ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


狩猟笛


ヨミ: シュリョウブエ
掲示板をミル!
550カキコ!

狩猟笛とは、ゲームモンスターハンターシリーズに登場する架の武器である。初出はMH2

※ここではMHPシリーズ、中でもMHP2Gベースとしています。
MHFでの狩猟笛や、MHP3での変更点は記事内の当該項目を参照。

概要

狩猟笛
ガンナー

別名:ハンティングホルン。使い手の間では『かりかりぴー』とも呼ばれる(狩猟→かりかり、ぴー
なお、狩猟笛の使い手達の事を『カリピスト』と呼ぶ事もある。

他の武器にはない特徴として「演奏」がある。これは狩猟笛を吹く事で様々な効果を自分や仲間オトモアイルーなどに付与する。分かりやすくいえば、や硬化の強化版のようなものである。

分類はハンマーと同じく打撃武器であるため、尻尾の切断は他のプレイヤーを頼るか、ブーメランを投げるしかない。
しかし相手をめまい状態にしたり、上記の「演奏」があるため、他の武器とべても見劣りなどはしない。

慣れるまでに時間がかかり、攻撃もやはり他の武器とべると少々劣るため、太刀双剣などにべると使い手は少ないのが現状。だがそれゆえに熱狂的なが数多く存在するあたり、ガンランスと似たような遇ではある。

勘違いされては困るが、集団で狩りを行っている時に後ろで演奏しかせず、攻撃する気がハンターの事はカリピストとは呼ばない。彼らは「吹き専」「寄生」などと呼ばれ、カリピストや他のハンターなどからは嫌われる傾向にある。
※なお、戦略上吹く事を重視する場合があるので、すべてそうとは言えない。

ともあれ、通常戦闘に加えて毎に演奏な旋の記憶やサポーターとしての立ち回り、パーティへの旋供給など他の武器にはい技量を要される場面がある。そのため「補助武器なら・・・」という理由でMH初心者に持たせたりするのはオススメしない。むしろMHというゲームをある程度やりこんだ人間にこそ、オススメできる武器である。

狩猟笛の固有システム「演奏」

狩猟笛は演奏を行う事でハンターステータスを一時的に強化出来る。その効果は他のハンターオトモにまで及ぶ。なお一部効果(自分強化や千里眼)は自分にしか効果はい。

狩猟笛を装備してフィールドに出ると、切れ味ゲージが表記される場所の隣に譜面が表示される。この譜面に表示される各種音符を組み合わせる事で旋を生み出し、各種演奏効果を発動させる事が出来る。譜面には音符が4つまで表示され、演奏を中断するとリセット演奏し続ける事で譜面に音符を維持させる事が出来る。

各種には攻撃属性とは別に、固有の音符が三つある。演奏効果を発動させるにはこの三つの音符を駆使し、旋を奏でる必要があるためによっては発動不可能演奏効果も存在する。なお全共通の音符としてがあり、基本的には下位相当、は上位及びG級相当の武器に備わっている(例外もある)。

音符の種類は の7種類(後述するがMHFでは桜色もある)では武器に固定されているため、残り二つの音符は余った5種類の内から選ばれる。もちろん武器に備わっている音符は変更する事は出来ない。

全狩猟笛に共通する旋として及びがあり、これは自分の移動速度を強化する。これを発動させていないと、抜状態での移動速度歩くよりも遅い。しかし発動後は、全武器の中で最高クラスの機動を誇る。
狩猟笛での戦闘中モンスターに大きなスキがければ演奏効果をかけなおす事が出来ないため、最速で吹けるこの旋を駆使して戦う事になる。

また演奏効果は「笛吹名人」のスキルを付ける事で、演奏効果の継続時間をUPさせる効果がある(大体4/3程度)

大まかな旋律の種類

狩猟笛の見た目

狩猟というくらいなのだからの形をしていると思われるかもしれないが、純の形状をしているモノは半分以下である。だが狩猟笛というだけあって、どんな形をしていても全て管楽器である。

大きくわけてこの三つだが、この組みに含まれないモノも存在する。しかしどんな形状をしていてもである。モンスターハンター世界の技術侮りがたし。

MHP3の狩猟笛

今までは演奏動作一つ一つに音符が割り当てられ、その音符を積み重ねる事で演奏するというシステムであった。
しかしMHP3では攻撃動作そのものに音符が割り当てられていて、その音符をえる事で旋完成し、そこで演奏する事で初めて演奏効果が発動するという仕組みになっている。

また今作では上記通りの大幅変に加え、以下の点が新要素として加えられた。

MH4の狩猟笛

新たに、1回の攻撃で2種類の音符を発生させる事が可な「連音攻撃」が追加された。

狩猟笛を始める人へ

「そろそろ普通の武器も飽きてきたし、別の武器でも使おうかなぁ」とか「狩猟笛って武器っぽくないから使うの敬遠してたんだよなぁ」など、この武器を手に取ろうというハンター達にこの武器を使う上で知っておくといい事を適当に。

※基準はMHP2Gなので、MHP3情報は<new!>にて記載。

Q.オススメの防具やスキルは?
A.鼓珠を5個入れて笛吹名人(旋の効果時間が延び、一部効果が強化される)を発動させたら後はお好み。
new!笛吹名人はもちろんの事、今作ではモンスターにスタミナという概念が追加されたため、スタミナ奪取のスキルもオススメ。また狩猟笛の演奏ヘイトモンスターからの狙われやすさ)の上昇が著しいため、隠密のスキルも使えない事もないが、正直な話スキルが意味をなさないくらいに狙われるため、過信は出来ない。

Q.とか覚えてないし、どれを作ったらいいか分からないんだけど
A.旋や音符表はの雑誌に書いてあるので、それを参考に作ってみる。一番最初に作るなら→ボーンホルン→ボーンホルン生が旋も単純かつ容易に作成可。操作に慣れてきたら、切れ味が安定しているソニックビードロー系がオススメ。
new!→最初はユクモ系統が作りやすく、旋も安定しているためオススメである。ある程度進めると作成可になるヒドゥントーンも切れ味と会心がとても優秀であるため、こちらもオススメ。あとドズルヴォンヴァ!
ちなみに今作から装備画面で装備している狩猟笛のページを見ると旋表が見れるようになった。

Q.戦闘中を吹いている暇が・・・
A.3つ以上の音符ゲージが必要な旋は大モンスターとの戦闘中に吹く事はなかなか難しい。パーティ戦であれば仲間に引きつけてもらっている間に吹く。一人のときは素直にエリアチェンジするか、敵が移動したスキに吹こう。どんなに吹く暇がなくとも、移動速度強化だけは効果が切れないようにしておきたい。
new!→攻撃中に音符がったらその場の状況を見て殴り続けるか攻撃を続行するかを考えるといい。今作では攻撃していれば自ずと旋完成しているので、演奏したくなったら敵の攻撃が来ない事を見計らってその場で吹く、または少し離れて吹くか、などを決めるのがいいだろう。なお演奏開始時の攻撃も意外と馬鹿に出来ないダメージである。

Q.なんかハンマーよりめまいにさせにくくない?
A.めまい蓄積値はハンマーより低く、前作の2ndよりさらに蓄積値が下がったため。そのかわり演奏攻撃(演奏を切り替える時に相手に当てる攻撃)のめまい蓄積値が上昇。
new!→今作も通常の攻撃よりも演奏攻撃のほうがめまい蓄積値は高い。しかし追加演奏はぶん回しなどの通常攻撃よりも速度の点で劣っているため、めまい状態にする上でどちらの方が優れているのか、などは気にしない方が難。

Q.演奏攻撃とか当てるの難しい・・・
A.最初は理せず、威嚇・閃光玉などの大きめのスキに演奏開始攻撃→演奏2()のコンボ狙いで行くといい。演奏開始攻撃はダッシュ中に〇+を押す事で武器を取り出すと同時に演奏を始める動作の事(当たり判定有り)  しかし理に狙って攻撃を受けるより、普通に攻撃するというのも正しい戦法。結局は好みの問題。
new!演奏攻撃の点では今作は大幅に強化されたといえる。譜面に旋っているならば相手の頭を狙って演奏攻撃を開始→もう一度演奏攻撃で連続して頭にダメージを与える事が出来る。演奏攻撃のめまい蓄積値は割と高めなので、その場で数回殴るモーションがある追加演奏などは、めまいを狙う場合、特に優秀である。

Q.狩猟笛を使うならとかいらない子
A.そんな事はない。狩猟笛を装備しているとや回復が壊れにくくなるし、この武器を使う上で必須スキルである笛吹名人を併用するとさらに壊れる確率が減る。装備や相手にもよるが、狩場に持っていって損はい。同じ理由でパーティ戦では重宝するだろう。

Q.仲間がいるときの立ち回りはどうすればいいの?
A.相手のモンスターにもよるが、旋一通り吹き終えた後は特定の部位(頭や足など)を狙いに行く事が基本となる。細かい動きは仲間の武器によって違うため、一概にどうとは言えない。ただし演奏攻撃や叩きつけだけは仲間が吹っ飛ぶ可性があるので周囲の状況を見て使用、もしくは使用を自粛するほうがいいだろう。また、同じく攻撃に関しては立ち回りが似ているハンマーとの連携は重要であるため、状況に応じて左右から攻撃又は違う部位にまわるなどした方が得策。
new!→基本的には上記の立ち回りと変わらないが、今回は演奏攻撃の吹き飛ばしが消滅した代わりに、後方追加演奏に吹き飛ばし効果が付与されているため、注意が必要。また追加演奏は必ず左右または後ろに向かって武器を振りまわして移動するため、スーパーアーマーい武器が近くにいると巻き込んでしまう可性もあるため、こちらにも注意。


次へ»
最終更新日: 18/09/07 01:31
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ