ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


福盛の21球


ヨミ: フクモリノニジュウイッキュウ
掲示板をミル!
87カキコ!

福盛の21球とは、2009年10月21日に行われたパ・リーグクライマックスシリーズ第2ステージ第1戦日本ハム楽天戦の9回裏に登板した楽天ピッチャー福盛和男による全投球である。


9回裏まで


楽天イーグルスは球団創立以来初めてとなるクライマックスシリーズに進出し、第1ステージを突破してレギュラーシーズン1位である日本ハムファイターズの待つ札幌ドームへと乗り込んだ。
野村監督とのいざこざがあったトッド・リンデンも合流し、またニコニコ生放送でも試合が配信されるということで、注度の高い試合となった。

試合が始まると、まず日本ハムが先制。しかしその後楽天が同点、勝ち越しと追加点を決め、7回の時点で1-6楽天が大幅にリードしていた。
しかし8回には楽天先発永井怜タイムリーを打たれ2-6、その後永井を替え藤原小山、有銘らをマウンドに送るが、いずれも被安打や暴投などで荒れてしまい4-6となり、日本ハムが2点差まで追い上げる。
だが9回表には鉄平が2ランホームランを放ち4-8とし、再び楽天リードを広げる。
4点リードという状況で、9回裏、楽天投手福盛和男はマウンドに立った。


9回裏・福盛の21球


これが福盛の21球である。どうしてこうなった! これは悪い夢以外の何物でもない!

同じ21球でも江夏の21球は、江夏豊が9回裏に1点リードながら満塁と言うピンチを自分で招きながらも、そこから点を許さず最後まで守りきり日本一となった事が「江夏の21球」というノンフィクション作品の題材になり評価されたわけだが、
福盛の場合は4点リードの状況で登板しわずか21球でひっくり返された(しかも逆転サヨナラ満塁ホームラン)事が伝説となりり継がれていくのではないだろうか。

ちなみに福盛和男はこの年、「7勝1敗10セーブ防御率2.18」という好成績を挙げており、チーム2位躍進に貢献していた。


関連動画



■sm8580425[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 15/01/27 02:03
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ