ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


神の子池


ヨミ: カミノコイケ

神の子池とは、北海道斜里清里町にある池である。


概要


[画像を見る]

にひっそりとを湛える、美しいエメラルドブルーが特徴の秘感あふれる池である。この美しいさの理由は未だによくわかっておらず(一説にはが原因とも、あるいは底に沈む火山が原因とも言われている)、を秘めた池でもある。平成29年8月8日より寒摩周国立公園に編入された。

年間温は8℃と低く、このため倒木が腐らずに底に沈んでいる。一見それほど深い池ではなさそうだが、深は5mほど。池には日本北海道にしか生息しないとされているオショロコマというが泳いでおり、エメラルドブルーの池に映える。

神の子池という名称は、この池が摩周湖の伏流により出来ていると信じられてきたことによるただし、近年になって神の子池の摩周湖からではなく、外輪山からの伏流であるという調結果が出されているもので、摩周湖アイヌ語で「カムイ・トー(直訳すると)」と呼ぶことから、その子供のような池ということで命名された。


アクセス


周辺に公共交通機関は存在しない(最寄りのJR釧網本線ですら11kmほど離れている)ので、でのアクセスが基本である。

北海道1115摩周湖斜里線の清里町地から南方約24kmほどの場所に、神の子池へと通じる林道の入り口がある(看印)。この林道2kmほど進んでいくと神の子池そばの駐車場へたどり着く。期は林道除雪がされないのででのアクセスはできなくなるが、毎年2月頃にNPO法人きよさと観光協会催のスノーシューツアーが開催される。

各地点からの距離は以下のとおりである。


関連動画



■sm7814341[ニコ動]

■sm33473697[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 19/02/06 21:02
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ