ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


瑞雲(航空機)


ヨミ: ズイウンコウクウキ
掲示板をミル!
62カキコ!

瑞雲(航空機)とは、日本海軍航空機である。 開発記号E16A、米軍でのコードネームは「Paul」 総生産数は約220
瑞雲という言葉の意味は吉兆の時に見られる紫色や五色のしいの意。


概要


愛知航空機が生産した日本海軍水上偵察機(一応)である。制式名称こそ偵察機となっているものの、実態としては偵察機というよりは戦闘爆撃機として計画されていた。このことに付いては後に記す。

軍の要示として最大速度463km/h以上、最大航続2,500km以上、格闘性良好で急降下爆撃が可という軍の無茶ぶりに基づいて十四試二座水上偵察機(後に十六試二座水上偵察機称)を開発、1942年3月に試作1号機を完成し性試験の結果同年11月に内定、その翌年の19438月に瑞雲一一として制式採用される。

速度面を中心とした高性を実現するため、胴体やはスリム化し、最高速度は448km/h
水上機としては世界初のフロート支柱部分に急降下爆撃用のダイブブレーキを備えていた。支柱のダイブブレーキが左右に開く形で展開される。これにより25爆弾(250kg)を担いで急降下爆撃が可となった。
また格闘性においてもには戦フラップを装備、これに至っては水上爆撃機どころか急降下爆撃にすら異例の装備となる。内装20mm機2門、13mm後方機1門を搭載。

当初の予定とされていた機動部隊の艦爆を補填するという的は実用化に手間取った間に空母機動部隊の壊滅によって実現の機会を失った。

航空戦艦母艦として運用する変則的水上機・艦上機部隊として整備された第六三四航空隊に配備、伊勢日向に搭載して訓練を積んでいた。しかし実戦投入前にフィリピン方面に転出したため、航空戦艦搭載機としての実戦参加できていない。だが、六三四はその後フィリピン沖縄方面で偵察・夜襲・襲撃任務などに従事し、大戦末期の劣勢の中で特攻によらない通常攻撃で一定の戦果を挙げた。

ほとんどの生産金星54搭載の一一だが、エンジン金星62に換装した一二が試作されている。


構想


日本海軍が実用化した「艦隊用水上偵察機」は二つのタイプが合った。一つは操縦士・電信員・航法員の三名が乗組み、長距離進出して「敵艦隊の捜索・触接、夜戦誘導に当たる三座偵」と、長距離進出を考えず「戦艦の弾着観測や爆撃、場合によっては戦にも使う、二人乗りで機動性抜群の二座偵」である。昭和五年~十年頃は偵の細分化された役割にそれぞれ特化した機種を作るほうが有利ではないかとして三座偵から間偵察専用機が、二座偵から弾着観測専用機が作られたものの、十二年頃にはまた二座偵、三座偵それぞれ統合機種が要望されたようである。

日本海軍日清戦争戦、日露戦争日本海戦で「格上相手の勝」を経験しており、米国/艦隊が次なる脅威となっても決戦による勝利を追いめ続けていた。それを具体化した計画が「漸減邀撃作戦」である。

軍縮条約で八八艦隊計画は断念されて艦船数で対不利、それも戦の帰趨を決める戦艦数で劣るのをどうリカバリーすべきか。どうやって「せめて戦艦数で対等、なおかつ味方が制権を握り、弾着観測機を一方的に飛ばせる状況下の戦艦決戦を実現させるか」を模索することになる。

日本海軍が出した答えは、「航空で制権を握って敵艦隊のを塞ぎ」「第二艦隊(重巡/戦隊)の夜襲撃で敵戦艦を減らし」「制権下で戦艦等(第一艦隊)決戦を行う、残存もこれに加勢する」というものである。折しもアメリカ急降下爆撃デモンストレーションがさかんに行われていた。

  1. 空母の数と搭載機数という形で差があった為、戦闘機同士の戦で長に制権を争うのは最初からシナリオになかった。そんなの負け確定だからである。敵空母に先制で急降下爆撃をしかけて甲を壊し、一方的に殺らなければ勝機がない。その為には急降下爆撃機が鍵で「敵の迎撃網を化できるほどの飽和数量」が欲しい。っていうか現状は艦爆不足気味ですらある。
  2. 先制を実現するためにはいかにく敵艦隊を見つけるかも大事だが、水上機の回収には静面を作る手間がかかるし、時化れば回収不能で再出撃できなくなる。回収中は潜水艦にも襲にもになる。敵艦隊を探すとするには偵は「まったく向いていない」。艦隊のは艦攻が行うべきであって、水上機は打撃に振り向けるべきである。

こうして三座偵で偵察とかオワコン、二座偵に艦爆の補填させるべという判断を下し、九九式艦爆と同等の性を持つ水上急降下爆撃機、十二試二座偵を愛知中島に作らせたがどっちも安定性不良で失敗に終わった。その後継機プラン観後継案も相乗りして汎用二座偵、瑞雲が生まれることになる。


艦これにおける瑞雲


艦これにおいて図鑑表記は水上爆撃機として分類されている。実際にゲーム内においても爆撃もするし戦にも参加するし、偵察機としてはまた違った運用方法になるものの確かに水上偵察機爆撃機の統合した急降下爆撃な機体であり、水上偵察機の発展として取り扱われている。

瑞雲も六三四所属の瑞雲や瑞雲一二、一二六三四所属といった六三四に縁のある装備が見られる。


関連商品


■azB0018E13YY
 ■azB004DAAGNY


関連項目



最終更新日: 17/06/29 13:53
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ