ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


矢作キョウ


ヨミ: ヤハギキョウ
掲示板をミル!
249カキコ!

「ま、まさか・・・敗けるっ!?」

矢作キョウとは、TVアニメカードファイト!! ヴァンガード」のかませ犬登場人物である。

担当声優渡辺明乃

概要

アニメ版と漫画版と若干の相違があるため別々に解説する。

アニメ版

対戦相手を膚なきまでに叩き潰し、時に心までも折ってしまうことから「壊し屋(クラッシャー)」という異名をとるフーファイタートップチームであるAL4のメンバー。己の実に絶対の自信を持っており、全てのファイターを自分より格下の存在だと思っている。

TVアニメ「カードファイト!! ヴァンガード」公式サイト[外部]より引用

第27話「ジュラシックアーミー」にて初登場。年齢不明。誕生日7月4日蟹座血液型O型
雀ヶ森レンの率いるチームFF(フーファイター)のメンバーで、その中でも最強を誇っているAL4(アペックスリミテッドフォー)の一人である少年

公式の人物紹介の通り、傲慢な性格の持ち。第30話にて対戦前チームQ4と出会った時には

という数々の死亡フラグ暴言とその傍若人な振る舞いは、視聴者に彼がまぎれもないませ強敵であると印付けた。

その後の櫂トシキとのファイトでは、櫂のエースカードドラゴニック・オーバーロード』のスキルを防ぎ、櫂を劣勢に追い込むが、視聴者の予想通り惜しくも敗北。全大会予選に合計3チーム参加していたFF下のチームの中で一の敗北者となり、それが原因でFFの本部へと再調教訓練のために送られてしまった。

ちなみに、葛木カムイに櫂の実を再確認させたり、AL4と優勝を争ったチームカエサルにQ4を注させ、の合宿をするきっかけになったりするなど、話の展開に影を与えた重要人物でもある。

ありがとうキョウさん!あなたの犠牲を私は絶対に忘れません!

彼が櫂に敗北するシーン、攻撃されるシーンは、回想として第31~35話中で頻繁に使用され、その回数は合計5回31話1回、33話3回、34話1回)にのぼった。

の全大会予選で櫂に敗れた後、その敗北責任を取らされてAL4及び、FFから追放。さらにはFFから追放された人間ということで、各地のカードショップから入店拒否されるようになってしまい、社会的にカードファイトが出来ない身にされてしまう。そしてFF雀ヶ森レン、さらにはそのきっかけを作った櫂トシキへの復讐のために、似た遇の元FFメンバー2人と共にチームアヴェンジャーズを結成。「謎の男」としてQ4の参加している地区大会に現れ、前回大会でQ4と優勝を争ったチーム男前を準決勝で破り、再びQ4の前に立ちふさがった。先鋒として先導アイチとのファイトに臨むが…。

地区大会終了後、チームメイト共々、BSブリリアントスターズ)と黒服集団に取り囲まれ、消息不明…だったのだが、の全大会の会場に単独で再登場。FF追放を賭けた戦いに敗北したBSを嘲笑った。仲間が増えるよ!やったねキョなんとかさん!

第2期「アジアサーキット編」

山で雪男として敗を誇っていた。
何を言っているか分からないと思うが、チームアヴェンジャーズは武者修行をして腕を上げ、世界一の栄冠を手にするという野望を持っており、その一環でキョウにとって避けて通れぬ、乗り越えるべき過去である櫂トシキをおびき寄せるためにこのような暴挙行動に出たとのことだった。ファイトには惜しくも敗北したが、崩が迫る中「はもう逃げない」とダメージチェックを敢行したり、櫂もキョウの実を認めるような発言をしたりと成長が伺える。

そこからしばらくしたある日、彼はなぜか常に居た。相変わらずお元気そうでした。
さらにそれから、VFサーキットに参加する権利を得るために日本に戻り、チームドレッドノートに変わって出場しようと論み蒼龍レオンと一戦を交える事になった。ジャングルで知った昆虫の強さから《メガコロニーデッキを使い、レオンを追い詰めたのだが、ここでも惜しくも敗北している。
しかし、この程度で諦めないのがキョウである。日本ステージに大会からの刺客として送られたの覆面ファイターチームアンノウンを見て、彼らを倒し彼らに変装して日本ステージに参加してやろうと新城テツジョーカーXに挑むが敗。毎度のように作戦が失敗するのもまたキョウである。

第3期「リンクジョーカー編」

2期終了から行方をくらましていた彼であったが、3期25話(通算第129話)で久しぶりに登場した。
雀ヶ森レン勝利してVF甲子園に出場するという的で、レンの通う福原高校制服を着てアヴェンジャーズのメンバーと一緒に侵入を試みたところ、校舎の前で大勢の生徒と対峙するレンに遭遇。

異変を察知したキョウは、レンの行く手を阻むキリ公式キリ率いるЯファイターたちの対戦相手を買って出た。このとき「俺様以外に倒されるんじゃねーぞ」とベジータばりの励でレンを送り出し、レンからはようやくフルネームで正しく呼ばれるというデレを頂いた。
ファイト描写はなく終始ギャグキャラ扱いだったが、彼が福原高校のЯファイターを軒並み倒したため、彼がいなければ「リンクジョーカー編」の騒動に収拾がつかなかった可性がある。

今回日本に戻ってくるまでの間に、少なくとも地球を7周したらしい。
また、このエピソードの中でアンパン牛乳が嫌いであることが判明した。

劇場版「ネオンメサイア」

全招待制の大会「メサイアスクランブル」の参加者に選ばれている。
が、移動途中同じ船に乗っていた伊吹コウジの襲撃を受け敗北スパイクブラザーズごとデリートされてしまった上、招待券を奪われてしまったため結局参加はわなかった。とはいえ、レンや元カトルナイツラティ・カーティも招待券を奪われているため、仕方なくはあるが。

続編(第5期~)「カードファイト!! ヴァンガードG」

リンクジョーカー編から3年程経過した本作では遂にAL4に復帰。復帰までに地球を12周したらしい。5周追加。
ギアースクライシス編」で復活登場。同編開始以前にヴァンガード普及協会のユナテッドサンクチュアリ支部の支部長雀ヶ森レンが就任したこともあり、同編で開催されている「Gクエスト」で予選を勝ち抜いたファイターに対して先鋒として立ちはだかっている。制服から推測するに、福原高校に進学した模様。

作中では「チームトライスリー」のジェネレーションマスター一号がかかったユナサン支部Gクエストの最終戦チームトライスリーvsチームFFAL4」に先鋒として登場。同じく先鋒の安城トコハを追い詰めていたが、手札にガードがありながらトコハの渾身の一撃をノーガードし、後続の鳴海アサカに出番を譲っている。
しかし今回のファイトは「先鋒は5点・中堅は3点ダメージが溜まると交代、総計11ダメージ敗北」「交代時の手札・盤面は全て次のファイターに引き継がれ、交代したファイターは新たに初期手札5枚をドロー」という特殊ルールリレーションファイト。そのルールチーム戦術がなければトコハは負けていたのかもしれない・・・。戦略の妨げになると判断されてか、終始アサカに睨まれっぱなしだった。
余談だが、最後のファイト描写からこのファイトまで少なくとも3年もの間がいている。

漫画版

漫画では中学2年生という設定。
第6話「AL4のキョウ(コミック2巻収録)にて登場。漫画版でのFFは、プレイヤーヴァンガードの受けたダメージを体感させる装置を使用した過ファイトを行うカードギャング。アニメと同じくAL4の一人だが、メンバーの中では新参者
FFの当である雀ヶ森レンに実を認められておらず、名前を覚えてもらっていない。ファイトの序盤は落ち着いているが、終盤になると言葉遣いが汚くなり、過剰な挑発を行うなど暴な本性を現す。

葛木カムイカードキャピタルに来るようになる前に通っていたカードショップを占領していた。ショップの解放を賭けて挑戦してきたカムイを返り討ちにするも、続く先導アイチと戦いでPSYクオリアを発現されて敗北。それが原因でAL4どころかFFからも追放されるが、次の日にはPSYクオリアを盗み取って自分のものとする算段で、アイチをそそのかしてFF狩りへと巻き込んだ。

特徴的なセリフ

デッキ構成

アニメ版、漫画版で相違があるため分けて記述する。

アニメ版

惑星レイ人気スポーツ「ギャロウボール」の最強チームスパイクブラザーズ≫で構成されたデッキ
アタック後やヒット後などに山札やソウルに移動してリアガードサークルけるいたサークルに手札やデッキからユニットをスペリオルコールするを組み合わせ、連続攻撃を決める戦術をとる。その反動で手札を大量消費するため、息切れを起こしやすい。

名前 備考 枚数
グレード3 ×8
スカイダイバー ×4
ジャガーノート・マキシマム ×4
グレード2 ×10
至宝 ブラックパンサー バニラユニット ×4
ハイスピードブラッキー ×2
デビルサモナー ×4
グレード1 ×15
ワンダー・ボーイ バニラユニット ×4
チアガールマリリン ガード ×4
ダッドリーダン ×4
スパイクブラザーズ突撃部隊 ×3
グレード0 ×17
メカトレーナー ファーストヴァンガード ×1
ソニック・ブレイカー クリティカルトリガー ×4
サイレンス・ジョーカー クリティカルトリガー ×4
陽気なリンクス ドロートリガー ×4
チアガール ティア ヒールトリガー ×4

上記のデッキは「ケロケロA 2011年11月号」に掲載されたモノで、全大会編時点での構築。第41~42話でのファイトにて、上記のレシピには存在しない『将軍イフリート』を使用しており、デッキ構成は変わっている模様。


次へ»
最終更新日: 16/02/14 11:14
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ