ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


真田信尹


ヨミ: サナダノブタダ
掲示板をミル!
10カキコ!

真田信尹さなだ・のぶただ 1547? ~ 1632)とは、信濃戦国武将である。


概要


真田昌幸。彼もまた怒涛の戦国乱世の中で真田名を残すことに成功した人物である。武田滅亡後は徳川家康に仕え、最終的には幕府旗本となった。

大坂夏の陣において、真田幸村(信繁)の説得役として出向いたエピソードが有名。


生涯


武田時代

真田幸隆の四男。真田昌幸のすぐ下のにあたるが、通説に従うと生年も生も同じになってしまうので、双子の可性も唱えられている。初めは武田臣の加津野氏に養子入りして野信(かつの・のぶまさ)を名乗る。

1571年、「地八幡北条綱成が守る駿河・深沢攻略に参加して綱成の旗物(八幡の旗)を奪うなど武功を挙げた。1575年の長篠の戦いで長・次が討死するが、以後も真田氏を継いだ幸とともに武田を支える。

武田氏滅亡後

1582年、甲州征伐で武田氏が滅亡すると真田信尹名する。その後はとは別行動をとって、あっちへこっちへとを変えており、1582年だけで北条→池田→徳、と各地を転々としている。そして午の乱において、依田信蕃と共に幸を説得して徳方に寝返らせるという功を挙げた。

この辺りの動きは先行き不透明な中での生き残り策とも、幸と通じて情報収集に務めていたとも言われる。

結局幸はこの後上杉氏に寝返り、第一次上田合戦が行われるのだが、信尹は徳氏に仕え続けた。が、豊臣秀吉小田原定と前後する時期に(まるで真田信幸と入れ替わるような形で)徳を出奔する。その後、会津に移封された蒲生氏郷に仕えたが、氏郷死後の御家騒動によって宇都宮に大減封されると、再び徳臣となった。

関ヶ原・大坂

関ヶ原の戦いにも徳方の一員として参加したとされるが、具体的な部隊や働きは不詳(信之とは異なり、上田合戦に参加していたとの記述もない)。彼の活動で最も有名なのは大坂の陣で、真田幸村に対する説得・調略を担当し、降れば信濃という条件を伝えるも幸村に断られる、というエピソードが伝わる(具体的な時期は終結~勃発の間)。大抵のドラマ小説で彼の出番と言えばここくらい幸村の首実検を担当したとも。一方で武功も挙げており加増され、甲斐5200石(4000石とも)の領地を得た。

こうして信之の本家とは別に、旗本真田として子孫は事存続した。大坂の時点で69歳、同い年の幸は既に亡くなっていたが、その後も(信之には負けるが)長生きして1632年に86歳で没する。

武田滅亡後に幸と共に行動していた時期はかなり短いが、その裏では真田存続のために動いていたとも言われる。また度々の替えを経ながらも、られる事なく生き延びた辺りは、流石真田一族のサバイバルといったところだろうか。


創作


前述の通り、彼の一世一代の出番と言えば幸村の説得である。

NHK大河ドラマ「真田丸」(2016年)

演:栗原英雄。本作では史実とは異なり、初めから真田臣という形で登場。上杉や北条を相手に外交(という名の謀略)を担当する。幸と真田を陰から支える人物で、とは以心伝心、ときには汚れ役も担う。その「当・御の為に尽くす」という姿は、主人公真田信繁にとっての理想像であるが、彼自身は信繁に対し「儂のようにはなるな」と忠告する。

その後は史実通り徳などを転々としつつ、大坂冬の陣で再登場し、信濃10万石を褒賞とする信繁調略を家康に命じられるが…。ここで幸村名した信繁と久しぶりに再会するが、皮にもこの回では幸村豊臣勝利の為に手段を選ばない姿が描かれる。

信長の野望

信長の野望」(PCシリーズにおける真田信尹の力一覧。

軍事 内政
戦国群雄伝 戦闘 政治 野望
武将風雲 戦闘 政治 野望 教養
覇王 采配 戦闘 智謀 政治 野望
天翔記 戦才 智才 政才 野望
将星 戦闘 智謀 政治
烈風 采配 戦闘 智謀 政治
世記 采配 智謀 政治 野望
蒼天 統率 知略 政治
下創世 統率 知略 政治 教養
革新 統率 武勇 知略 政治
統率 武勇 知略 政治
創造 統率 71 武勇 66 知略 79 政治 77

関連動画



関連商品



関連コミュニティ



関連項目



最終更新日: 16/11/21 19:18
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ