名というのは現実でも実在しており、創作作品においても「名工が密かに作り、自分の名前を刻めなかった」などの理由で無銘とされることがある。中二病的に言うなら「闇に葬られた名工○○の作った最後の」といった設定ができるようになる。

上のような例はやりすぎではあるが、で切りあうような作品において無銘であることはすなわち「未知の」であることを示し、名と呼ばれるに対して決して引けをとらないようなと化す場合がある。

無銘の刀が登場する作品

刀以外の無銘が登場する作品


関連商品


■az4862526780


関連項目



最終更新日: 16/11/21 01:46
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ