ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


王座戦(将棋)


ヨミ: オウザセン
掲示板をミル!
1カキコ!

王座戦(将棋)とは、将棋の八大タイトル戦の一つ。1953年に優勝棋戦として創設されたのち、30年後の1983年タイトル戦となった。ちなみに囲碁王座戦も同じ日本経済新聞催で1953年の創設である。タイトルとしての序列は第5位。

現在(第66期)の保持者は斎藤慎太郎


概要


一次二次予選と挑戦者決定トーナメント、そして王座戦五番勝負で構成され、挑戦者決定までの対局形式は全てトーナメント戦。

一次予選では女流棋士が四つ設けられている。これまでの女流棋士の最高到達地点は"番長"こと香川愛生の一次予選二回戦突破。三回戦で敗れたものの、一回戦では村山聖糸谷哲郎の師"西の名門"森信雄七段を、二回戦では過去二回のタイトル経験者"名誉前王座"福崎文吾九段をそれぞれ破っている。

王座戦の発案者は加藤治郎で、名付け親は花村元司らしい。


名誉王座


王座位を連続五期または通算十期獲得した棋士には『名誉王座』の資格を得る。八大タイトル戦で一『永世』ではないので注意。
永世称号としてはしく引退前でも60歳になれば名乗ることができる。

現在のところ名誉王座中原誠のみ。中原タイトル戦となってからの王座戦では四期と二期の通算六期であるが、その前の棋戦としての王座戦での優勝十回という素晴らしい成績を加えての名誉王座授与である。
名誉王座資格を有する現役棋士羽生善治のみ。

羽生

現在一の現役名誉王座資格者である羽生善治は、1992年の第40期において福崎文吾から王座位を奪取した後、なんと2011年の第59期まで、連続19期の防衛に成功するというとんでもない記録を打ち立てている。
連続20期が掛かったこの年に渡辺明によって奪取されるものの、翌年に再び登場して渡辺を破り復活。現在通算24期在位しており、47歳の羽生人生の半分以上を王座として過ごしていることになる。

福崎

上述したように1992年王座位を羽生に奪われた福崎文吾であるが、その後19年にって羽生王座位を維持し、また福崎自身も他のタイトルを獲得できなかったため、ジョークとして名誉前王座という称号で呼ばれることがあった。本人も笑い話としてこの称号を使っていたとか。
現在はもう「前王座」ではなくなったが、永世称号ということもあってか(?)今でもたまにネタとして言う人がいるそうな。

なお、実際に「前王座」を称号として名乗ることはできない模様。「前竜王」「前名人」は称号として名乗ることができた[1]が、これも本人のタイトル獲得や新竜王・新名人の翌年以降の防衛に関わらず、失冠後1年間だけしか名乗ることができない。


関連項目


八大タイトル
竜王戦名人戦 - 叡王戦 - 王位戦王座戦 - 棋王戦 - 王将戦棋聖戦

[1]辞退して通常の九段ないし八段を名乗ることも可。しかし「前竜王」「前名人」を名乗った棋士1995年佐藤康光(前竜王)以降おらず、高橋道雄によると既に止されているとか。


最終更新日: 18/10/31 00:02
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ