ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


真閃珖竜 スターダスト・クロニクル


ヨミ: シンセンコウリュウスターダストクロニクル
掲示板をミル!
2カキコ!

流れるに紡がれる全ての想い…!と共にこの世界を満たさん!!
アクセルシンクローッ!!
来せよ!!真閃珖竜 スターダスト・クロニクル!!

真閃珖竜 スターダスト・クロニクルとは、漫画遊☆戯☆王5D's」に登場するカードである。


概要


極神との戦いから1年後、第2回D1GPの統一皇帝決定戦で遊星が使用したシンクロモンスター

10/ATK 3000/DEF 2500
このカードは1ターン素材としたモンスターの数だけ破壊されず場を離れる効果を受けない
このカードが場を離れた時「閃珖竜 スターダスト」の特殊召喚する原文ママ

破壊以外も含む除去耐性と、フィールドを離れたときに「閃珖竜 スターダスト」を復活させる効果を持つ。

速攻魔法アクセルシンクロ」によって、レベルを半分にした「閃珖竜 スターダスト」、「スターダストアサルト・ウォリアー」、「スターダスト・チャージ・ウォリアー」を素材として、バトルフェイズ中にシンクロ召喚された。
直前の遊星の連続攻撃でがらきとなったジャックに直接攻撃を仕掛けたが、「王魂調和」によって攻撃を効にされ、「琰魔竜 レッド・デーモン」の降臨を許してしまう。

次のターンレッド・デーモンの効果、「琰魔竜 レッド・デーモンアビス」と「琰魔竜 レッド・デーモンベリアル」の攻撃を耐えたが、ジャックはさらに「琰魔竜王 レッド・デーモン・カラミティ」をシンクロ召喚。その攻撃を受けて破壊されたが、このカードの効果で「閃珖竜 スターダスト」を復活させた。


攻撃名は「流星撃」(シューティング・シャインブラスト)、破壊耐性の効果名は「波動護魂」(ソニックガード)。
遊星は破壊耐性の効果を説明する際、素材にしたモンスターのことを「仲間」と表現している。破壊耐性を適用する際は、素材にしたモンスターがこのカードとなる。

このカードシンクロ召喚は「アクセルシンクロ」と呼ばれていたが、漫画版にアニメのようなクリアマインド等の詳細な設定はないため、呼び方以上の特別な意味はない。シンクロモンスター3体によるシンクロ召喚アニメデルタアクセルシンクロに相当するが、漫画内では単にアクセルシンクロと呼ばれている。

作者漫画担当)の佐藤史氏のtwitterによると、このカード色なのはOCGの「ラッシュ・ウォリアー」を意識したためとのこと。また、アニメの終盤で遊星自身が色になったシーンも言及されている。


OCG版


遊☆戯☆王5D's」第9巻(2015年6月4日発売)の同梱カードとしてOCGに登場。

シンクロ・効果モンスター
10/属性/ドラゴン族/ATK 3000/DEF 2500
Sモンスターチューナー+チューナー以外のSモンスター1体以上
このカードS召喚でしか特殊召喚できない。
(1):1ターンに1度、自分の墓地のSモンスター1体を除外して発動できる。
このカードターン終了時まで、他のカードの効果を受けない。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードが相手によって破壊された場合、
除外されている自分のドラゴン族Sモンスター1体を対として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

破壊耐性は、墓地シンクロモンスターコストにして効果耐性を得るものになった。強な耐性だが、戦闘破壊に対応しないなどの欠点がある。また、墓地の「閃珖竜 スターダスト」を復活させる効果は、条件が相手によって破壊された場合と狭められたが、除外されているドラゴンシンクロモンスターならば何でも復活できるようになった。

素材は少々重いが、シンクロチューナー自体はそれなりに種類があるので、選択肢は多い。(2)の効果との相性を考えると、ドラゴン族の「波動フォノン・ドラゴン」辺りが良い。フォノン・ドラゴンは自身の効果でレベルを1~4で調整できるので、非チューナーレベルを6~9の範囲で選べる。
リミットオーバードライブ」による特殊召喚も可だが、結局必要な素材数は変わらないことや、素材(のようなもの)をエクストラデッキに戻してしまうため(1)の効果と相性が悪い

(1)の効果はカード効果への耐性。
コストシンクロモンスターだが、特殊な状況でなければ最低でもこのカードシンクロ召喚に使った2体分はあるので、コストは確保しやすい。ただし、この効果自体の発動に「幽鬼うさぎ」などをチェーンされる恐れはあるので、全ではない。また、自分の効果も受けなくなるので注意が必要。

(2)の効果は除外されたドラゴンシンクロモンスターを特殊召喚するもの。
(1)の効果で除外したモンスターを特殊召喚できる。このカードの低い攻撃による戦闘破壊のリスクを補うことができ、範囲も広いので復活の対選択肢も多い。

カード効果に対しては強な耐性を持つ一方、召喚条件の割に攻撃が低いため、戦闘破壊には弱い。
効果耐性から弱体化系のカードには強いが、純に攻撃を上げてこられると敵わない。(1)の耐性を使ってしまうと、自分のカードによる強化もできなくなってしまう。「SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング」は簡単に5000の攻撃を出せる上に、このカードの(2)の効果も封じられてしまうので、特に相性が悪い

同じ素材定の「スターダスト・ウォリアー」は「ウォリアー」Sモンスター、「TG ブレード・ガンナー」は「TGモンスターとの併用が前提となるのに対し、このカードドラゴンシンクロモンスターと汎用性の高いカードなので、それらとべると幅広いデッキで使用しやすい。


関連商品


■azB00YY6001K


関連項目



最終更新日: 15/06/30 02:20
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ