ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


社会大衆党


ヨミ: シャカイタイシュウトウ
掲示板をミル!
4カキコ!
社会大衆党
しゃかいたいしゅうとう - 
Social Mass Party
基本情報
公用語名称 社会大衆党
・地域 日本
本部所在 東京府
成立年 1932年7月24日
解散年 1940年7月6日
機関 社会大衆新聞
際組織 --
シンボル ○○党旗・○○党歌
公式サイト --
政党・政治団体テンプレートボックス

社会大衆党(しゃかいたいしゅうとう)とは、かつて存在していた日本無産政党である。略称は社大党。1932年に結党された。戦前無産政党の統一政党であり、また無産政党の中で一番規模が大きかった政党である。

ちなみに現在沖縄県で活動している地域政党沖縄社会大衆党とは関係がい。


概要


満州事変以後、無産政党内において急進的な国家社会主義に転向する政治家が多く出現していた。それにより孤立するのではないかと危機感を覚えた労働大衆会社会民衆党1932年(昭和7年)7月24日合同して社会大衆党を結党した。この際に無産政党の統一がなされた。

1937年(昭和12年)に行われた第20回衆議院議員総選挙では反ファッショに対する期待により36議席を得て無産政党初の第3党になった。これに伴いとある社会思想自由義者は本格的な社会党日本にも誕生したとして賞賛のを上げた。

三反義(反資本・反共・反ファシスト)と反軍義を訴えていたが次第に右傾化していき、「広義防論」の軍部を支持したりファシズムを容認する政策を打ち出したりしていた。

1940年(昭和15年)7月6日大政翼賛会設立のために自発的解散した。補足だが、戦後結党した日本社会党にはかつての社会大衆党のメンバーらが有幹部になったりしている。社会党ではもちろん右の立場だった。

委員長安倍磯雄、書記長は麻生久であった。

機関社会大衆新聞であり、1940年2月まで発行されていた。


関連商品


■azB000JBQNA6


関連項目



最終更新日: 16/06/08 14:03
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ