ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


物部


ヨミ: モノノベ
掲示板をミル!
3カキコ!

物部(もののべ、ものべなど)とは、日本の姓、地名である。

職業部の一つで軍事刑罰を大伴氏や久米氏と共にった。「もののべ」の武士を意味する「もののふ」と関連性があると言われている。勢は非常に大きく、各地に物部の居住地があったと伝えられている。

古代族に物部氏があった。首姓の物部氏は春日氏族。孝昭天皇の第1皇子である押人命を遠祖とする。

連姓の物部氏は崇蘇我氏と争った排の氏族として日本史の教科書でもおなじみである。カバネは連、のち八色の姓制定時臣。神武天皇の東征時、大和地方族である長髄が奉じる・饒速日命(ニギハヤヒノミコト)の後裔とする。同じく饒速日命を祖とする同族に穂積氏など。

物部尾輿、その子物部守屋の代から排として蘇我氏と争うようになった。守屋蘇我氏との争いの中で戦死すると物部氏の勢は衰え、中流貴族となった。のち遠祖の志麻遅命(ウママジミコト:饒速日命の息子)をる石上(いそのかみ)宮が所在する大和山辺石上郷(現奈良県)より石上に称した。

物部氏後裔とする氏族に石見川合村(現島根県大田市)の物部神社官であった長田氏・金子氏や、荻生徂の荻生氏が知られる。物部守屋の後裔とする氏族も多く、長門の武、厚東氏が物部守屋後裔を称していた。また、現在守屋」を苗字とするは物部守屋後裔と称することが多い。諏訪大社官長の守矢氏も物部守屋後裔説がある。

現代における苗字としては、岡山県に物部姓がみられる。特に高梁市に多い。


曖昧さ回避



人名


実在の人名

連姓物部氏
首姓物部氏
苗字
その他

架空のキャラクター


地名



関連項目



最終更新日: 19/11/03 11:43
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ