ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


爆笑オンエアバトル


ヨミ: バクショウオンエアバトル
掲示板をミル!
18カキコ!

爆笑オンエアバトルとは、1999年3月から2010年3月にかけてNHK総合深夜帯に放送されたお笑い番組である。

公式略称は「オンバト」だが、「爆オン」と略されることもあった。


概要


お笑い芸人漫才コントを披露し、一般客による審で上位に入ったネタだけがオンエア(放送)されるというコンテスト形式が特徴。会場の観客や審員に面いと判断されなければテレビで放送されないという厳しい内容で、制作側は「史上最もシビアなお笑い番組」自称していた。

1999年の放送開始当時、芸人が毎週、全放送でネタを披露できるという機会はしく、若手の登竜門として多くの芸人がこの番組でネタを披露。2000年代初頭に台頭した芸人たちをブレイクさせる牽引役を担った。

その後、『エンタの神様』『M-1グランプリ』『笑いの金メダル』など民放のネタ見せ番組が始まり、2000年代お笑いブームが到来。番組初期を支えた芸人が徐々に知名度を上げ、ゴールデンの番組に進出していくなか、番組は放送時間の変更や歌番組「熱唱オンエアバトル」の立ち上げなどで徐々に勢いを落としていき、2010年3月放送終了(後継として『オンバト+』が放送開始)。計386回の放送で674組の芸人が出場、うち344組がオンエアを果たした。


審査方法


一般募で選ばれた100人の審員が「この笑いを日本中に届けたいか否か」を基準に投票を行う。1組ずつネタが終了する度に投票タイムに入り、投票する場合は手元に配られたゴルフボールを各自1個ずつレールに投入する。レールを通ったボールは出場芸人の名前が書かれたバケツに集められ、全組のネタが終了後、各バケツの重さをデジタル表示の秤で計量。このバケツの重さは“ロバトル(KB)”という番組独自の単位で表され、多くのボールを集め高いKBを記録した上位の芸人ネタのみがオンエアされる形となる。

オンエアされる条件は、

と時期によって変遷しているが、「10組中5組がオンエア」というのが一般的である。

また、上位へランクインできずオンエアされなかった場合は「オフエア」と呼ばれる。これは番組に出演した田上よしえネタの中で発したもので、いつしか番組公式の用として広まった。

出場するメンバーによってオンエアオフエア界線が大きく変動するのも番組の特徴であり、放送回によっては高得点を記録する芸人オンエア常連の強がひしめく戦区と化す場合もあった。400KB以上の高得点を取ったにもかかわらずオンエアされなかった、というのも少なくなく、スピードワゴンパッション屋良461KB(回によってはトップ通過もありうる好成績)でオフエアとなった例や、TKO270KBで上位に入りオンエアされた例もある。

100全員投票した場合のバケツの重さは545KBとなっており、1999年11月14日の放送でますだおかだが初めて達成し、のちにタイムマシーン3号上々軍団も達成している。また、バケツの重さが500KBをえた場合は「オーバー500」と呼ばれ(9割の審員が投票した計算になる)、「大ウケしたネタ」と判断する一つの標となった。

なお、ボールが1個も入っていない「バケツ自体の重さ」は85KBである。当初は93KBだったが、徐々に89KB→85KBと変わっていった。審員が一人として評価しなかった場合はこれらの数字となる。

このゴルフボールバケツを用いた独自の採点方式は、2002年2003年の『NHK紅白歌合戦』でも用いられた。


チャンピオン大会


番組では年に一度、年間のチャンピオンを決める大会を開催した。初期の大会では開催時期や参加資格に問題点があったが、第3回~第4回以降から大会形式が固まり、王者をす闘いが一年を通して繰り広げられることになった。このチャンピオン大会ではセミファイナルの時点から審員が200人に増加。得点の上限も従来の倍である1090KBまで設定された。大会は番組最終回となる第12回大会まで開催された。詳細はwikipedia[外部]を参照されたい。


評価・影響


上でも述べたように、この番組は若手お笑い芸人登竜門として、数多くの芸人を飛躍させる原動となった。

といった番組形式は、芸人どうしのぎ合いやモチベーション向上をもたらし、番組は新ネタ実験場にもなった。

記念すべき第一回の収録は、多くの事務所関係者が視察するなかで行われ、人力舎から参加したアンジャッシュがまさかの落選(渡部は「余裕かましてました」と述懐している)。この結果を受けた同じ事務所アンタッチャブルが、続けて収録される第二回に向け血相を変えてネタ合わせを始めたというエピソードが残っている。

立川談志は自らチャンピオン大会の特別審員を務めこの番組を絶賛。その他にも明石家さんま萩本欽一渡辺正行、太田光らが番組に対して好意的な態度を示した。しかし一方で、ダウンタウン松本人志チュートリアルは「素人が芸人を評価する」という番組のスタンスに否定的な見解を述べている。


主な出演芸人


この番組でネタを披露した芸人は非常に多い。深夜放送だったため、この番組をきっかけにお茶の間の人気を獲得した芸人はいないが、この番組に出演したのちに別の番組でブレイクした者は数多くいる。例えば、M-1グランプリ』決勝に進出した芸人で出演経験がないのはサンドウィッチマン南海キャンディーズ、変ホ長調スリムクラブだけであるほか、『爆笑レッドシアター』に出演した40組以上の芸人のなかでオンバトに出演した経験がないのはフルーツポンチサンドウィッチマンだけである。逆に、オンエアバトルでの活躍以外はメディアの露出が少ない芸人も少なからずいる。

ここでは、幾つかのカテゴリー分けをしたうえでこの番組に出演した代表的な芸人を列挙していく。番組内での年間チャンピオンや優秀な成績に基づき番組独自の称号を与えられた芸人についてはwikipedia[外部]を参照されたい。

オンエアバトルで活躍した代表的な芸人

活躍したが既に解散・活動休止している芸人

別の番組でブレイクしたがオンエア経験はほとんどなかった芸人


次へ»
最終更新日: 19/05/29 06:10
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ