ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


福井鉄道


ヨミ: フクイテツドウ
掲示板をミル!
5カキコ!

福井鉄道とは、福井県に存在する民間鉄道会社である。称は『福鉄』(ふくてつ)。


概要


鉄道事業、バス事業などを行っている。


鉄道事業


現在保有する路線は福武線田原町~越前武生)のみとなっている。
福井市内は「フェニックス通り」と呼ばれる大通りのん中を走る。福井駅からはやや離れているため、途中の福井址大名町(旧:役所前)停留所から福井駅停留所まで「ヒゲ」と通称される支線が延びている。
全区間でJR西日本北陸本線と並行している。

かつては江から織田(現越前町)へ向かう(せいほせん)や武生と田部(旧今立町)・鯖江市戸口を結んでいた南越線があったが止されている。


特徴


併用軌道を行く大型電車

福鉄福武線の最大の特徴は、電車の中心部のん中を走っていたことである。
これはアメリカインターアーバンと呼ばれる都市鉄道と同じく、郊外では専用軌を快走し、その電車地の併用軌にそのまま乗り入れる形態をとっており、それが現存しているためである。

本家アメリカではモータリゼーションの波に飲まれ、シカゴに一路線(サウスショアー線)が残るのみだが、ここ福井では今もこのスタイルがとられている。日本でもかつては新潟交通など類例があったが、同じ事情で数を減らしたため、福井鉄道は日本でもごく重な存在となっていた。

京阪京津線も同様の存在であり、大4連が地上を走り、さらに地下鉄にまで直通してしまうためそちらに注を奪われがちではある。
しかし、ここ福井鉄道は地方私鉄であり、後述の自社発注200形をはじめとした、古きよき時代の趣きある電車が現役で走っていたという点こそが、福武線ならではの魅といえよう。
2006年名古屋鉄道譲りの低床路面電車が導入されてからは、特に経年の進んでいた車両され、200形、600形610形といった残った大高床にラッシュ用や土休日方などを中心とした運用になっていた。鉄道ファンならぜひ一度乗りに行くと楽しいだろう。起点の越前武生駅ではDVDや古いキップなどの鉄道グッズも売られている。

しかし、2013年全新となる低床電車F1000形が導入され、高床は多くが置き換えられてしまった。現在600形がごくまれに走る程度になっている。

大型車の車外ステップ

高床電車ドアと連動してステップが開くようになっており、これを昇降して電車に乗り降りするようになっている。大内乗り入れ事例が減り低床電車が増えた現在では、これも福井鉄道独特の設備となっている。

併用軌道区間での急行運転(廃止)

福武線は路線延長が長いため急行運転が行われている(普通電車を追い越はない)。かつては併用軌区間でも通過があった道路ん中の安全地帯普通電車を待っていても、結構なスピード電車が駆け抜け、迫はあるが、電車を待つとき、写真を撮るときは要注意といえるものだった。
2016年以降は、路面電車区間での通過はなくなったものの、結構なスピード自動車をどんどん追い抜く路面電車の姿は必見。

「○○新」という駅名

普通、既存の名との混同を避けるためには、「新大阪駅」「新松田駅」のように、最初に「新」をつける方法が一般的である。
しかし、ここ福井鉄道では、「武生」「福井」のように、末尾に「新」をつけるというしい方法がとられていた。
しかしながら、これは2010年に「西武生」(現北府)とともにそれぞれ「越前武生」「十字前」と称され、消滅している。今もそれぞれの舎に、名を書き換えた跡が残っている。


車両


名鉄岐阜内線・美濃町線・揖線の止を受け、これらの路線を走っていた路面電車(低床車両800形770形、880形を含め
鉄道200形、600形610形が在籍する。
なお、800形は福鉄での使い勝手が悪かったのか2018年に運用を停止、同じく800形を受け入れた豊橋鉄道に移る見込みである。

又、2013年3月31日よりLRV、F1000形称:FUKURAM)を導入した。
在来大の置き換えを的としているため、内のLRVの中では最大の定員数である。自動車との事故に巻き込まれ、長らく運用を外れていたが修復し運用復帰…と思いきや、度の原因不明の脱線事故により運休したことも。
現在カラーリングのそれぞれ異なる4編成が元気に運行している。

200形は福井鉄道自発注であり、運転開始から50年経過した今でも走り続けている。セミクロスシートの連接という全でもしい存在である。又、映画やしゃべる白犬が出てくる某携帯CMにも出演している。その縁で「お父さん」(カイ君)は北府の名誉駅長となっている。F1000形の導入に伴い201編成はとなった。続いて202編成も故障の為となり残すは203編成のみとなっているものの、検切れで事実上の休。今後は北府に建設が予定されている鉄道博物館行きが検討されている。

600形はかつて名古屋市営地下鉄で走っていた車両を単行改造したもので、定期運用はないものの、の「ビア電」との「おでんしゃ」に使用されている。(602号
ところが、2015年10月F1000形の原因不明の脱線事故に伴いF1000形と200形が運行を中止。
ニートレインとして寝ていたところ緊急で通常運用に抜されており、今後も予備として残ることが決定している。1編成1車両だが運転士が乗務。

600形の2両編成版・610形夕のラッシュ時にしか運用されていない…が意外と日中普通列車で動いていたりする。F1000形導入によりされた。
 
F10形 ドイツ製のシュツットガルトを旧:土佐電鉄(現:とさでん交通)より購入し、2014年4月より「レトラム」の称で土休日に運行を開始した。その際、とさでん735形→F10形に番している。


今後の動向


福鉄名物ともいえる鉄道形(大高床)については、新車両の導入により2016年までに置き換えられた。

利用者の増加のためにえちぜん鉄道との連携を強化しており、木造舎でそれぞれ一面一線だった田原良、2016年3月27日より、越前武生~鷲塚針原間での相互直通運転を開始した。

また、福井という土地柄が多いため、除雪用の機関車が導入されていたが、それらも籍のないモーターカーに置き換えられることが決まっている。


バス事業


福鉄バス、及び福鉄観光と呼ばれている。一般路線は福井県苓北南部と・嶺南東部地域を中心に展開し、福武線と並行する形になるものの福井市の中心部へも乗り入れる路線を持つ。
高速路線は大阪名古屋東京へ路線を展開。夜行バスも運行している。

運行中の高速バス


 ちなみに


2005年、福井鉄道設立60周年ということでロゴマークを変更することになった。
当時、福井鉄道は名鉄グループに入っていたことも影してか、
「MEITETSU」に準じロゴマークを「FUKUTETSU」に変更した。(wikipediaより)
そのためロゴの雰囲気が名鉄と似ている。


関連動画



■sm9862729[ニコ動]

■nm11995630[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 19/02/13 10:36
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ