ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


狂オシキ鬼


ヨミ: クルオシキオニ
掲示板をミル!
25カキコ!

狂オシキ鬼とは「スーパーストリートファイターIV AE」に登場する人物(プレイアブルキャラクター)である。英語表記は「Oni英語アナウンスは「クルオシキオニ」である。


概要


アーケードでは2011/4/8から解禁。殺意の波動され続けた結果、人ではないものに変貌してしまった豪鬼。もはや人としての体や感情はほとんど残っておらず、純な戦いへの意識だけで形態を保っている。その前に立った者には、死を尽くして戦うか、諦めて死ぬかの選択肢しか与えられない。

月刊アルカディア2011年6月号では『殺意の波動に目覚めたリュウ』と同様に豪鬼殺意の波動全に侵食された姿、と解釈されている。

登場時には数珠を引きちぎり、数珠が中を舞う。上半身はもろ肌を脱ぎ、羅仁王像を彷彿とする構えを取る。全身からはオーラが放たれている。アレコスでは仁王像がう物とダメージを受けるたびにひび割れていく演出の物が用意されている(元ネタRYU FINAL殺意の波動全に飲まれ、体が崩壊していく豪鬼)。勝利演出は相手のを引っ掴み一言(疾く消えよ、等)。
ネーミングセンスに何処となく既視感を覚えるが別に某RPG大御所スタッフが関わっているワケではない。


性能


片手で放つ波動拳がタメ性に変わっている、事実上のダッシュ、二段ジャンプである中移動技の波動、根元ヒット真・昇龍拳と同じ動作で放つ昇龍拳、おなじみノーゲージ多段飛び道具轟雷波動拳、地上めくり技の羅、強制ダウンを奪える地雷拳など異を放つ技がっているが、いずれも優秀な性で、ノーゲージでも相手の体ゲージを奪えるコンボがあり、攻め手には事欠かない。ゲージを消費した際のダメージ、スタン値はすさまじく、地雷拳から強引に起き攻めにも持ち込める。全体的にゲージ回収率が高いのも魅

反面、波動拳阿修羅閃空削除により、防御面での立ち回りが豪鬼べて大きく弱体化している。溜め可であるものの飛距離が短い波動拳や、セビキャンのできない昇竜拳(弱にいたっては無敵し)など、癖の強い通常技・必殺技が多く、食らい判定の大きさも手伝って一回の攻撃におけるリスクがかなり大きい。体値はVer.2012から1000となったものの気絶値は950とやや少なめ。

スーパーコンボとして「瞬獄殺」、UC1ウルトラコンボ)として実装されている3方向に撃ち分ける波動拳はそれぞれ呼称が異なる。「波動」(めいどうごうはどう)、「滅殺破」、「滅殺」、またUC2として「地双潰掀」(てんちそうかいげん)が実装


Ver.2012調整リスト


その他 950→1000
必殺技 昇龍拳

UC 滅殺
  • 攻撃判定の発生を10F→9Fに、攻撃判定発生1F後まで無敵に。
UC 滅殺
UC 地双潰掀
SC 瞬獄殺
  • 地上版のダメージ350370に。
  • 中版を投げ判定から、中状態の相手にのみ当たるように打撃判定に変更。
必殺技 EX竜巻
  • 全段ヒットしやすいように調整。
必殺技 竜巻
特殊技 雁下打ち(レバー後ろ+中P)
通常技 斜めジャンプ強P
  • 攻撃判定の持続を4F→5Fに。
必殺技 波動
  • 弱、強の攻撃判定を拡大。
必殺技
  • 弱の攻撃判定を根元に追加。
  • 中の飛び道具無敵Fを以前より3F伸ばした。

Ver.2012全キャラ調整リスト[外部]より転載


ゲスト出演


アスラズラース』(2012年2月23日発売)のDLCにてリュウと共にまさかのゲスト出演を果たす。

■sm17866426[ニコ動]

最初にストリートファイターⅣのような演出で戦闘を行った後、豪鬼の第二形態として登場。後半戦は本来のアスラズラースの形式でと戦うことになる。
原作では設定上最強に近いキャラでありながらプレイアブルキャラとしてその性を修正されざるを得なかったが、本作ではボスキャラとして本来のの強さを存分に発揮。本編ではない外伝的な扱いであるものの、であるアスラと互に渡り合うなど、演出・の両面でその異常なまでの強さが協調された。具体的には…

ちなみにSC、UCはQTEとして再現されており、タイミングよくボタンを推すことで跳ね返したりすることが可
瞬獄殺に割り込まれたり、ウルコンを打ち返されるなど、今までの豪鬼にはかったややコミカルにも見える演出が見られる。


関連項目



最終更新日: 19/02/04 23:21
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ