ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


産経新聞


ヨミ: サンケイシンブン
掲示板をミル!
2000カキコ!
ほんわかレス推奨 ほんわかレス推奨です!
この掲示板では、しばしばしい論争が起きています。
コメントを書くときはスレをよく読みほんわかレスに努めてください。

産経新聞』とは、日本の新聞である。
漫画ひなちゃんの日常』と「酒巻俊介写真」が掲載されている。後者はいろんな意味で有名。

朝日新聞初代文通相手だが、最近は返事が来ないことが多い。

フジテレビ等と同じフジサンケイグループの一、産業経済新聞社が発行。1部100円(税込み)。月極2950円(税込)
東京本社版は刊のみで夕刊はない(大阪本社版はある)。
ちなみに夕刊タブロイド夕刊フジ」も産経新聞が発行、発刊している。 

昭和17年(1942年)11月1日創刊。前身の日本工業新聞は昭和8年(1933年)6月20日創刊。
昭和44年1969年)から昭和63年1988年)までは『サンケイ新聞』という題号だった。

ひなちゃん~』のほかにも経済情報や、保守を自認する社らしく軍事系(日安保・自衛隊関連)の特集も多く組まれる。韓国慰安婦問題に対しても非常に積極的に取り組んでいる。右の産経、左の朝日と言われることも少なくない。

が、軍事情報めは「自衛隊90式戦車開発」をすっぱ抜いた『しんぶん赤旗』(共産党機関)の方が(情報まとめから導き出される共産党らしい結論はともかく)上だという一説も。右より左の方が軍備に詳しいってのはある意味正しい在り方かもしれない。


概要


上記の通り、ときおり社説で朝日新聞とやる文通が人気2003~6年ごろの「保守ブログブーム」においても人気題材となった。

また『戦後史開封』などの長期取材による連載も、質の高さから好評を博し書籍化された。

論調

どちらかといえば左的な日本の新聞業界にあって、「日本日本人の誇り」「日本国の伝統」(その方向性が正しいかどうかは別にして)を大切にする、いわゆる「右スタンス」を取っており、旗日には上に小さく日章旗が飾られる。

かつてのTVCMキャッチコピーは「新聞は皆同じではありません」「モノをいう新聞です」「群れない、逃げない。」このように他社とのスタンスの違いを鮮明にしていた。

実際に北朝鮮による拉致問題をいちく取り上げてきた実績のほか、MSNへのニュース提供ニコニコ動画への進出、面が丸ごと読めるiPhone/Androidアプリの配信など、インターネットとの融和にもとりあえずは積極的なようではある。7インチ以下のデバイススマートフォンなど)に対しては無料で全記事を提供しているが、それ以上のサイズデバイスでの購読は有料。それでも面がそのままデバイス上で閲覧できる新聞は、今のところしい。タブレットで読む際でも1500円、PCで読むならば300円〜400円と、それなりに安い。 

 

東西冷戦時代より「親米保守路線」「反共・反社会主義」のスタンスをとっており、とくに「反赤色」のため、西側営と東側の対立最前線にあった蒋介石蒋経国政権の台湾や、朴正煕(パク・チャンヒ)政権の韓国(いずれも民主化以前)を支持した。
また、中華人民共和国大陸中国)を「北京政府)」、朝鮮民主主義人民共和国冷戦当時から「北朝鮮」と呼称していた。

においても、北朝鮮導者の金正日キム・ジョンイル)が、第一次小泉の際、日本人拉致を「北朝鮮政府の関与によるもの」と公式に認めてから両併記をやめ、「北朝鮮」という表記のみになったが、冷戦時代、あるいはネット登場以前の日本の言論環境では異例の事であり、実際に在日北朝鮮籍の団体である朝鮮総連と摩擦を起こしている。

もちろんそういった路線も璧に成功しているとは言いがたく、「戦後レジームからの脱却」を掲げた安倍政権を他と同様に引き摺り下ろす行動に出たり、麻生首相(当時)に対して「『弥栄』を『いやさかえ』と誤読した」と瑣末な事で騒ぎたて、「いやさか」でなく「いやさかえ」でも正解であるという摘があってもしらを切りとおすなど、他社と似たようなことをして所謂ネトウヨネトサポから批判されたこともある。

保守の勢が強いネット上では他より相対的に人気が高く、ニュース速報+板などでは積極的にニュースソースとして活用されていた。また朝日新聞毎日新聞捏造記事を厳しく批判してきたネットユーザーが、産経新聞の捏造記事(たとえば「人体の不思議展インタビュー捏造事件」など)は批判しないという場合もある。

部数

読売新聞朝日新聞毎日新聞(三大)、それに経済記事を専門とした日本経済新聞日経新聞)と並ぶ、日本を代表する全であり、これらと合わせて「五大紙」と呼ばれることもある。
なお「四大」と考えた場合、日経を含めるのか産経を含めるのかは意見がやや分かれるところであるが、Google検索すると「五大紙」にサジェストされること、五大紙の認識にさほどのズレがないことを考えると、「四大」という呼称は較的マイナーであるという認識で間違いはないだろう。
まぁとにかく、産経は五大紙の一です。 

他社と較すると発行部数は劣るが、2014年3月から4月にかけて発行部数は8万5千部増えたとか。やや元気。
一時期、新聞の発行部数を問題とする際に外せない「押し問題」の中核となっていた。この辺りは情報が錯綜している(押し問題を報じた週刊新潮が、結果的には敗訴している)ので、各々で「産経新聞 押し」でググってください。一応、「産経新聞の押しの割合は高かった」「産経新聞が全で最も最初に押しを全撤した」という情報検索すれば見つけられます。


なお、朝日新聞は件の事件以降物凄く下がっているとのこと。産経新聞がとして朝日読売と並ぶ存在感を発揮する日も近い……のだろうか。詳しい部数の動きに付いては外部リンクを参照してください。

そもそも、現在では「スマートフォンにて無料で全ての媒体での記事が読める」という他の新聞には決してない特徴を持っているので、純に部数で較できる時代も終焉に近づきつつあるのかもしれないということは補足しておかねばならない。


文化・エンターテインメント


サンスポFunという週刊タブロイド新聞を発行していた。2011年4月から2014年2月まで発行していたサンケイスポーツ系の新聞。大韓民国やそれに関連する芸情報専門の週刊タブロイド新聞である。

毎週水曜発行。韓国俳優ポップ歌手などのインタビューや、韓国の芸・文化最新情報韓国に関連する人物・韓流ファンなどの著名人コラムが多数掲載されている。な執筆者に草彅剛増田みのり(ニッポン放送)、フジテレビジョン女性アナウンサー(5人持ち回り)、杉本なつみ(関西テレビ放送)など。

2012年5月29日よりメールマガジンの配信を開始した。

発行部数は、創刊時は10万部で、2012年1月時点では15万部にまで増加した。その後、2014年2月26日発行の第140号(3月5日号)をもって休刊した。

その後産経新聞社はサンスポ底取材企画として「パチンコサンスポトクダネ」というキャッチコピーを掲げ、サンスポトクダネ!取材班がパチンコスロットホールに取材する企画が行われている。 パチ・スロニュース-SANSPO.COM[外部]

取材先はマルハン、PIAフラミンゴZAPを始めとする多くの企業が対となっていて2016年5月25日から現在まで企画が続いている。サンスポ取材徹底企画-レポート[外部]


関連商品


産経新聞の本。新聞そのものは売店、またはスマートフォンで。
■az4594052347
■az4594048242
■az4093878188
■az4594055338
■az459405966X
■az481911011X
■az4861971047

このほかは市場で。[外部]


関連チャンネル


■ch1180


関連項目



リンク



最終更新日: 17/01/27 22:52
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ