ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


甲虫王者ムシキング


ヨミ: コウチュウオウジャムシキング
掲示板をミル!
286カキコ!

甲虫王者ムシキングとは、セガによるトレーディンカードアーケードゲームである。


概要


じゃんけんバトル勝利すれば攻撃できるという単純なルールで、低学年男児を中心にブームを巻き起こす。同時期には『おしゃれ魔女ラブ&ベリー』も稼働しており、この2タイトルキッズ向けカードゲームの先駆けとなった機種として知名度が高い。

メディアでは下記TVアニメ劇場版GBA版などの庭用、コロコロコミックなどの雑誌媒体もあり、当時は高い人気を誇っていた。
更にはプロレスリング・ノアから『ムシキングテリー』という覆面レスラーまで誕生した。

その後のセガは『古代王者恐竜キング』、『ヒーローバンク』をはじめとしたキッズ向け機種をリリース。さらに稼働開始から12年経過した2015年には最新技術を駆使した後継作、『新甲虫王者ムシキング』にリニューアル、新たな展開を見せることとなった。


アーケード版


2001年に開発を開始。2003年1月21日アミューズメント施設に登場。稼働終了はちょうど7年後の2010年1月21日
アミューズメント施設やゲームセンター、果てはコンビニエンスストア等にも設置される程に普及していた。なおコンビニにも設置されていた理由は法律自動販売機として扱われるためである。
筺体がくてもカードを持ち寄りじゃんけんで遊ぶ事もできる。実際そうしたユーザーも多いだろう。

2008年公式大会開催数が10万回を越えギネス記録に認定された。


登場人物


ポポ
主人公日本のとあるに暮らす妖精でその身長はムシ達と同じくらい。1匹のカブトムシを「ムシキング」と呼び慕っている。
アダーの計画編から身長が伸び装も変わっている。

ムシキング
の中で一番強いカブトムシ。そのためポポからムシキングと呼ばれているが本人(本ムシ?)は謙遜している。しかしアダー登場編最終決戦で自らムシキングと名乗る。
他のカブトムシとは違い、体はやや大きく、色をしている実はアダーが最初に改造したカブトムシムシキングである。
余談だが2005セカンド以降でムシキングカード読みこむと1Pモードヒントを出してくれるのがムシキングになる。しかもポポより具体的な内容。
(例)
・相手の出す手を正確に言ってくれる(「グーでせめてくるぞ!」等)
・必殺かえし(例えば必殺わざが同じパーだった場合、こちらが相手の必殺に勝つためチョキを出すと読んで相手はグーを出す)についても忠告してくれる。

アダー
年老いた妖精を追放された事を恨み、が物にしようと改造したの外を操り攻撃を仕掛けてくる。復活の編以降は顔に傷が入っている。
ムシを戦う具扱いしたりの時点から改造を重ねる、に火を放つなど極悪なのだが……。

↓以下ネタバレ↓
実はアダーは、かつては傷付いたムシや妖精の治療をするで一番の医者だった。
アダーはムシ達が強ければ傷つかぬと信じ、ムシの改造の研究を始めた。そうして最初に誕生したのがこのの王者、ムシキングだった。
しかし彼が改造し、あまりの強さを誇るムシ達は他の妖精から恐れられアダーはを追放されてしまう。

その後、を追放されたアダーはごみ人間が捨てた外と出会う。
最初の赤目……ヘルクレスエクアトリヌスブルーや他の外達は自分を捨てた人間を憎んでいた。
アダーもかつて人間の起こした事故で自分の息子を亡くしていた。
ネタバレここまで↑

パプアキンイロクワガタ
アダーの計画編で改造工場の一件が片付いた時に現れ、自分のにものムシがいると助けをめてきた。
しかし彼のと呼べるような場所ではなく、砂漠と化していた。
2006ダイナミックスタンドで初登場し、カードいとストーリー『さばくの』が遊べなかった。


ストーリー


アダー登場編

あるところに、豊かで平和があった。そのではムシと森の妖精たちが仲良く暮らしていた。
ところが、そこへ人間が他のから連れてきた巨大な体を持つムシ達が現れ、平和荒らし始めた。

森の妖精ポポは味方になってくれるムシと協し、どうにか乱暴者のムシを退け平和が戻った。
しかし再び、今度はの外が襲来、更にはを追放されたはずのアダーと出会う。
彼はムシに改造手術を施し、操っているという。

一度はアダーのアジトを突き止め捕まえるも、理矢理洗脳したムシを利用して脱獄
再びアジトでアダーを追い詰めるも、アダーはに火を放ち始めた。
ポポ洗脳されたムシの捨て身の策により、ムシの犠牲と引き換えに何とか生き延びるも、は既に炎の海と化していた。
炎の海の中、ポポムシキングと共にアダーとの最終決戦に臨む……。

復活の森編

炎の海の中に姿を消したアダーとムシキング
長く降り続いたのおかげで火事はおさまったが、のムシがまた現れた。アダーは生きていたのだ。
しかし、同じく事だったムシキングポポの前に現れ、再びを貸してくれた。

ポポムシキング赤目と戦ううちに、焼跡の―くろい―にアダーがいるとの情報を手に入れる。
くろいへやってきた彼らの前に、新たなアダーのアジトを守るムシが現れた。
門番のムシを倒し、基地に入った彼らが見た物は……。

アダーの計画編

くろいでの決戦から長い時間が経ち、は元の姿を取り戻した。
ポポムシキング仲間のムシ達と一緒にトレーニングに励んでいたが、近頃このには今まで見たこともなかったが咲いていた。そんな話をしているところへまた赤目が現れる。
そこへアダーも現れ、ポポに「おまえは まだ このの おそろしさを 知らん」と言い放つ。
アダーを追った先でポポが見た物は人間が捨てたごみ、そしてサナギの頃からムシを改造する、アダー工場だった……。

工場の一件が片付いた時、ポポの元に見慣れない1匹のムシが現れ、助けをめてきた。
そのムシ―パプアキンイロクワガタ―は自分達のにものムシが襲ってきたという。すぐに彼のへ向かったポポムシキングだが、そこはと呼べる状態ではなかった。
砂漠と化していたのだ……。

アダー完結編

その後も果てしなく続くアダーとの戦い。
ついには日本のムシ達にまで魔の手が伸び始めた。仲間のムシ達とも戦わなければならないポポムシキング
戦いを重ねるうちに、様々な話を聞いた。

「アダーは本当はが大好きなんだよ」とアダーをかばう者
「アダー様真実を知るものを殺」しようとする赤目
ムシキングをねたむ者」として行く手を阻む仲間
「このの秘密…。人間によってこのが小さくなりつつある事」を改造

そして、の遺跡に本当の敵がいるという……。

遂に、アダーとの本当の最終決戦だ!!!


カードリリース


カード2009年まで様々なバリエーションが登場した。
ちなみに初期はムシカードは緑色、わざカードオレンジ色になっており、筺体でスキャン時「緑色カード/オレンジ色のカード」とアナウンスされていたのはこのため。
カードカラーが変わった2004以降から入った人には何の事やら(一応、2004年以降もカードNo.の縁がそれぞれオレンジではある)。

『アダー登場編(2003~2005)』
2003第1弾(001~018のムシ参戦)
2003第2弾(019~024のムシ参戦。つよさ180のムシは背景に、つよさ160のムシは背景になった)
2003限定(つよさ140以下のムシにパラレルコレクションのカードが登場)
2003第1弾(新カードスーパーわざカード登場、ムシにせいかくが設定され3タイプに分かれる)
2003第2弾(アタックタイプのムシが初めてカード化された)
2003第3弾(この弾以降新規甲参戦に伴い、一部のムシは盤となる)
2004ファースト
2004限定(ここから限定カードノーマルカードもツブ状のキラ仕様になる)
2004ファーストパック
2004セカンド(スーパーアタックタイプ/スーパーディフェンスタイプ登場)
・1億枚突破記念限定デザイン(パラレルコレクションが止されアダーコレクションの登場)
2004セカンド+
2005ファースト(この弾以降復活甲が出てくるようになる。ついでにつよさ140ムシの名前も箔化)
2005限定
2005ファーストプラス

『復活の編(2005~2006)』
2005セカンド(ムシキングカード化。また、この弾以降つよさ160以上のアダーコレクションが登場し入れ替わり消滅する前兆になった)
・3億枚突破記念限定デザイン(ムシが甲虫王者ムシキングのロゴの上に乗っているデザインになっている)
2005セカンドプラス

『アダーの計画編(2006~2008)』
2006ファースト
200イチャー
2006ダイナミックスタンド(ニンテンドーDSで発売されたグレイテストチャンピオンへの2でのカードデザイン再現した物。ストーリーキーとなるパプアキンイロクワガタ登場)
2006セカンド~パーフェクトキング~(マルスゾウカブトアルケスツヤクワガタがつよさ160以上の新ムシに登場。    偶然か否か、この弾初出のムシは2015セカンド時点で全員新甲虫王者ムシキングに参戦)
ダイヤモンドブルー(カードが横向きになり、この弾以降バーコードが片側だけになる)
・フォレスグリーン
2007シャイニング(この弾のみ、うらバージョンカードが登場)
2007ファースト(漆黒ヘルクレスキャンペーン開催)
・5周年コレクションカード第1弾(北半球のムシがカード化)
・5周年コレクションカード第2弾(南半球のムシがカード化)

『アダー完結編(2008~2009)』
2008第1弾(カード仕様が大幅に変わる)
2008第2弾レインボー(昆虫カードライセンスカード登場)
2008第3弾(合体わざカード登場)
2008第4弾(アダーの計画編で敵として登場した改造コーカサスがカード化)
2009第5弾(スーパームシキング改造コーカサス全体登場の最終弾)


派生・後継機


生機』
・甲虫王者ムシキング ポポの冒険編(2006~2007):スーパーメモリーカードセーブRPG作品。
シナリオは「スズメバチゼリー」と「ピピアゲハチョウ」の2つ。排出されるムシカード/わざカード本編と同一の物。

・甲虫王者ムシキング 対戦バトラーズターミナル(2007~2008):対戦専用筺体。2on2バトルも可
排出されるカードデザインワイヤーフレームの甲デジタル数字のステータスといった特殊仕様

『後継機』
ムシキングバトルガッツ!!(2010~2011):今までの世界観に一切の繋がりはい。
この世界観のムシは突然変異した物ばかりで、従来のムシと同じ姿だが人間よりでかい。更には機械化した物も多数登場する。
海外では現在も稼働している場所もあり、なんと最新弾ではラスボスムシキングが登場する(他にネプチューンオオカブトとニジイロクワガタでかい事以外は本家と同じ姿である)。技はある程度合スタイル魔改造アレンジされているが、他のムシ達よりはまだまともな方である。

新甲虫王者ムシキング(2015):同じく世界観に繋がりはい。詳しくは該当項目参照。


ムシキング開発チーム


 個性豊かな開発チームメンバー達。雑誌やホームページ等でムシキングの紹介や解説をしたり、イベントゲームにも登場した。


次へ»
最終更新日: 16/01/29 02:01
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ