ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


用意周到丸山流


ヨミ: ヨウイシュウトウマルヤマリュウ
掲示板をミル!
11カキコ!

「用意周到丸山流」とは、日本将棋連盟A級順位戦において、軽食の用意でさえ周到な丸山忠久(九段)の棋を、解説の千葉子(女流棋士)が呼称したものである。盤外戦術の準備も万全である所を皮したとも取れる。


概要


A級順位戦 丸山忠久九段 対 藤井猛九段 の対局において、深夜12時を回った中盤の緊迫感溢れる局面、丸山は駒の精算によって有利に進めると、直後、おもむろにコンビニの袋の中を探り始めた。そして、固形の栄養価の高い栄養食(おそらくカロリーメイトチョコレート味)を一つ取り出すと、堂々と食べ始めた。

周囲は依然として緊迫感に包まれている。別室の解説者たちはこの状況に戸惑い始めた。-----何という異質さなのか-----もはや局面の解説はおろそかになり、専ら丸山の食事描写をし始めるようになった。「12時過ぎてから食料補給」 「モグモグしてますねぇ」 「ポーカーフェイスが極まっている」 「用意周到丸山流」 ・・・といった名言が、次々と生まれていった。

4六飛。丸山は王手取りに飛を打ち下ろした。藤井がどう受けてもがタダで手に入り、丸山へ迫る脅威も消える。さらに2八と、を取る手も残されている。局面はが見ても丸山優勢となった。

2個カロリーメイトをたいらげる丸山藤井は持ち時間を使い切り、残り1分の読みに入った。丸山は再びコンビニの袋をガサガサさせると、袋を開け、3個を食べ始めた。ここで、トドメの解説に

  「丸山さんは、栄養補給という場面です」 

 

藤井投了して終局となった。丸山は袋を持ったまま頭を下げ、渋い表情で淡々とペットボトルを飲み始めた。


関連動画



■sm9427555[ニコ動]


関連商品


■azB000JWHTVM
■azB000GE06HW


関連項目



最終更新日: 12/05/20 20:27
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ