ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


矢吹可奈


ヨミ: ヤブキカナ
掲示板をミル!
189カキコ!

矢吹可奈」(やぶき かな)とは、バンダイナムコエンターテインメントゲームアイドルマスター ミリオンライブ!シリーズの登場人物である。

新Rの衣装もいいなぁ 属性Vocal / Princess
年齢:14歳
身長155
体重:43㎏
3サイズ77-54-76
誕生日8月18日(獅子座)
血液型A型
利き手:右利き
趣味:なんでも歌にすること
特技:合唱
好きなもの:屋上で歌うこと
出身地:神奈川県
CV木戸衣吹
突も~しん♪ も~も~しん♪ トップアイドルになれるかな~♪ …どうですか、今の歌!?

概要


「発練習~♪ ら~ら~♪ プロデューサーさん、どうして逃げるんです?」

歌が大好きでなんでも歌にすることが趣味だが、非常に音痴という特徴を持つ14歳音痴だけどVocal属性。どうやら技量と属性は必ずしも一致しないらしい。発練習をするとプロデューサーが逃げ出してしまうほどの音痴であるが、得意のクラリネットではスカウトが来るほどの腕前を持つ。

歌が下手なことは自覚しており、少しでも上達するために日特訓に励んでいる。多少のことではへこたれない明るく前向きな努であるが、自分の才さへの不安やコンプレックスも相応に抱えており

「好きってだけじゃ、歌唱って身につかないんですねー…。」
「あこがれだった人達は、私の努を認めてくれるんでしょうかー…。私、ずっとかを見上げるばっかりで…。」

と、悩みを口にすることも。それでもめげずに特訓を重ねた結果、少しずつ実をつけてきており、「LIVE THE@TER PERFORMANCE 08」のソロ曲では予想に反し見事なパフォーマンスを披露。仲間達に「びっくりした」「今までで一番良かった」「本番に強い」と正直な賛辞(?)を送られる。ポテンシャルは高いぞ!

イベント「ようこそ!アイドル学園天国」では如月千早のことを心の歌姫り、尊敬している様子が見られる。彼女を始め、後輩組の中でも特に先輩との交友がよく見られる。

同い年の北沢志保と仲が良く何かと絡みが多い。初期は「矢吹さん」と呼ばれていたのがいつの間にか呼び捨てになっているのがポイント。幼さが立つ系の可奈と大人っぽく自立心の強い志保、気持ちを前面に出して楽しむ可奈と情熱を秘めたストイックな志保が好対照をなす。

劇場版の自宅近郊の描写や、漫画Blooming Clover」で利用している最寄りモデル東横線大倉山駅であることから、横浜市港北区在住と推測されている。

劇場版の展開(後述)を発端として、体重管理が苦手(要は太りやすい)というアイドルとしてまずい弱点が発覚し、何か食べているシーンの度にプロデューサーに体を心配されている。


劇場版アイドルマスター


映画THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!」にも登場。春香達の後輩となるバックダンサーの一人という役どころである。中盤以降のストーリー彼女を巡るトラブルが出来事の中核となっており、物語におけるキーパーソンの一人と言える。

ゲームとの設定の違いとして、他のダンサー組と同様に「アイドルスクールに通うアイドル補生である」という事のほか、「憧れのアイドル千早ではなく春香である」という点が挙げられる。「ミリオンライブ!」のゲーム中では春香との絡みはほぼ皆無であり、この違いはかなり大きなものである。この理由についてはしばしば議論の的になるが、確かなことは不明なため、各々が自由に解釈するのが良いかもしれない。

物語の中盤、こっそりとプチシューを食べているところを春香に見つかり、慌てて隠そうとして落としてしまう、というシーンがあるのだが、この一連の動作におけるアニメーションが妙にぬるぬると動いていたことが開直後から話題となった。
 (ちなみに、このシーンロトスコープという手法を使って制作されたとのこと)
この影からか、2014年2月に開催されたライブM@STERS OF IDOL WORLD!!2014」では、プチシューを配って回るプロデューサーがあちこちに出現、会場付近のコンビニスーパーからプチシューが消えるという事態が発生した。
また、2014年5月よりローソンで始まったアイドルマスターキャンペーンでは、「矢吹可奈のプチチョコカルシュー」なる商品が発売され、「矢吹可奈=プチシュー」という図式が定着しつつあるようだ。

(以下、劇場版の核心に触れるネタバレを含むため反転

終盤にて、彼女アイドルをやめようとした直接の理由が「ストレスお菓子を食べ過ぎて太ってしまったから」であることが明らかとなり、すっかりふっくらしたその姿はスクリーンの前のプロデューサーたちに(いろんな意味で)大きな衝撃を与えた。

これについて錦織監督は、「単純に『そんな理由だったの?』と思ってほしかったんです。大事なのは太ったことではなくて、可奈や新人ダンサーたちが持っている弱さなんです。」「もが同情できる悲惨な理由にしてしまうとそれに対するケアと対処の話にすり替わってしまうので、ここはあくまで弱さからくる“細な理由”にしたかったんです。」と答えており、可奈やダンサー組の持つ弱さと、765プロの培ってきた強さとの対っている。一方で、彼女がこのせいで一人で本気で悩んでいたことが伝わるよう、表現や絵には非常に気を使ったのだとか。
(詳しくはこちらの記事を参照⇒ http://dengekionline.com/elem/000/000/850/850983/[外部]

ちなみにこのぽっちゃり可奈、本人はたいそう悩んでいたわけだが見る側からは妙な人気があり「これはこれで」「ほっぺぷにぷにしたい」「むしろそのままでいて!」とのもしばしば。事と次第によっては佐竹美奈子が辣腕を振るう日も来るかもしれない……。


カード一覧



GREE版



次へ»
最終更新日: 19/10/24 15:17
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ