ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


田中将大


ヨミ: タナカマサヒロ
掲示板をミル!
589カキコ!

田中将大(たなか まさひろ、1988年11月1日-)とは、兵庫県出身の日本人メジャーリーガー(投手)である。現在ニューヨーク・ヤンキースに所属。

称は「マー」「マー君」「まさお」など。一部のファンには「まーりゃんドルオタピッチマン」と呼ぶ者もいる。
偉大な功績からもはや「君」呼びなど畏れ多いということからネット上では「マーさん」と呼ばれることもしばしば。

連続勝利記録のギネス世界記録を保持。

プロ入り前

ニューヨーク・ヤンキース #19
田中将大
Masahiro Tanaka
基本情報
日本
出身地 兵庫県伊丹市
生年 1988年11月1日
身長
体重
188cm
93kg
選手情報
投球・打撃 右投右打
守備位置 投手
プロ入り 2006年高校生ドラフト1巡
経歴
際大会
代表チーム 日本日本
五輪 2008年
WBC 2009年2013年
メジャーリーガーテンプレート

小学校時代は坂本勇人バッテリーを組んでいた(別に親友とかではなくチームメイトの一人)。
ちなみに当時は、坂本投手田中捕手であった。

北海道駒大苫小牧高校に進学。2年生時事実上の投手として甲子園連覇に大きく貢献。決勝戦で投じた最後の一球が150km/hを計測し、プロから注を浴びる。

3年次はエースとして3連覇に挑み、決勝で早稲田実業斎藤佑樹と延長15回引き分け再試合という熾な投げ合いを演じて甲子園を大いに沸かせた。結局再試合で敗れ3連覇はならず。

ちなみに称の「マー君」は日選抜大会に出場した際に、斎藤からこう呼ばれていたと明かしたのが由来。

斎藤早稲田大学への進学を表明したこともあって、その年のドラフトでは高校生最大の玉として横浜ベイスターズオリックス・バファローズ東北楽天ゴールデンイーグルス北海道日本ハムファイターズから1位名を受け、くじ引きの結果楽天が交渉権を獲得。契約1億、年俸1500万という最高額で契約を交わした。

プロ入り後

同期入団の嶋基宏バッテリーを組むことが多かった。

魔球とも称される縦の高速スライダーは独特の変化を見せ、解説者が球種を間違えることも少なくない。そのため田中ハイライト動画においては、投げた球種について意見するコメントが集中しやすい。

おっさんこと草野大輔と仲が良いらしい。

楽天時代は、駒大苫小牧時代の活躍もあって日本ハムファンにも人気がある。2008年札幌ドームでの日本ハム戦で勝利した際、特別にヒーローインタビューが場内に流され(普通は敵チームヒーローインタビューは流されない)、日本ハムファンからも温かい拍手を浴びた。

2006年甲子園決勝の一件があるためか、何かと斎藤佑樹較対となる。
田中本人も以前は嫌がっていたが、スルースキルを覚えたことにより対処できるようになった。 

経歴

東北楽天ゴールデンイーグルス時代

2007年

投手が手薄なことと、当時の楽天野村克也監督の「マーくんは、実戦でドンドン経験を積ませていった方が、絶対に伸びる」という方針から、高卒ルーキーながら開幕から一軍のローテーション入り。

公式戦初登板では福岡ソフトバンクホークス打線にメッタ打ちにされる(でも打線の援護では消えた)。が、登板4試合ソフトバンク相手に投で初勝利を挙げリベンジを果たすと、その後はソフトバンク全にカモにし、結局この年ソフトバンクから5勝を挙げた。ちなみに「四本柱」と呼ばれるソフトバンクの4投手斉藤和巳杉内俊哉和田毅新垣渚)の全員に投げ勝っている。

一時期、リードを許して降したものの、その後打線が奮起し田中の負けを消してしまうことが多く、野村監督から
マー君 神の子 不思議な子」とまで言われた。

1年ながらオールスターに出場。だが散々打たれて敗戦投手に。

結局高卒ながら11勝(7敗)し、同じく11勝した西武ライオンズ岸孝之を抑え新人王を獲得した。
高卒投手の新人王は松坂大輔西武)以来である。

2008年

北京オリンピック野球日本代表に選出。本大会では3試合7イニングを失点に抑えた。

一方でペナントの勝ちムエンゴが多く惜しくも9勝どまりで、二桁にはあと一歩及ばなかったが、岩隈久志に次ぐローテーションの柱としての地位を確かなものにした。

2009年

WBC日本代表に最年少で選ばれる。先発ではなく中継ぎでの起用が中心だったが役割を果たし、連覇に貢献する。

ナントが開幕すると、いきなり『4試合連続投』+『4連勝』で4月を終え、初のMVPく。
その後連勝記録は7まで伸びたが、8勝を得た後は勝ちが遠のいた。
しかし、9勝を得てからは再び勝ちを積み重ね、8月には二度MVPに選ばれる。

クライマックスシリーズでは第1ステージ、第2ステージともに先発し、勝利を挙げる。
シーズン成績は15勝6敗、防御率2.33。

シーズンオフ契約では1億500万円増の1億8000万円で更

2010年

シーズン開幕前に沢村賞宣言をするも、ムエンゴに悩まされる。神の子とは何だったのか。
更に6月には大腿の離れ、 8月末には右大胸筋部分断裂によりシーズン終盤を棒に振るなど故障にも悩まされる。
シーズン成績は11勝6敗、防御率2.50だったが、奪三振と投球回は過去4年で最低の成績を記録。

シーズンオフには里田まいとの交際も発覚。ちなみに楽天チームメイトは全く気付かなかったらしい。 

2011年

2010年同様、キャンプ時に沢村賞宣言をする。同時に2011年はスペらないことも宣言した。
更に岩隈久志から開幕投手の座を奪うことも宣言。

シーズン開幕後は2010年に続き、再度ムエンゴに悩まされる。
一方で新たに習得したSFF(前年の週刊ベースボール変化球特集に載っていたファルケンボーグソフトバンク)のSFFについてった記事を見てボールの握り方をモノにした)による奪三振率の増加、防御率善(統一球の影もあるが)など投球内容が大きく向上。6月15日終了時には防御率一位になる程に。 

江夏豊以来となる(高卒ルーキーイヤーからの5年連続100奪三振の記録も達成。

6月25日には西武ドーム球速167kmを叩きだした。

8月27日に首位ソフトバンクから18奪三振を奪い完封勝利。1試合18奪三振は、1995年野田浩司オリックス)が記録した19奪三振に次いで歴代単独2位

シーズン終了時には新人王以来となる最多勝、最優秀防御率、最優秀投手タイトルを獲得。
投数、奪三振、イニング数、完封数、四球数ともに自己最多の記録を更新した。
防御率に至っては1.27と1956年稲尾和久の1.06に続くパリーグ2位の記録を立(2リーグ制以後歴代5位の記録でもある)。

11月4日にはキャンプ時の宣言通り沢村賞も受賞。[外部]
名実ともにプロ野球界を代表する投手の一人になった。 

2012年

兼ねてから交際していた里田まいとの婚約を発表。ところがその直後に自動車の接触事故人身事故)を起こすというアレな展開(俗に沢村賞の呪いと言われる)で2012年の始まりを迎える。

開幕投手を務めるも敗戦し、更に痛で離脱する。
復帰後はエースの意地か、登板時には積極的に長いイニングを投げ、シーズン終了時には両リーグトップの8投を記録。

最終的には2011年よりも成績は悪化したが、最多奪三振タイトルを獲得。

2013年

WBC日本代表に選出される。背番号17。序盤は打ち込まれ中継ぎに転向したが、WBC球に慣れていき、決勝戦での先発登板が予定されていたが、決勝ラウンドの準決勝で敗れたため、登板はなかった。

レギュラーシーズンでは開幕から連勝記録を重ねる。8月2日北海道日本ハムファイターズ戦でプロ野球タイ記録となる開幕15連勝を達成。さらに8月MVPを受賞したことで、両リーグ初の4ヶ連続MVPも達成し通算11度オリックス・ブルーウェーブ時代のイチローを抜いて両リーグ単独最多となった。9月6日北海道日本ハムファイターズ戦を勝利し開幕20連勝を飾り、稲尾和久の単独シーズン20連勝のプロ野球記録に並び、1912年にルーブ・マーカードジャイアンツ)が記録した開幕19連勝をえる“世界記録”も達成。9月26日埼玉西武ライオンズ戦ではリリーフ登板。ランナーを二人抱えたが、栗山巧浅村栄斗ストレートで討ち取り、楽天史上初の優勝を決め、田中は胴上げ投手となった(詳細は田中の8球を参照)。最終成績は24勝0敗1セーブNPB歴代新記録の勝率1.000防御率1.28WHIP0.94を記録し、二度沢村賞を受賞。

ポストシーズンでも負けなしで勝ち進んだが、読売ジャイアンツとの日本シリーズ第6戦日本一に王手をかけマウンドに上がったが、対策を練ってきた巨人打線に打ち込まれ、その後9回まで160球投じたが、初めて敗戦投手となる。その後マウンドに上がることはないと思われたが、なんと翌日の第7戦の9回のマウンドに上がった。ランナーを背負ったが、巨人打線失点に抑え、楽天は球団初の日本一を達成。田中レギュラーシーズンクライマックスシリーズに引き続き、3期連続で胴上げ投手となった。

12月25日MLB入りをすため、ポスティングシステムが申請された。

ニューヨーク・ヤンキース時代

2014年

田中の移籍先の最終補としてニューヨーク・ヤンキースロサンゼルス・ドジャースシカゴ・カブスシカゴ・ホワイトソックスアリゾナ・ダイヤモンドバックスの5球団が有視されていた。この頃になると、アメリカメディア田中の動向に敏感になっていて、田中ツイッターで「(Twitterアイコンをどれにするか)決めれん」とつぶやいたところ、なぜか「決まった」と誤訳され、「ついに球団を選んだ!」と勝手に解釈され大きく報道されるなどの事件も起こった。

そして2014年1月22日アメリカメディア田中ニューヨーク・ヤンキースと7年総額1億5500万ドルで契約したと報じた。投手としては、クレイトン・カーショウジャスティン・バーランダーフェリックス・ヘルナンデスCC・サバシアに次ぐメジャーリーグ史上5番の高額契約である。背番号19。


次へ»
最終更新日: 19/03/31 12:13
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ