ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


牙 -KIBA-


ヨミ: キバ
掲示板をミル!
74カキコ!

牙 -KIBA-とは、2006年から2007年にかけて放送された、知る人ぞ知る日曜爽やかアニメである。


概要


製作マッドハウスシリーズ構成には平成仮面ライダーでお染みの井上敏樹を迎え、
トレーディングカードゲーム『牙』とタイアップした宣伝アニメとして放送された。

が、タイアップアニメにも関わらず、本作にカードなどは一切登場しない。
あくまでTCG世界観を描いたアニメである。
しかも、井上敏樹の作が存分に出たスピーディかつ重苦しいストーリーにより、
とてもじゃないが子供向けとは思えない、トンデモアニメに仕上がっている。

「常に予想の斜め上を行く」「新キャラが出た3分後には死んでいる」「メインキャラだろうが誰だろうが容赦なく死ぬ」
声優たちがアフレコのたびに『今日が死ぬんだろう』と話していた(実話)」などなど、
その息をも吐かせぬジェットコースターのようなストーリーは凄まじい。
当時の視聴者からは、敬意をこめて「日曜爽やかアニメ」と称された。

もちろん、単に節操く意味なく殺しまくりのアニメならこんな異名はつかない。
どんな逆にあっても一切の泣き言を言わず必死に立ち向かう主人公・ゼッドを軸にしたストーリーは非常に熱く、
作品自体の完成度もかなり高い。
井上御大の作品にしてはしく、最後も奇麗に、本当の意味で爽やかにまとまっている。
実際、カードの売り上げも大ヒットまでは行かずとも悪くなく、シリーズ延長の打診も来たが、
スタッフは「1年で全てやりきった」ことを理由に断ったという。

また、本作以後に売れた人も含めて地味声優だったりするが、
ストーリーがあまりに濃すぎるせいか、声優方面で言及されることはあまりない。

プリキュアの裏番組だったこと、後番組である『天元突破グレンラガン』の印が濃いことなどから、
ニコニコオタク的には知名度の高い作品ではないが、「知る人ぞ知る作品」として根強い支持を受けている。


世界観


シャード」という超能力を使う「シャードキャスター」と呼ばれる戦士たちが戦いを繰り広げる世界物語舞台
いくつかの異なる世界が並行して存在しており、それぞれの世界シャードによってのみ行き来できる。

シャードの中でも、「スピリットシャード」と呼ばれる精霊を召喚するシャードは特に強で、
特に「キースピリット」と呼ばれる6体のスピリットを集めると大きな災厄がもたらされる。
ゼッドが持つ「アミルガウル」はキースピリットの中でも特に強だが、
ゼッド以外の者が使うと中症状を起こして発狂する困った代物。


主要登場人物


他にも個性的なキャラは数多いが、多かれ少なかれ、みんな最後はとんでもないに合う。


関連動画


タグとしては「牙」「牙-KIBA-」「日曜爽やかアニメ」がに使われている。

牙を代表する爽やかシーン

■sm1772834[ニコ動]


関連商品


■azB000FVX8MG
■azB000JVRTYU
■azB000NA7DTS
■azB001TZ1OKK


関連コミュニティ


牙 -kiba-に関するニコニコミュニティを紹介してください。


関連項目



最終更新日: 15/01/11 22:48
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ