ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


砂原良徳


ヨミ: スナハラヨシノリ
掲示板をミル!
22カキコ!

砂原良徳とは、日本ミュージシャンである。


概要


電気グルーヴメンバー1969年生まれ、北海道出身。通称まりん

1991年電気グルーヴに加入。当時は良徳砂原 (よしとくすなはら) を名乗っていた。

電気グルーヴでの砂原の楽曲はアナログシンセによるダンスサウンド体だったが、1995年リリースしたソロデビューアルバムCROSSOVER」ではサンプリングサウンドを駆使した独特の世界を展開した。また架の地下空港テーマにしたコンセプトアルバムTAKE OFF AND LANDING」等もリリースしている。

1999年音楽性のズレと病気療養の為に電気グルーヴを脱退。以降「ノイローゼがこじれた」「多額の借を抱えていたので飛んでもらった」「惜しい人を亡くしたね」「でもまりん死んじゃったからなあ」等、卓球には散々な言われようだが決して喧別れではない。実際、「The Last Supper」、電気グルーヴ×スチャダラパーの楽曲製作に参加したり2008年ライブゲストとして登場する等、現在電気グルーヴの作品に大きく関わっている。脱退後にリリースしたアルバムLOVEBEAT」は「CROSSOVER」等と異なり、シンプルテクノサウンドで構成されている。

「砂原良徳」名義以外でのソロ活動としては東京クラフトワーク2600MEN DRUMMERS等があり、また他アーティストとのユニット活動としてMIDNIGHT BOWLERS等がある。他アーティストリミックス作品も多く、電気グルーヴ×スチャダラパーの他、YMO小林亜星コーネリアスGREAT3矢野顕子RIP SLYMEテイ・トウワコールカット等のリミックス製作している。またACO、SUPERCAR等の楽曲プロデュースも手掛けている。

電気グルーヴ時代から現在に至るまで原則的に歌は歌っていない。理由はアレだからである。数少ない歌唱曲である『ハングマン』(『DRILL KING ANTHOLOGY』収録)と『ママケーキ『(Orange』収録)にて歌が聴けるので、アレ意味がわからない人は一度聴けばわかる。(ちなみに『ママケーキ』では曲冒頭と最後で半笑いで歌っている)

2007年にこれまでの楽曲、リミックス曲を集めたベストアルバム「WORKS '95-'05」をリリースした。

YMOクラフトワークの大ファンとして知られており、クイズ番組「カルトQ」のYMOカルトの回に出場し、優勝した経験がある。また、かなりのゲームマニアでもあり基収集を趣味としていたこともある。


関連タグ


まりん[動]……砂原良徳以外の動画 (チョロQマリンハイパー海物語等) もヒットする。


関連動画



■sm1349803[ニコ動]

■sm3404759[ニコ動]
■sm1415412[ニコ動]


関連商品


■azB00005G5XE
■azB00005G5XG
■azB00002ZZLP
■azB00004WZMR
■azB00000INO9
■azB00000IHFL
■azB00005J4LD
■azB000N4RB7I


関連項目



最終更新日: 16/02/22 00:41
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ