ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


王貞治


ヨミ: オウサダハル
掲示板をミル!
130カキコ!
プロ野球選手一覧 > 王貞治

王貞治(おう さだはる、1940年5月20日-)とは、東京都出身の元プロ野球選手一塁手)、監督である。
読売ジャイアンツ最大の黄金期V9時代の軸打者として活躍し、通算本塁打世界記録を立、「世界の王」と呼ばれている。監督としても巨人福岡ダイエーホークス福岡ソフトバンクホークスで併せて4度のリーグ優勝へと導き、またワールド・ベースボール・クラシックの初代優勝監督でもある。

国民栄誉賞受賞。文化功労者。野球殿堂入り


概要


OB
王貞治
基本情報
中華民国台湾
出身地 東京都墨田区
生年 1940年5月20日
身長
体重
177cm
79kg
選手情報
投球・打撃 左投左打
守備位置 一塁手
プロ入り 1959年
引退 1980年
経歴
選手歴 監督コーチ
プロ野球選手テンプレート

1957年早稲田実業エースとして第29回選抜高等学校野球大会春の甲子園)で優勝。同年、2年生で出場した夏の甲子園では、2回戦で延長11回を投しノーヒットノーランを達成した。

1959年読売ジャイアンツ投手として入団、一塁手にコンバート。背番号1(ジャイアンツ永久欠番)。プロ入り後すぐに打者に転向したものの、入団後しばらくは芽が出ずにいた。

1962年荒川博が巨人の打撃コーチとして就任。王は荒川導の下彼の代名詞となる「一本足打法」を完成させ、38本塁打85打点の成績で本塁打王打点王の二冠を獲得し、才を開させ、この年以降3番・ファーストとして定着。
1964年シーズンには、NPBシーズン記録55本塁打(当時)を放つ(その前の記録は前年に野村克也が放った52本塁打)。長嶋茂雄とのクリーンナップはONと呼ばれ人気共に他球団の脅威となり、広島カープが編み出した「王シフト」が王の脅威を物語る最たる例となっている。
長打だけでなく確実性にも定評があり、幾度となく三冠王を狙い続けながら阻まれてきたが、1973年に悲願ともいえる三冠王を獲得。1974年にも2年連続の三冠王を獲得した。なお、この年は三冠王のほか、非公式ながらも.532というNPB史上最高出塁率を記録している。
1975年はケガや長嶋引退したことで集中的にマークされて低調な成績に終わってしまい、本塁打王田淵幸一に明け渡した。しかし、この時まで王はセ・リーグ本塁打王を実に13年連続で守り続けた。

そして、同時期より王の本塁打記録が注され始める。翌1976年49本で本塁打王に返り咲き、またベーブ・ルースの714本を抜く716本まで伸ばす。
1977年先こそ不調にあえぐもシーズンが進むにつれて調子を上げると、8月31日ヤクルト戦、鈴木康二朗のシンカーライトスタンドに運び、ハンクアーロンの持つ755本の記録を塗り替える756本塁打を放った。ただ、アメリカではメジャー球場べて後楽園球場が狭いことや、当時の日本プロ野球投手レベルの差などもありあくまで「日本本塁打王」と扱われることが多い。しかし、アーロンをはじめ王を尊敬するメジャーリーガーも少なからずいることも事実である。
この年は50本で本塁打王を獲得するも、これが最後の本塁打王タイトルとなる。

1978年以降は成績を落とし、1980年に規定到達者中最下位の.23630本という「王らしくない」成績を残し、翌年からの藤田元司政権での助監督就任要請を受ける形で現役引退
現役22年間で通算868本塁打世界一)、通算2,786安打NPB歴代3位)、セリーグMVP9回、セリーグ本塁打王15回(うち13回は連続)、セリーグ三冠王2度獲得。チームとしてもV9を含む11度の日本一、14度のリーグ優勝に貢献。

1984年から1988年読売ジャイアンツ監督を務め、1987年リーグ優勝を果たすも日本シリーズでは黄金期西武の前に敗れる。
なお、王は背番号1を巨人に選手・助監督監督として在籍した30年間にわたり一度の変更もなくつけ続け、これは2014年山本昌(中日の「34」)が更新するまで日本プロ野球記録だった。

その後は解説者を務め、1994年には野球殿堂入りを果たしている。1995年福岡ダイエーホークス(→福岡ソフトバンクホークス)監督監督に就任。
王が監督に就任した当時のダイエーはBクラスに長年沈み続ける弱小チームであり、特にひどく低迷した1996年には敗戦後球場から出る移動バス生卵が投げつけられる、所謂生卵事件が起こるほどであった。
しかし、翌1997年以降チームは次第に上向いていき、1999年9月25日ダイエーは26年ぶりのリーグ制覇を果たし、日本シリーズでも中日ドラゴンズが有利との下評を覆して日本一いた。
これ以降チーム常勝軍団へと生まれ変わり、翌2000年には2連覇。この年のセ・リーグはONコンビとして王とともに名をはせた長嶋茂雄率いる巨人との「ON決戦」となったが、2勝4敗で巨人に敗れた。2003年には「ダイハード打線」と呼ばれる打線で他チームを圧倒し3度の優勝、日本シリーズでも阪神タイガースを破り4年ぶりの日本一く。
2004年プレーオフ制度導入後は所謂「秋の風物詩」に散々泣かされ、特に2004年2005年勝率1位ながらもリーグ優勝を逃してしまっている。
2006年日本代表監督として、WBC初代優勝。名実共に「世界の王」となり、日本プロスポーツ大賞を受賞。そして2008年などの体的な問題やこの年チーム9月に入り大失速して最下位に沈んだことなどもあり勇退。引退後は福岡ソフトバンクホークスの球団会長となり、実質的なGMとして編成面でチームを支えている。

2010年には福岡Yahoo!JAPANドームベースボールミュージアムが開館された他、文化功労賞に選出された。

国民栄誉賞の初受賞者でもある(1977年37歳で受賞)。

王の持つシーズン本塁打記録はその後、2001年タフィ・ローズ近鉄)、2003年アレックス・カブレラ西武)がタイ記録を達成するものの長らく新記録は生まれなかったが、2013年9月15日ウラディミール・バレンティンヤクルト)が新記録となる56号を放ち、実に49年ぶりに記録が更新された。

通算本塁打・得点・打点四球・故意四球など多くのNPB記録を有する大打者であるが、同時に一塁手としての守備にも定評があった。
ダイヤモンドクラブ賞(現在ゴールデンラブ賞)が制定されてから引退するまでの9年間連続で同賞を受賞したほか、一塁手としてのシーズン守備機会連続失策(991守備機会)等のセリーグ記録も達成している。


通算成績


選手通算

NPB歴代1位

通算:22 試合 打席 打数 得点 安打 本塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 打率 出塁率
NPB 2831 11866 9250 1967 2786 868 2170 84 12 100 2390 114 1319 .301 .446

監督通算

通算:19年 試合 勝利 敗戦 引分 勝率
NPB 2507 1315※ 1118 74 .540 Aクラス15回、Bクラス4回

※歴代8位


関連動画



■sm19709951[ニコ動]

■nm4724630[ニコ動]
■sm8658170[ニコ動]
■sm4674318[ニコ動]


関連商品


■azB000RO52IY
■azB0011Y7WGE
■azB001GGWE0G
■az4812429803


関連項目



最終更新日: 19/02/23 23:02
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ