ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


神戸総合運動公園野球場


ヨミ: コウベソウゴウウンドウコウエンヤキュウジョウ
掲示板をミル!
8カキコ!

概要


神戸総合運動公園野球場
(ほっともっとフィールド神戸)
Kobe Sports Park Baseball Stadium
(Hot Motto Field Kobe)
基本情報
所在 兵庫県神戸市
開場 1988年3月6日
所有者 神戸市
使用チーム オリックス・バファローズ
(1989年-)
神戸9クルーズ
(2009年-2010年)
収容 35,000人
(内野1F 14,000席)
(内野2F 13,000席)
(外野      8,000席)
グラウンドデータ
99.1m
中堅 122m
左右中間 117m
フェンス 2.45m
(ラバーフェンス1.05m)
(ネットフェンス1.40m)
面積 -
経歴
競技場テンプレート

1988年3月6日にグリーンスタジアム神戸として開場。

オリックスブレーブスが準本拠地、オリックス・ブルーウェーブが本拠地として使用していたが、プロ野球再編問題以降はオリックス・バファローズが準本拠地として使用している。2009年以降は関西独立リーグ神戸9クルーズも、本拠地として使用していた。(2010年で撤退)

施設命名権が導入されて以降、Yahoo!BBスタジアム、2005年からスカイマークスタジアム、2011年3月以降はほっともっとフィールド神戸と名をめている。

グラウンドの面積日本球場としては最大の14,300だったが、現在面積は不明。

フィールドシートを導入したのも、このほっともっとフィールド神戸が初めてで、後に他の球場でも使用されるようになった。
外野スタンド西武ドームよろしくを掘ってそこに観客席を作ったカンジなのですり鉢となっている。

当初グラウンドは甲子園球場と同じ「内野は全面土、外野は天然芝。」という状態だったが、1999年平成11年)から、メジャーリーグ球場を手本とした『ボールパーク構想』を打ち出した。

2000年平成12年)に第1弾の装として、現在のように内野天然芝がられた。
2001年平成13年)にはスコアボードの左半分をフリーボードに変更、内野網フェンスの高さを80cmに変更した。
2002年平成14年)には、球場内の売店をリニューアルした。
2003年平成15年)には、約3億3000万円をぶち込んで装が行われ、内野土部分とファウルゾーンの人工芝部分を土で統一。
外野網フェンスも2m15cmから1m40cmに引き下げ、フィールドシートを元々ブルペンがあったダッグアウトの隣に設置。現在のグラウンドの形となる。

この構想は後の広島市民球場MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)や、宮城球場楽天Koboスタジアム宮城)、果ては既存の他球場にも影を与えたのは言うまでもないだろう。(特にフィールドシート

フィールド天然芝だが、AKB48の握手会で、外野の天然芝の一部がボロボロになってしまった。(現在は修復されている)

球場より北側にはサブ球場が、東側には神戸総合運動公園陸上競技場(ユニバー記念競技場)、南側には神戸総合運動公園体育館(グリーンアリーナ神戸)が存在している。


アクセス


恐らくこの球場の欠点と言っていいほど交通アクセスは貧弱。
最寄こそと鼻の先なのだが、そこに行くまでが大変。
大阪方面から行く場合、まずは一旦三宮阪神三宮阪急三宮JR三ノ宮)まで出て、地下鉄乗り換えという形になる。
そこからは、地下鉄で一直線。
お値段片1000円弱『天王寺から行く場合』
時間は1時間強。ナイターの場合帰りが心配だ。
神戸空港からはポートライナーに乗って三宮地下鉄乗り換え
所要時間は1時間弱
お値段片700円
新幹線・新神戸からは地下鉄で一直線。
所要時間は30分弱
お値段片400円

だいたいこんなところ
このお陰で準本拠地扱いされてると言ってもいい位。(それでも年間15試合前後組まれてるんだけど。)

最寄 神戸市営地下鉄西神・山手線 総合運動公園駅 徒歩3分


関連項目



最終更新日: 17/04/19 06:52
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ