ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


王莽


ヨミ: オウモウ
掲示板をミル!
38カキコ!

王莽(紀元前45年~紀元23年)とは、古代中国政治家である。
漢王朝から譲を受けて「新」王皇帝となったことで知られる。


外戚から皇帝へ


字は巨君。県(河北)の人。

伯母(王政君)が漢王朝第11代皇帝、元皇后になったため一族は外戚として権勢を極めた。しかし王莽のの王曼との王永が死にしたためか、王莽は列侯に取り立てられることもなく、は貧しかったという。

王莽は儒教教育を受け、儒者のように身を慎みに仕え、の子を実の子以上に可がった。また様々な人物と交わり、権勢を極めていた兄弟親族にも恭しく接していた。

紀元前22年、伯父の王が死の床につくと王莽はこれを看病する。王は死に臨んで王莽の事を成(元と王政君君の子)に託し、王莽はこれから出世街道を登ることとなった。紀元前16年に新都侯となる(新都は河南南陽新野県内)。また紀元前8年には親戚(伯母の子)でライバルだった長を失脚させ、大司馬防長官)に就任する。

死後、王氏を嫌った哀(成の甥)によって一時政治の表舞台から遠ざけられるが、多くの復帰嘆願のによって再び表舞台に返り咲いた。哀世すると従弟を擁立し、王莽は自分のをこれの皇后とする。

王莽に反対するも少なくなく、権を握る過程で王莽は実の男子2人をそれぞれ自殺に追い込んでいる。また王莽は全各地から自身を支持する嘆願や瑞兆の報告などを行わせることで世論の支持があるように見せかけ、讖緯とよばれる予言説を儒教に取り組み己の譲への正当化した。
紀元5年、14歳で崩じると(王莽による殺説もある)、翌年遠縁のという3歳児皇太子とし、王莽は「宰衡」「安」「摂皇帝」「仮皇帝」と称号を進めて自分の即位への準備を進める。

翟義や皇族の信の反乱を鎮圧し反対勢を軒並み潰した王莽は、ついに紀元8年自ら皇帝に即位、自分の封地から号を「新」とした。


理想の儒教国家


漢王朝政治は決して上手くいっていたわけでなく、深刻な財政難に悩まされ、貧富の差が拡大するなど多くの矛盾を抱えていた。

新王皇帝となった王莽は、政権を握った頃から友人の経学者歆などの助けを借りて儒教に基づいた政策を行っていた。これらの政策を行うにあたり王莽は古代の周王の制度を記したとされる『周礼』を拠り所にしたが、実のところ王莽は儒教の名を借りて、皆が明るく平和に暮らせるぼくのかんがえたせいじしすてむ理想国家を描き出そうとしていたのである。政策の根拠にされた周礼自体が、実は歆の捏造ではないかと言われている所以である。

王莽の政策はに次があげられる。

結局は王莽は理想的な政策を性急に行ったことで多くの反発を呼び起こした。運が悪いことに治世中は度々変地異が多発、失政もあいまって内は疲弊、多くの流民を生み出し、これが新王の命取りとなる。


赤眉・緑林の乱


紀元17年に山東で発生した「呂の乱」は至って小さい規模の出来事だった。しかし一度集まった反乱軍は次々と流民を吸収し軍という一大勢となる。
また、にある山に拠った群盗らが軍となり、その一部が南陽族で旧皇族だった氏と結びついた。のちに漢王朝を再する劉秀もその一人であった。劉秀らは旧皇族玄を更始として擁立する。

王莽は反乱軍に対し討伐軍を送ったが各地で敗れ、南陽にある昆陽というを包囲した時は劉秀が寡兵で100万を号した政府軍を一敗地に塗れさせる(昆陽の戦い)。紀元236月、この戦いで新王の権威は地に落ち、各地で群雄が起した。

友人だった歆にすら離反され、10月3日、王莽は常安に乱入してきた更始の軍兵に殺される。享年68。彼の遺体は功を争う兵士らによってバラバラにされ、された首は殴られたり舌を切り取って食べられたりしたという。

更始の政権も長続きせず、動乱を鎮め中国を再統一した劉秀光武帝として漢王朝の再に成功する。
この後漢前漢以上に儒教を重視した統治を行い、王莽が創出した制度のいくつか(儀式学校制度など)は後の世に引き継がれた。王莽がした儒教に基づく国家統治の夢は別の意味で実現したといえる。


エピソード



嘉量銘


始皇帝下を統一すると各でまちまちだった度量衡を統一するために、度量衡の標準器を作成した。これを「権量」という。
時は流れて、王莽が新を建すると度量衡を訂し、その標準機を作成した。これを「嘉量」という。この嘉量は複数の枡を組み合わせて容積を量るものであったが、同時に長さや重さも量れるという非常に優秀なもので、流転を経て現在台湾台湾の故旧博物院で保存されている。もっとも、王莽というよりは制作者の歆の手柄というべきなのだが。ここまではいい話であるが、それだけは終わらないのが王莽たるゆえんである。
嘉量には明文が刻まれていた。これを「嘉量銘」といい現在にも残る新代の重な筆跡なのだが、これが非常に王莽らしい内容だったのである。

が始祖にして、その徳は虞(五の最後のであるの別名)に集まり、虞はが先祖にして、その徳も(また転々として同じ土徳である)新にめぐって来た。の年(初始元年)、木星は大梁の方角に至り、東方七宿(東にあって青龍を構成する7つの)の々が方角に集まって、下は安定した。ここに命によって民を安堵せしめ、(火徳の前漢より生ずる)土徳によって(前漢に代わりその命を)受けて号を位に就いた。そして(初始元年12月)を年始と定め、長寿崇である。度量衡の基準を統一し、精密に考えた上で前人の制度に合わせた。東方七宿が己方角に集まり、木星が実沈の方角に至った己の年(始建元年)に至って、初めて下に布した。みな末永く守り実行し、子や孫の代まで受け継いで、億年の先までも長く伝えよ。

wikipedia(嘉量銘)より引用


 次に権量に書かれた「権量銘」と較してみよう。
始皇帝の)二十六年、皇帝はことごとく下を統一し、諸侯や人民は大いに安らかとなった。(ここに)王号を立てて「皇帝」と称した。そこで丞相の隗状(かいじょう)と王綰(おうわん)に詔し、度量衡の制度が統一されず疑わしいものは、みなこれを明らかにして統一させた。

wikipedia(権量銘・廿六年詔権量銘)より引用


 権量銘と較すると仰々しいのが一瞭然である。「権量銘」と「嘉量銘」の的は単純に「権量」と「嘉量」の明文なので、製造年日と製造由来を書けば充分である。嘉量銘はあまりにも駄が多すぎる。(権量銘には二世皇帝が作成したバージョンがあるが、原文には始皇帝の名がないため、度量衡統一を二世皇帝が行ったという勘違いを防ぐための但し書きが追記されている程度)
 特に難解なのが、初始元年と書けばいいのに文の話。しかも、十二支以前のれた表現を用いて回りくどく書いているところである。こういったところに王莽の個性や性格やらが反映されているといっても過言ではないだろう。だから失敗するんだよ。

 ところで簡潔に書けるところ、駄に知識をひけらかし、難解で回りくどく書いた結果、何を言っているのか理解できない
 ………どこかで見覚えないだろうか。



 そう。アイドルマスターシンデレラガールズ神崎蘭子を彷彿とさせるような芸!!
 い話、王莽は厨二病に感染していたように思えてならないのである。


関連動画



■sm3184354[ニコ動]

■sm13474518[ニコ動]
■sm14822808[ニコ動]

王莽に関するニコニコ動画動画を紹介してください。


関連商品


■az4062738228
■az4891746351
■az4469232696
■az7800603806


関連項目



最終更新日: 18/05/03 12:09
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ