ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


爆球連発!!スーパービーダマン


ヨミ: バクキュウレンパツスーパービーダマン
掲示板をミル!
2カキコ!

爆球連発!!スーパービーダマンは、月刊コロコロコミックに連載された、ビーダマンテーマにした漫画作品である。作者は今賀俊。


概要


月刊コロコロコミック1995年9月号~2001年12月号に連載。別冊コロコロコミックにも短編が数点掲載された。

ビーダマンとは株式会社タカラ(現:タカラトミーアーツ)から発売されていた、部からビー玉を発射する人形玩具シリーズである。それまではキャラクター玩具だったビーダマンが競技性重視となり、シリーズ名を「スーパービーダマン」と変えたのに合わせて本作品の連載が開始された。競技性をアピールするように、ビーダマンで勝負するビーダマン使い=ビーダーたちの物語を描く。シリーズが次の「バトルビーダマン」に移行したのに合わせ、「B-伝説! バトルビーダマン」にバトンタッチする形で連載終了。掲載期間は約6年に渡り、コロコロに連載されたビーダマン漫画では最長の部類に入る。

この時代の玩具漫画としては過剰な威演出は少な。その代わりにバトル中の心理描写が丁寧に描かれており、見応えのある試合運びを展開する。バトル以外での人間模様の描き方もよく出来ており、ビーダマンを知らない人にも是非読んで欲しい作品。ビーダマン興味のある人は、当時の販売事情を調べながら読むとより楽しめる。

現在では、一部に加筆修正を施したものが電子書籍で購入可


シナリオ序盤のビーダマンについて


作品のバージョン ビーダマンタイプ
コロコロ掲載時
コミックス
ボンバーマン
アニメ オリジナルロボット
電子書籍 オリジナルゆるキャラ

玩具ビーダマンシリーズは、初期はボンバーマンからスタートし、途中からオリジナルロボットデザインのものになった。漫画でもシナリオ序盤は登場人物の全員ボンバーマンを使用し、途中からロボットデザインに変わっていった。
アニメ化に際してはボンバーマンビーダマンが登場せず、代わりに同等機ロボットオリジナルビーダマンが登場した。たぶん版権の都合。
電子書籍化に際しても、元の原稿でボンバーマンが登場したシーンはすべてオリジナルデザインに差し代わっている。電子書籍版の序盤ビーダマンアニメデザインとも異なるデザインである。これは掲載時に読者が体験したであろう、丸っこいキャラから急にかっこよくなったビーダマン進化の衝撃を意識したのが理由のようである。


ストーリー


ビーダマンバトルが大好きな小学生・戸坂玉悟が、バトルを通じて他のビーダーたちと友情を深めていく物語


登場人物



アニメ版



概要


1999年に放映。原作の1話から全日本ビーダー選手権までの内容をアニメ化

おはスタの1コーナーとして、1話分を金曜日毎日5分かけて放映していた。
それだけでも複雑だが、さらに2週間ごとに交代で同じ時間に「超速スピナー」が放映されていた。
ちゃんと観るためには欠かさず2週間早起きして視聴し、次の2週間はく観たい欲を抑えながら待つ必要があった。しかも続き物で、連続して観ないと着いていけないストーリーだった。当時の子供たちの中で、果たして何人がきちんと見ていただろう…?


スタッフ


原作:今賀俊
監督日下直義
シリーズ構成富田
キャラクターデザイン池上太郎
音楽渡部チェル


放送局・配信サイト&放送開始日時


放送局 放送期間 放送時間 備考
テレビ東京系列 1999年1月4日
1999年10月1日
金曜日
06:45~07:30のうちの
どこかで5分間
全20話。
2週ごとに「超速スピナー」と
交代で放映。

関連項目



最終更新日: 19/10/14 13:40
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ