ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


石原敬士


ヨミ: イシハラタカヒト
掲示板をミル!
17カキコ!

石原敬士(いしはら たかひと) とは、フリーアナウンサーである。ニックネームイッシイッシーさん(本人認)。


略歴


1968年7月16日生まれ、愛知県愛知東郷町出身。

小学5年生のときに聴いた「東海ラジオ ガッツナイター」で、実況を担当していた犬飼俊久アナウンサー(のちに東京社長などを歴任)の表現感動し、アナウンサーを志す。

法政大学経営学部を卒業後、1991年テレビ新広島TSS)にアナウンサーとして入社。

TSSでは広島東洋カープサンフレッチェ広島などの中継で実況を担当し、スポーツアナとして頭を現す一方、「TSSスーパーニュース」のキャスターを務めるなど幅広く活躍した。

2005年3月末をもってTSSを退社し、フリーに転向。同じ愛知県出身で元広島ホームテレビHOMEアナウンサー西岡宰する事務所「フットメディア」に所属し、な活動の場を首都圏に移した。現在スポーツ実況を中心に活躍中。CS放送のプロ野球中継を中心に、MLB中継や高校野球大学野球海外サッカー実況なども行っている。

緻密な取材活動で知られ、NPBメジャーのみならず、アマチュア球界にも広く精通している。グラウンド上の情報収集のみならず、レアケースプレー時にはいちルールを調べ分かりやすく解説して伝えるなど、随所に細やかな実況スキルを持つ。特にオフには審判研修に参加して自らルールを学ぶ程で、スポーツアナでここまでする人はしいとか。これらに関しては下記関連リンク幻冬舎インタビュー記事でイッシが詳しくっているので、ご参照頂きたい。

ところで蛇足ですが、イッシご本人は、この大百科の記事をご覧になっているそうです2013年8月4日放送のDeNA・対中日戦(横浜)より)。サンキューイッシ。

 【ミニ情報】イッシの好きなおにぎりの具:「

あと、フットメディアWebサーバーはやたらと落ちやすいので、イッシブログの閲覧は計画的に。


ニコニコにおけるイッシ


ニコニコ生放送では、海外サッカーチャンネルセリエAブンデスリーガ)、プロ野球チャンネル横浜DeNAベイスターズ催試合の実況などを担当している。いずれもニコ独自音で、コメントモニターを見ながら実況するニコならではのスタイルで放送しており、イッシの実況スタイルCSなどとは一味違い、視聴者コメントを逐一拾いつつ、時折フリートークも交えたフランクなムードを醸し出し、さながら「実況生主」のような親しみやすい一面を垣間見せている。

恰幅の良い(?)体から、海外サッカーでは視聴者から「さん」と呼ばれ、イッシがそれに対し「その“ハラ”じゃありません!字が違います!」とツッコむのがテンプレ化している。

またDeNAニコ独自音で、且つ解説者のいない実況1人だけの放送体制となっており、より多くイッシのフリートークが楽しめる。同では「ギョニキ」こと加藤暁、「ゆうちゃん」こと節丸裕一と共に人気の高い実況アナウンサーの一人である。

DeNA2012年シーズンから放送が開始されたが、当初実況ブースにはコメントモニターが設置されていなかったDeNA明期には、イッシはタイムシフト再放送コメント事後チェックしていたのではないかと言われている。そのせいか否か、イッシ実況の際には、コメントの流れとイッシの実況トークの内容が微妙リンクすることがしばしばあり、「イッシは実は、こっそりコメを見ているのではないか」というささやかな噂も立ったほどである。2013年9月7日DeNA・対広島23回戦横浜)の7回裏開始前、イッシはこの件について言及し「本当に(コメントは)見られていなかったんですけれど、『きっと皆さんはこういうコメントをしているだろうなぁ』と思って話をしていると、(予想通りコメントの流れと)合っていたのが楽しかった」と明かしている。。しかし2013年5月11日・12日の対巨人戦(新潟)で、イッシが放送を通じてコメントモニター設置をリクエストしたところ、5月14日の対楽天戦(横浜)からコメントモニターが設置され、実況ブースでコメントが閲覧できるようになった。サンキューイッシ。

だが、イッシ自身のDeNAでの「コメント拾いデビュー」は、他局の仕事海外研修旅行などでやや遅れ、7月3日の対ヤクルト戦(横浜)からとなった。


■sm21269366[ニコ動]

しかし、この日のイッシの実況スタイルが端緒となり、ゆうちゃんやギョニキ、「クマー」こと熊谷龍一ら、それまで消極的且つ手探り状態でコメを拾っていた他のDeNA実況にも、大きなを与えることとなった。

アグレッシブに拾うも良し、拾ってを吐くも良し、気まぐれに拾うも良し、もちろん、全く拾わぬのもまた良し。個性あふれる実況と楽しく野球が観れるのも、ニコ生DeNAならではの醍醐味である。サンキューイッシ。


「さあ皆さん、気を取り直しましょう」


なお、イッシのコメ拾いデビューとなった2013年7月3日は、あの「女装ニキ事件」が発生した日でもあるが、例の映像の直後、イッシは「さあ皆さん、気を取り直しましょう」と冷静に視聴者に呼びかけ、笑いを誘っている。サンキューイッシ蛇足ではあるが、この台詞は、先発高崎健太郎投手が、四球こそ出すものの4回まで失点で抑え、3-0で勝ち投手の権利獲得を掛けて臨んだ5回表も二死一塁まで抑えたが、その後2HR含む4連打を浴びて3-5と炎上してしまった試合展開に対して発せられたものとも考えられている。しかしイッシはその直後、言葉を選ぶように「前半5回・・・、ちょっとコメントしきれないなぁと思いながら見ていましたが、ハイ・・・」と意味深長な一言を発しており、女装ニキと試合展開のどちらについて「気を取り直そう」と発したのかに関しては明言していない。まあ、ここはダブルミーニングという事でいいんじゃないでしょうか。

■sm21269312[ニコ動]


グラサン実況


前述した2013年5月12日の対巨人戦はデーゲームで開催されたが、イッシは自らの姿が放映されないとあって、実況ブースに差し込む逆光を避けるため、サングラスをかけて実況に臨んだ。

3回裏の攻撃中、イッシはその旨を伝えた上で「もし、私がサングラスをかけている姿を見たいなぁ、という方がいれば、今日にお見せします」と、同日深夜セリエA中継での披露を予告した。

■sm20844922[ニコ動]

そして試合後に帰し、深夜セリエA中継に実況担当として出演。約束通りとっても怪しげなグラサン姿を披露した。サンキューイッシ。

■sm20851138[ニコ動]


関連動画


■sm19091822[ニコ動]


関連チャンネル


■channel
■channel


外部リンク



関連項目



最終更新日: 18/04/15 13:58
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ