ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


真・格闘王への道


ヨミ: シンカクトウオウヘノミチ
掲示板をミル!
92カキコ!

ほんとにほんとのさいしゅうけっせん
たちはだかる10のつわもの
そしてラストはごくあく、してんのう!


あらたボスキャラだいしゅうごう、
これにかてればしん・カービィマスター

 

真・格闘王への道とは、「星のカービィウルトラスーパーデラックス」のモードのひとつである。「星のカービィWii」、「星のカービィ トリプルデラックス」にも同名のモードが登場する。


概要


星のカービィウルトラスーパーデラックス」、「星のカービィWii」「星のカービィ トリプルデラックス」の隠しモードとして登場。

格闘王への道進化版でもあり、初見の方なら終盤に入ってくると必ずゲームオーバーになってしまうモード

そのため、クリアするには何度も挑戦しなければならない。


格闘王への道との相違


・今までの中ボスボスが強くなっている。

・真・格闘王への道にしかいないボスがいる。

・攻撃方法が新たに加わる。

など、ほかにもあるがはっきりとしているのはこの3つだけである。


モード概要



星のカービィウルトラスーパーデラックス


真・格闘王への道以外のモードクリアすると登場、
難易度★★★★★★で今作最高難易度を誇る。

大王の逆襲での中ボスボスと後述の四天王の全10連戦となる。
格闘王への道では休憩所にマキシムトマト5個(USDXでは+普通トマト5個)があったが
このモードでは普通トマト5個しかない。

更に2つあるコピーのもとの内、1つは必ずスリープになっている。
これは「星のカービィWii」の同モードも同じである。


星のカービィWii


エクストラモードクリアで登場。
エクストラモードでの中ボスボスギャラクティックナイトの全15連戦となる。

こちらも格闘王への道よりトマトの数が減らされており、
マキシムトマト3個と普通トマト3個となっている。


星のカービィ トリプルデラックス


ストーリークリア後に出現する「デデデでゴー!」をクリアすると出現。
デデデでゴー!」に現れる中ボスボスαの全11連戦。
やはり格闘王のよりトマトの数が減らされており、
普通トマト4個と、下画面にストックできるマキシムトマト1個である。


星のカービィロボボプラネット


かちぬきボスバトル」という名前に変更。簡単に言うと初見クリアなんてあり得ないと言われるぐらい難易度がやばい。その理由は後述。


星のカービィスターアライズ


Theアルティメットチョイス(ボスバトルモード)の最高難易度『魂が飛び出る辛さ』が該当。フレンズヘルパーが使えるため、単純なクリアだけならUSDXの次に易しいが、単騎で挑むと非常に厳しい難易度となる。ただそれでもロボボよりかはマシ


四天王紹介



USDX、Wii、ロボボプラネット出演ボス


ギャラクティックナイト

銀河最強の戦士ニコニコファンの間に作られたあだ名は「しいたけ」、「ガラクタ

一、上記3作品に出てくるボスである。「USDX」ではそこまで強くなかったが、「Wii」ではむちゃくちゃ強くなっている。そして「ロボボプラネット」ではリターンズの名が付き、その強さも全盛期と思わせるぐらいの強さである。


星のカービィ ウルトラスーパーデラックス出演ボス


マスクデデデ

デデデ。「大王の逆襲」に出てくるラスボス

攻撃がなかなか高く、ステージ全体が電流網で囲まれており移動可な範囲が狭くなっているので、初見ではかなり手ごわいボスである。隙が少なく簡単にダメージを与えられないため、隙ができたときにダメージが大きい攻撃か遠距離系の攻撃をしたほうが有効である。

・ワムバムジュエル

ワムバム一族の王様。「ヘルパーマスターへの道」に出てくるラスボス

マスクデデデの次のボスだが、パターンデデデより少なく読みやすい。かといって、油断しているとゲームオーバーになるので、真剣に戦ったほうがおすすめである。

マルクソウル

ノヴァを吸収したマルク。「星のカービィ ウルトラスーパーデラックス」のラスボス

マルクソウルは既存の攻撃も全体的にパワーアップしているほかブラックホール攻撃を多用し、 半分に分かれて球状化したのち横から攻撃してきたり小さい塊を上から降らしたりする。耐久も高い。


星のカービィWii出演ボス


HR-D3

EXモードメタルジェネラルEXを倒すと出てくるボス

第二形態もあるため第一形態で倒したかと思いきや第二形態があるの!?と、初見プレイヤーを絶対に騙そうとする黒い任天堂が表れるボス。しかし、このモードでは第一形態からかつ体も縛られてないので、どうってことはない。ちなみにD3とは、DDDデデデでもあるため当初はデデデの所有品にしようとしたスタッフの面影が残ってる。

マホロアEX

EXモードマホロア。位置的に言えば「表向きのラスボス」。

もちろん威は高く油断しないことだが、攻撃パターンが分かればノーダメができる。

マホロアソウル

暴走したマホロア星のカービィWiiに出てくるラスボス

ブラックホール攻撃などマルクソウルに似ているところもあるが、マルクソウルより厳しいボスでもある。ちなみに、彼にも複雑な事情があり、限のを得ようとしていたため、これはマホロアめたものでもあるかもしれないし違うかもしれない。


星のカービィ トリプルデラックス出演ボス


クィン・セクトニアDX

デデデでゴー!」で戦える、本編ラスボス第一形態の強化版。

通常版とは多少攻撃パターンが変化しているものの、フェイントをかけたり投げつけてくるリングの数が増えたりする程度で驚くほどの変化ではないため、落ち着いて見極めればそこまで恐ろしくはない。

ブラックデデデ

デデデでゴー!」にてクィン・セクトニアDX撃破後に登場するデデデ。略してブラデ

本編で戦うマスクド・デデデマスクド・デデデ リベンジの体ゲージが一本にまとまって強化されており、強化前にべて攻撃回数が増えている。またHPが減ってリベンジの攻撃パターンになると、カービィ3カービィ64の時のようにに口が開き、闇色の巨大な弾を吐きだしてくる。

ダークメタナイトリベンジ

デデデでゴー!」のラスボス

鏡の大迷宮で戦うダークメタナイトの強化版。HPが減るまではメタナイトらしい攻撃を使い、HP一定以下になるとに入って分身とともに襲い掛かってくる。

セクトニアソウル

「きせきの実」を取り込み、自らの本当の姿さえ忘れてしまったセクトニア
星のカービィ トリプルデラックス」のラスボス
第一形態、第二形態と連戦になる。セクトニアソウルの第一形態は強化前のクィン・セクトニア第二形態を強くしたもので、強化前では別々のパターンであったものを複合してくるなど、回避の難易度が上昇している。そして第二形態では、セクトニア本体がワールドツリーのより飛び出して攻撃してくる。マルクに似たワープ移動、カッター攻撃をしかけ、さらにソウル系共通のデッドリーサン(らしき技)も使う。動きが俊敏な上に弾幕ってくるので、アドリブでは回避することはおろか、攻撃を仕掛けることさえ難しい。


関連動画



■sm16194174[ニコ動]

 ■sm6948978[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 19/03/19 07:50
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ