ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


白バイ


ヨミ: シロバイ
掲示板をミル!
2カキコ!

白バイとは、に大バイク警察車両である。正式には交通取締用自動二輪車という。


概要


その名の通り、体である事からその名があるが、登場当初はであった。

に交通取り締まりで幹線 線の死に隠れていたり、見落としがちな一時停止がある場所の死 などでおにかかる機会が多いが、それだけではなく機動性を生かして様々な事件現場へいちく到着する事もある。

食は原付一種の速度取り締まりであり、副菜として物陰からの一時停止違反等々。
普段はあまり見ることが出来ないかもしれないが、全開モードの白バイの取り締まりは正直カッコイイ
どうみても逃げられる気がしません。本当に(ry

使用される種は大バイクである事が多く、現行はカタログモデルになっているCB1300Pが増えている。その他、VFR800Pや750P、スズキGSF1200Pが見られる。専用のカタログも存在するが警察車両の例に漏れず、関係者以外の閲覧は出来ず、後はスクラップ行きとなるが、メーターなどを叩き割るという念の入れようである。それでも大昔の白バイが出てくる事が極稀にある。

白バイ隊員はborn to rideとも言うべきテクニックの持ちターゲットを見つければ、凄まじい勢いで追いかけてくる。また、安全講習などで披露する腕を見ても分かるとおり、200キロ以上はあろうバイクを恰も自分の手足のごとく操る腕を持っている。論、これは不断の努の賜物であるが、その秘彼らはバイクを運転するのに必要な基本を大切にしている事に他ならない。これは白バイという人間が露出している状態においては彼らはライダーを始め、ドライバー衆のに常にされているのであり、そうした市民のお手本となる運転が必要になるからである。

そんなわけで、ちびっこ達からは正義ヒーロー扱いをされ、
とあるドライバーからは畏怖の念を持って白い悪魔と恐れられ、
とあるライダーからは畏敬の念を持って白馬の王子様と呼ばれているとかいないとか。

基本的に白バイは交通機動隊と言われる部署に所属している事が多いが、一部の所轄署や高速道路交通警察隊にも配属されている事がある。


海外の白バイ


おもに英語圏ではpolice motorcycleと呼ばれている。ある年代にとっては「白バイ野郎ジョンパンチ」が有名であり、この番組では白バイにカワサキKZ1000Pが採用されている。実際、舞台であるアメリカカリフォルニアハイウェイトロールではカワサキが長いこと採用されていたが現在BMWが採用されている模様である。カワサキは一時の勢いはなくなったが、1400GTRが地元の架装業者扱いではあるがいくつかの警察に配備されている。どうやら海外では「カワサキか…」とはなっていないようだ。

またアジア圏を中心にVFR800Pが輸出されており、回転の色などを変えた上で現地で活躍する姿が見られる。


白バイに使用されるバイク


既に生産中止をしたモデルも存在する。


ホンダ



ヤマハ



スズキ



カワサキ



日本国外 



黒バイ・赤バイ


バイは白バイをベースとして、細い逃げる傾向のある暴走族対策として導入された車両である。ざっくばらんに言えば覆面パトカーバイク版の赴きもある。暴走族対策に特化されているところがあり、そのな色もの闇に同化する意図がある。他にも採用のカメラペイント弾の装備など通常の白バイにない装備もある。白バイベースのものが多いが、通常のビッグスクーターベースも存在する。なお、交番用の足バイクをいう場合もある。

バイは最初に述べた初期の警察バイク称であるが、今日では消防用のバイクを意味する。細いの他にも災害などで足元が悪くなった際にそのを発揮する。その性質上、ベースオフロードが多いが通常のバイクビッグスクーターも存在する。サイレンの音が白バイと同じであり、一部の心ドライバーから緊急走行を妨される事もある。欧にもこれに相当するものが存在する。


白バイをテーマとしたドラマ


警察を題材としたドラマ日本においてはほとんどが刑事物であり、さもなくば「こちら本池上署」や「こち亀」のような普通おまわりさん主人公となる事が多く、割合に交通取り締まりという視聴者にとっては面みもなく、ルーティンな内容に加えてバイクテクニックが必要になるであろう白バイをテーマにしたものはほぼ見られない。往々にして、白バイ隊員はドラマにおいてはモブキャラ、もしくは主人公の友人と言った脇役である事がほとんどである。

他方、アメリカでは「白バイ野郎ジョンパンチ」という番組が存在し、日本でも人気を博していた。元々、アメリカでも日本と同じように刑事物が流行っていたが、暴力描写と言った面で現実警察との著しい乖離が存在した。プロデューサーリック・ロズナーはその違和感に対して、「白バイ野郎ジョンパンチ」という作品をもって答えを出した。ありていに言えば日常系のようなもので、従来のドラマに見られたスリリングな捜銃撃戦ではなく、カリフォルニアハイウェイトロールに所属する隊員たちの日常を軽妙かつユーモアを交えながら映し出した。日本でも「踊る大捜査線」以降、現実警察に対して乖離したイメージの作品が作られる事は少なくなってきたが、その答えの出し方に差が出ている。もっとも、日本警察アメリカ警察の組織の成り立ちがまったく異なる部分が多い点に注意したい。


架空の白バイ乗り



架空の白バイ


特撮用などで主人公等が乗る事が多い。

インチェイサー~ガードチェイサーはすべて警察謹製でハンドルが鍵代わりになる点より、関連性があるのではと言われている。


関連動画



■sm17085934[ニコ動]

■sm12614689[ニコ動]
■sm5777044[ニコ動]
■sm12697636[ニコ動]
■sm1990997[ニコ動]
■sm349236[ニコ動]


関連商品


■azB004WBC0UQ
■azB0017UW622
■azB003H2ECPW
■azB005NNEBPY


関連コミュニティ


白バイに関するニコニコミュニティを紹介してください。


関連項目



最終更新日: 14/05/07 10:16
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ