ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


福盛和男


ヨミ: フクモリカズオ
掲示板をミル!
81カキコ!

福盛和男とは、横浜ベイスターズ大阪近鉄バファローズ東北楽天ゴールデンイーグルスに所属していた元プロ野球選手である。

ネット上では「ふくもる」と呼ばれる。


経歴


1994年ドラフト3位で横浜ベイスターズに入団。
ちなみに、この年横浜は4位に多村仁志(現・福岡ソフトバンクホークス)、5位に相川亮二(現・東京ヤクルトスワローズ)を名している。

入団から近鉄移籍までは先発であったがそれほどの活躍は出来ず、2003年オフ矢野と共に大阪近鉄バファローズに移籍した後はクローザーに転向。
なお、横浜時代は一時期登録名を「福盛一夫」 にしていた。

しかし、クローザーでも不安定さが立った。

近鉄合併による分配ドラフト東北楽天ゴールデンイーグルスに分配された。

2005年、元々楽天は新入団のアーロン・マイエットをクローザーにする予定であったが、全くの期待はずれに終わり、代わって近鉄時代からの実績があった福盛がクローザー名された。

2006年クローザー名され、前半戦で26イニング失点を記録するが、後半戦で失速し、クローザーの座を小倉恒に譲る。
だが、最終的に防御率2.1721セーブクローザーに転向してからは最高の成績を残す。

2007年も引き続きクローザーを勤めたが、不安定なピッチングでリリーフ失敗を繰り返した。
シーズン途中に肘の手術のため戦線離脱。

にもかかわらずそのオフFA宣言し、テキサス・レンジャースに入団しメジャー移籍。
だがほとんどマイナー暮らしで、メジャーでの登板は4試合に留まった。

2009年椎間板ヘルニアのため故障したままキャンプを迎える。
同年6月解雇

その後入団テストを経て東北楽天ゴールデンイーグルスに復帰した。

2010年、開幕直後に二試合連続救援失敗。3月28日、故障により登録抹消5月に手術を受けるも回復せず、9月24日に現役引退を発表。


選手としての特徴


球種はストレートスライダーシュートフォークナックルカーブ。140キロ後半のストレート、高速シュート、変化量の大きいフォークが武器。一方、制球は大雑把で暴投も多かった。クローザーイメージが強いが横浜時代は先発ローテの一を担っていた。中継ぎクローザーとしての登板が増えたのは2000年以降である。

横浜時代から全体的に不安定なピッチングであるが、その原因の一つが精的な波のはげしさと言われている。それを表すものとして、メジャー移籍前に書いていたブログでは前向きな話題が中心であったものの、打ち込まれたりするとかなりなことが書き込まれていた。


エピソード


イチモツの大きさはメジャー級で横浜時代に助っ人として来日していたメジャーリーガーのブラッグスが福盛のイチモツを見てビビったという逸話がある(ブラッグス自身も筋々の巨高木豊が一緒に風呂に入るのを楽しみにするほどのビッグサイズ

2009年8月28日千葉ロッテ戦で登板塀内久雄を抑えたあと、なぜか奮して鼻血を出して試合中断させてしまった。ちなみに審判失笑?していた。

引退会見の際、「もう、野球に関する仕事はしないと思う」と発言。しかし「(今後について)野望はあります。」とも発言した。


関連動画



■sm7389928[ニコ動]

■sm8580425[ニコ動]


関連商品


■azB004EXNQCI
■azB00498BO86


関連項目



最終更新日: 12/07/21 09:51
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ