ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


獅子座のアイオリア


ヨミ: レオノアイオリア
掲示板をミル!
35カキコ!

獅子座のアイオリアとは、車田正美漫画聖闘士星矢』および同アニメゲームの登場人物。

中の人田中秀幸、頓宮恭子少年時代)、下野紘エピソードG)、井上剛(LoS)、梅原裕一郎セインティア翔ドラマCD)。


概要


名前 獅子座のアイオリア(Leo Aioria
【守護宮】 子宮
【年齢】 20歳(エピソードGでは13歳)
身長/体重】 185cm85kg
【出身地】 ギリシャ
修行地】 聖域
【技】 ライトニングボルト
ライトニングプラズマ
ライトニングファングエピソードGオリジナル
フォトンバーストエピソードGオリジナル
フォトンバーストライトニングボルトエピソードGオリジナル

獅子座を守護星座に持つ黄金聖闘士の一人。

同じく、射手座を守護星座に持つ黄金聖闘士アイオロスの実でもある。

故に双子座のサガによる謀りで、幼少期に二のを失い、また、聖域内では「逆賊の」として扱われるなど相当の辛めている。

闘士としての実と実績を作り上げる事でこれらの汚名をごうと努めていた為、アテナ聖域への忠心も人一倍高い。

多くの闘士が特殊な技やを使う中、アイリアは高速の打撃を使うという闘士としての王道の闘法である。

脳筋は褒め言葉。


≪黄金十二宮編≫


第一話から登場している(しかし、この時点では黄金聖闘士である事は不明である)。闘士になるべく努を続けている星矢をずっと見守っており、日本人である為に差別される星矢を擁護し、教皇にも星矢闘士としての資格を認める発言をするなど、星矢にとって良き理解者となっている。星矢もまた、アイリアを「闘士の鑑」と評している。

そんな星矢を教皇の命で討伐する事になったが、その際に初めてアイオロスがアテナを救った闘士であり、逆賊などではなかった事を知る。戦いの際、シャイナに重傷を負わせるが、それが自分の落ち度であったと、敵に回っても潔さを見せた。その後、教皇を討とうと立ち向かうも、幻魔皇拳を喰らい、星矢への敵として立ちはだかってしまう事となる。カシオスの死により正気を取り戻すも、その死が自分のせいである事を認め、礼の意味を込めて、自らの血で星矢衣の修復を手伝った。


≪ポセイドン編≫


アテナを救うべくポセイドン殿に向かった星矢たちの加勢に行けない事をもどかしがる一面を見せる。飛び出そうとするもムウに止められ、止むく事の末を聖域より見守る事となった。


≪ハーデス編≫


冥王ハーデスの走狗となり、ハーデス軍として聖域に乗り込んできた黄金聖闘士たちと対峙する事となる。

地伏ワームのライミとの対決では、一時的に拘束されるもずくでミミズを引きちぎり、圧倒的なの差を見せつける形での勝利を収めている。この際に、ライミを足蹴にしながら、「ミミズミミズらしく 死ぬのはやはり地中がよかろう」と、聖域の敵になるものに対しては底的に無慈悲になる一面を見せている。

一方で、闘士たちに紛れた、サガシュラカミュの小宇宙を見逃し獅子宮を通してしまうというおっちょこちょいな一面も見せた。

その後、シャカを倒したサガカミュシュラの3人をアイリアは一人で殴り倒すなど、黄金聖闘士としての圧倒的なを見せつける。サガたちがアテナエクスクラメーションを用いて来たため、やむを得ずもムウミロと共に同技で対抗した。この時、OVAオリジナル要素として、アイオロスの敵である山羊座シュラを肩に抱え、シュラアイオロスの事を謝罪しようとする言葉を遮る描写が追加されている。

また、ハーデスへ乗り込む際、ハーデスの結界により1/10しかしか出せない状態で、ワイバーンのラダマンティスと対峙し、敗北。その後コキュートスへと落とされた。この時OVA版でのみ、戦闘の詳細が描写されている。圧倒的なで向かってくるラダマンティスに対し、ムウミロがあっけなく倒されるが、アイリアは幾度も立ち上がる雄姿を見せた。「まだ足りん…サガアテナの流した血とべれば、 何もかもが足りんのだぁーっ!!  !!」は原作にはないオリジナルながら、後世に残る名セリフとなった。

星矢たちが嘆きの壁を破壊する際には、黄金聖闘士との一人としてその命を差し出し協する。この時、魂だけが復活したアイオロスと再会、からの賛美の言葉にを流しながら固い握手を交わした。最後に、星矢に別れを告げ、黄金聖闘士として仲間と共に嘆きの壁へと向かい見事に撃破したが、その体は消滅し衣だけが残される形となった。


≪エピソードG≫


13歳時点のアイリア主人公となっている外伝コミック。逆賊アイオロスのという屈した環境を6年間も過ごした上での思期のせいか、かなり性格的に荒々しくなっている。「神殺し」を持つ者として、大神クロノス率いるティターン族、太古の大神ポントスとの戦いを繰り広げる。 


≪エピソードGアサシン≫


エピソードGに連なる外伝コミックだが、こちらでは山羊座シュラ主人公であるため、アイリアは準主人公的なサポートの立ち位置となっている。敵は聖剣をその身に宿す聖剣所持者(セイクリッドソードホルダー)にして闘士(グラディエーター)。


≪PS3 聖闘士星矢戦記≫


ゲーム内のアイオロス編やタッグプレイにて、兄弟としてのお互いの思いを吐露する部分が多く追加されている。また、他の闘士に対し敬語を使わないアイリア一、アイオロスにだけは敬語を使っている。


≪聖闘士星矢 -黄金魂 soul of gold-≫


外伝コミックスエピソードG」に引き続き、主人公に抜。時間軸として冥王ハーデス編の嘆きの壁の破壊から星矢たちがエリシオンに向かっている頃。他の11人と共に消滅したはずの彼ら黄金聖闘士アスガルドにて復活し、アスガルド闘士(ゴッドウォーリア)との死闘、そして大いなる存在と対峙することになる。

嘆きの壁破壊以降の展開のため性格による衝突はあるものの、概ね他の黄金聖闘士との仲は良好である。


関連動画



■sm831849[ニコ動]

■sm16158124[ニコ動]
■sm17549549[ニコ動]
■sm19552545[ニコ動]
 


関連商品


■azB0058LT7SM
■azB00DOQWPSW
■azB00AHRZF92
■azB008HLGP80


関連項目



最終更新日: 20/04/16 19:05
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ